じゃあ、商学部

どうしても数学、物理が苦手で、理系に進むことが出来ない人に文系の中で何を選んで良いのか?と、問われたなら、私は会計に進むことをお勧めします。日本だと、商学部、とあいまいな呼び方をしますが、商学部の中でも会計学科を選ぶといいと思います。

その理由を記します。

簿記

簿記の基本は誰でも知っておくべきことで、資本主義経済では予算があり、売上があり、費用があり、利益があります。そのため、どんな仕事をしても、に必ず簿記の基本が必要となり、「俺は技術屋だから、技術以外はやりたくない。」という考えはトップ中のトップでもないと、通じないと思って下さい。プロジェクトマネージャーになれば、予算に追われます。

だから、主専攻として、どうしても学ぶことか?、はかなり疑問ですが、理系適正がまったくなく、無理にFラン理系に進んでも、まったく理解できず、中退するであろう人が何をするか?、というなら、会計です。一般人が覚えてもほとんど意味のない法律、経済、教養、と比較すれば、やって損のないことなので、文系の中では比較的マシな専攻だと思います。

一般論として、社会人になったら、何を飯の種にする人でも簡単な簿記くらいは覚えたほうが良いですし、複式簿記が理解できれば、会計の基本くらいは抑えられます。数ヶ月あれば、簿記2級くらいは取れるので、余裕のある人はやっておいてはどうか?、と思います。それが面倒なら、株価投資で実践的に有価証券報告書から学んでも良いでしょう。お金がかかると、人は真剣になるものです。

監査

会計士は主に監査法人なり、事業会社で監査をしています。大学で会計を専攻している人は会計士になるのがひとつの目標になるか、と思います。会計士には独占業務はありますので、「専門職」と呼んでも差し支えないです。日本人、日本語ネイティブの人がUSCPAとか、ACCAを持っている人を「専門職」というのかは怪しいですが、公認会計士なら、専門職です。

日本の場合、商学部を出ても、会計士を目指さない人がほとんどですが、英米ではほぼ全員が目指し、高確率で資格を取ります。それで、まともに食えるかどうかは別問題ですが、事業会社でも、会計関連部署のマネージャー以上は資格保持がほぼ必須といっていいので、理系学位に近いものがあり、応募必須条件みたいなもので、なくても出来なくはないが、採用はほとんどされません。

つまり、大学で会計を専攻して、監査法人などで下働きをして、資格を取ったところで、ようやく一本立ちが出来るので、下積み期間は長いです。監査法人での下働きは給料も安く、本当に文字通り「下働き」であり、資格を持った監査人の指示で雑用をして、仕事を覚えていくことになります。すでに、IT化で崩れつつありますが、今まで、会計は職人技術的なところがあり、徒弟制度みたいなシステムが残っています。

IT

会計って、会計法があり、そのルールの中で運用していくので、ITとすごく相性が良く、素人でも会計ソフトを使えば、複式簿記、財務三表を作成することくらいは簡単に出来るようになりした。そのため、会計は「職人技術」ではなくなり、エラーを探すだけの作業員、監督者だけで回るようになっていったのです。

それは事業会社だけでなく、監査法人でも同様の動きになってきていて、高精度の監査なんて誰も必要としていないので、出来るだけ安く監査をしてもらいたい、という顧客要望から、下働きを減らして、ITで処理するようになって来ています。そのため、監査、会計に必要人数が減ってきているのです。

監査法人では飯の種を将来にわたって、確保するために「IT監査」を導入して、大企業を中心に売り込んでいます。これは時代の流れとして当たり前であり、ITインフラがきちんと整備され、運用されているかを第三者に監査してもらわないと、何かしらの突発的事態が起こったら、重要データが消滅してしまいます。まだ、法律で義務化はされていませんが、時間の問題で義務化されるでしょう。

そうなってくると、必要なのは会計士ではなく、情報の学位を持った技術者で会計に詳しい人が監査をするようになるので、単に会計だけを学んでいても、今後の先行きは暗いです。資格も情報処理、会計、に分かれて、両方取得して、「IT監査」が出来るようになるのかもしれません。つまり、一部の会計法研究者を除けば、エンジニアの職場になる可能性が高いです。

まとめ

私はあえて会計専攻を勧めません。会計に興味があるなら、情報で学位をとった上で、公認会計士の資格だけ取れば良いです。そうすれば、来るべき「IT監査」時代においしい思いが出来る可能性が高いと思います。でも、どうしても理系に進めない学力の人が悩み苦しんでいるなら、会計を勧めます。

すでに事業会社の「経理」はかなり減っています。IT化が進んで、事務員、作業員レベルの事務職が減って、マネージャークラスにアシスタントをつけて、システム部と組み合わせれば、少人数でかなりの規模の会社まで対応できるようになりましたし、その流れはどんどん進んでいっています。極端な会社だと、会計業務をインドの外注先に任せて、コスト削減しています。

関係ないですが、本来、「経理」とは「マネージメント、管理」のことであり、会計がAccounting, Accoutancyの日本語訳になると思うのですが、なぜか、「経理」と呼ばれています。不思議だな、と思います。日本の官僚主義の表れで、管理部を上に置くような組織作りから、会計=管理、としているのかもしれません。

アングロサクソン社会では管理部は雑用係であり、そのトップにCFOがいますが、決して人数が多いわけではなく、本当に少数で回しています。CFOは組織のために色んな筋から、必死に資金繰りをしてくる交渉役であり、事務所に座って、細かいことに難癖つけている日本の経理部長とはかなりイメージが違います。