じゃあ、フィンテック

最近、やたらとフィンテック、という言葉を聞くようになりましたが、フィンテックって何なんでしょう? 金融のFinance、技術のTechnologies が組み合わさった造語がフィンテックなので、金融業がITによって変わっていく、という話なのでしょう。

銀行

銀行の多くの業務は無人化が可能で、むしろ、人が関わらない方が不正、ミスが発生しづらく、手数料を安く金融サービスを提供できるはずです。現に新興企業が銀行部門を持っても、オンライン上の架空支店を設定するだけで、実店舗を持っていません。都心部に店舗を持って、家賃を払い、人を雇って、サービスをしていないので、その分の固定費を払う必要がないオンライン店舗は有利なサービスを提供できます。有利なサービス以外に興味のない人も珍しくありません。

お金を扱うことだから、という理由で、ほんの些細なミスも出来ないのに、手書きで人がチェックしている時点でナンセンスで、ミスをなくするためにオンライン上の登録フォームで間違いがあればエラーがあれば、次に進めななくすればいいだけです。だったら、実店舗の窓口なんてパソコンを触れないおじいさん、おばあさん以外にはいりません。どうしてもわからなければ、チャットサービスを設けてもいいですし、電話すれば済む話です。

個人向けの融資もわざわざ人が判断なんかしなくてもいいので、クレジットヒストリーから融資条件を決めればいいんです。これから現金決済が減れば減るほど、個人の支出、収入の履歴が残るので、どのくらいの信用が出来るのか?、をAIが決めればいいし、データマイニングなんかはその道のプロがして、経営者がその判断すればいいんだと思います。

こうして考えてみれば、銀行って、何の意味があって存在しているのかわからない人ばかりで、窓口のお姉さんもそうですが、カブに乗って、ドブ板個人営業しているお兄ちゃんは共働きが一般的になったのに、平日の昼間に個人宅を回っているなんて、阿呆みたいです。理解できるのは大口の法人営業くらいで、総合的な判断が必要なのはそのくらいです。フィンテックが進むと、かなりの銀行員、事務員が必要なくなるでしょう。

証券

証券トレーダーなんて、AIがやればいいんですよ。実際、短期トレードなんかはアルゴがやってますし、人がやる意味がわかりません。先見性があって、長期トレードするなら人の判断が必要ですが、結果出せるなら、自分でファンド立ち上げればいいので、サラリーマントレーダーなんて、詐欺師の集まりですよ。勝てないから、ご大層な肩書きで、セミナー屋して、情弱をしゃぶってりゃいいんです。

デリバティブ開発なんかはやめて欲しいですよ。もう、素人にはわからないような複雑に入り組んだ商品作って、素人はめ込むんなら、法律で禁止して欲しいくらいです。想定元本が大きくなりすぎて、管理しきれなくなり、大混乱してます。ドイツ銀行の巨額赤字って、素人にはわからない詐欺商品作って、売りまくっていたのがアメリカ政府にばれて、制裁を加えられていること、複雑になりすぎたデリバティブ商品の収拾がつかないわけです。

証券会社がなくなればいいとは思いませんし、金融業がなくては経済が回らないのは百も承知ですけど、もっとフェアな条件で、サービスを提供する体制にすればいいし、富裕層向けのプライベートバンキングは必要でも、個人向けの証券営業なんて、百害あって一利なしなので、一般人は対面式の証券会社なんて、相手にしないほうがいいし、セミナーなんかも出る意味がないです。相場で勝っていない人から聞く話なんてありません。

私が証券会社にしてほしいのは便利で手数料の低いプラットフォームづくりだけで、それ以外のことは一切してもらいたくないです。何度も言いますが、私は実際に相場で勝った人間以外からの助言は一切聞きたくないです。正体を明かさない評論家だとか、自分では取引しないアナリストだとかなんて、一ミリも信じられないし、鬱陶しいから、やめてもらって、一円でも手数料を下げてもらいたいです。

私情が入りましたが、証券会社なんて法人向けのサービスに特化してもらって、個人向けはプラットフォームプロバイダーとしてサービス向上に努めてもらえばいいです。いろんな形でのファイナンス手段が増え、お金が回ることは賛成ですし、デリバティブ取引を企業がするのは反対ではないです。個人でも自己責任でやってもらえばいいですが、間違いなく理解できないようなおじいちゃん、おばあちゃんを騙すような真似は断固反対です。

会計

企業会計も単純作業がAIに置き換わっていくのは時間の問題でしょう。日本独自の手形だとか、紙ベースの社印のついた請求書が決済に必須とかは全く無意味です。すでに欧米系はAP、ARと支払い、受け取りを分けてデータで作業化して、フルセットがわかるマネージャーが最終管理するシステムになっており、アジア分をシンガポールで一元管理したり、さらにインドに外注していたりします。外注分が、AP、ARがAIになったら。マネージャーしか要らなくなります。

現に欧米系企業の管理部って、どんどん人員が削られており、OA化、外注化がどんどん進み、管理部門に正社員採用しなくなって来ています。コストセンターである以上、必要人員が少なければ少ないほど財務は安定するし、もっとプロフィットセンターにお金をかけることができます。意味もなく二度手間、三度手間をするため管理部に人員を割く会社は長生き出来ないでしょうね。

日本のメーカーって、やたら事務系が多く、メーカーなのに採用の三分の一が事務系だとかをデータで見たときにびっくりしました。コストでしかない間接人員が三分の一もいたら、原価にもろに跳ね返るし、製品の質に直接影響する部門にお金の配分が十分に出来なくなります。日本の技術者はブラック、管理部門はホワイト、と主張する人の気持ちも理解できますよ。こんなバカなことをして、国際競争に勝てるわけもなく、実際、弱電業界は青色吐息です。

会計監査も徐々に簡素化していき、大手監査法人はIT監査に力を入れています。時間の問題で、IT環境の安全性、正しい運用がされているか?、が監査対象になり、法整備がされていくようになると考えているので、大手企業向けにそういうサービスを提供しているのです。ごもっともな傾向で、紙ベースの書類を確認するのでなく、データを確認するのが監査になってきているので、元データの信頼性を監査すべきだというのは当たり前です。

まとめ

こうして並べてみると、従来、人がやっていた仕事がAIに置き換わっていきますってことですし、大量の事務系人材が職を失い、少数の技術系人材が設定、運用、メンテをしていくようになるってことでしょう。すでにルールが決まったことを正確に早く行いたいなら、人間はCPUに圧倒的に劣りますので、やらせる意味がないんです。一度、開発、設定が終わったら、あとはメンテナンスしか要らないCPUに比べて、人間を雇っているのはお金がかかりますし、文句も言うので、なにもいいことがないです。