じゃあ、記事のリクエスト有料化

今まで記事のリクエストは無料でやる代わりに、気が向いたらしか、書かなかったんですが、これを有料化して、マネタイズしてこうか?、と思いました。さて、どういう風にやろうかな?

アマゾン

アマゾン、direct publishing というシステムだと、70%のロイヤリティーコースがあるので、そこにダミーの記事リクエストフォームを出版して、それを記事をリクエストする読者さんが買う、支払いが証明できるものを添付して、私の元にメールする、私はその支払い証明を確認して、出来るだけ早く記事にする、と言う流れです。

アマゾンなら、ほとんどの人がアカウントを持っているでしょうし、わざわざアカウント作ったりする手間もないし、お互いに余計な個人情報を出すこともなく、緩い関係でいられます。その辺、くるもの拒まず、去るもの追わずのぬるり的にすっきりするんじゃないか、と思います。

メリット

記事自体はお金を払わずに読めますし、払いたくなければリクエストしなければいいですし、私が自発的に書くのを待つ、誰かがリクエストをするのを待てばいいです。逆にリクエストするくらい、ぬるりと生きるのファンなら、一食分くらいの投げ銭してくれてもいいじゃないの?、と思います。

逆にお金を払うことで、気兼ねなく、記事のリクエストを出来るようになり、コミュニティーサイトとして、前進できる可能性があります。現状、すごく気軽に頼んでくる人もいれば、かなり丁重に頼まれることもあったり、遠慮している人もいるのではないか、とも思います。この辺をすっきりさせる役割も担うでしょう。

デメリット

リクエストをもらっても、その話題を私がほとんど知らない可能性があり、一生懸命調べて、書いたとしても、期待したレベルから程遠い可能性がありますが、その辺は規約に入れておいて、できるだけのことはするが、期待に添えなくても、責任は取らないことを了承してもらうしかないです。

アマゾンへの支払いがダミーのようになり、何かしらのクレームを受ける恐れがあります。ぱっと見た感じではそれがどんな内容、分量のものでも、自分で書いた文章を売り出すなら、問題なさそうです。支払っている人が納得しているなら、アマゾンからすれば、文句をつけることもないだろうと思います。

まとめ

相談事は困っている人を助けたいので、無料にしますが、興味本位で記事をリクエストするのなら、運営費に協力してもらおう、と思います。相談をして、助かったな、という人が特に記事リクエストはしないけど、アマゾンを通じて投げ銭をしてもらってもいいです。(もちろん、リクエストしてもらってもかまいません。)

さて、皆さんはどう思いますか?特に問題がなさそうなら、近いうちに収益化の手段として、採用しようかな、と思います。こういうのを増やしていって、ぬるり基金を少しずつ蓄えて、プロに頼む資金にしていこうかな、と思っています。