じゃあ、債券投資

株、不動産を記事にしましたので、債券もやりたいと思います。

機関

ほとんどの個人投資家は債券投資をしませんし、私もあまりお勧めしません。理由はかなり複雑なので、リスク、リターンを完全に理解するのが、売り出し機関が有利になるようにあえて複雑にしている感さえあります。売っている営業すらどこまで理解しているか謎です。本当に理解しているのは金融商品開発している専門家だけなんじゃないでしょうか?

その為、機関同士が債券によってリスクヘッジをしていて、本当に美味しい商品が個人投資家に回って来ないし、来るにしても、二桁億の資産を持つ大口顧客向けのプライベートバンキングがほとんど消化してしまうのでしょう。証券会社にも自己売買部門があるので、安全に儲けられるなら、そのまま自己保有していりゃいいのに、なんで、他人に売るの?、て話です。

不動産なんかと同じで、美味しい物件は自社物件にして、販売せず、リスクの高い、利回りがイマイチな物件をあの手この手で、販売してしまうのは商売として当然だと思います。マンションデベロッパーのテレアポ営業なんかはそんなに儲かるなら、自分でやって、独立してしまえば良いのに、そんなキツイ仕事をやっている意味ないだろう?、という疑問と同じです。

システム

すごく簡単に言えば、発行元である国、自治体、会社が破綻しない限りは金利がつくので、お金を寝かせているより、できるだけ安全に回したいので、債券を買う、ということで、日本の銀行は運用に困って、日本国債を買いまくるので、ほとんど金利がない状態になっていますし、外資勢が一時避難場所として、円建て債券が買われるので、日本円高になるのでしょう。

それが仕組債になると、金利を出す条件が複雑になってきて、インデックス連動、株価連動で、決められた価格を割り込んだり、突き抜けると、償還されるので、こうなると、条件によってはインデックス投資、個別株投資をした方がわかりやすいとすら感じます。あえて、複雑な条件を満たして、将来予測をするより、単にその国、その会社が将来どうなるか?、の予想をしている方がシンプルです。

自己消化

日銀のヘリコプターマネーが話題になってますが、これは市場にお金をばらまくためにひたすら自己消化しているようなもので、日本円の発行元の日銀が日本国債を買うなんて、普通に考えれば、意味のわからないことをしているように見えます。

更にETFという形でインデックス投資を始めて、日本を代表する大企業の実質筆頭株主が日銀になっているのは私の頭では理解できないハチャメチャなバラマキだと思いますし、更に社債まで買うと言ってますので、何が何だかわからない状況です。

私の足りない脳みそで考えると、行き着く先はゼロクーポン永久債の発行まで突っ走り、振り子が凄まじい勢いで、逆に振り戻され、ハイパーインフレ、ハイパー円安になるんじゃないのか?、と思います。それ以外にこれほどまで増えた借金を返せる目処もありません。

と言っても、日本が持つドル建の対外債権はどうなるの?、疑問もありますが、アメリカというジャイアンに踏み倒されるんじゃないの?、という気もします。日本の借金なんて、アメリカ国債を売れば、それでおしまいなのに、それは絶対しないんだから、ヤクザに貸したお金みたいなもので、数字上残っているだけで、意味ないのだろうと思います。

まとめ

私自身は債券を買ったことがないので、理解が間違っていたら、教えて下さい。むしろ、詳しい読者さんがいたから、噛み砕いて、説明して欲しいくらいです。安全な債券はインフレ程度の利回りでしかなく、ある程度の利回りを狙うと、様々か条件がついてきます。個人投資家には何が旨味なの?、ということです。

なんか、金融の世界って、金融商品開発で飯を食っているクオンツにしか理解できないような複雑な計算式で組成された商品をリア充営業があの手この手で情弱に売りさばいているようにしか感じられない今日この頃で、もっとシンプルに投資を捉えないと、狐につままれたように資金を巻き上げられるような気がします。

0