じゃあ、ゴール設定

何かをリスク込みでやるなら、ゴール設定は必須で、曖昧なままに突き進むと、幸運に恵まれないと、全てを失い、ゼロどころか、マイナスに陥ります。

オフ

何かを始める、というのはオフなので、何かを失うことで、動き出します。私は地面から足を離して、何かに向かって飛んで行くようなことをイメージしています。高く飛べば飛ぶほど、広い景色は見えるし、気持ちいいけど、足が着いてないので、バランスを崩せば、真っ逆さまです。

学校に行く、資格を取る、とかはなんとなく頑張っていて、地に足が着いているような気がするのですが、それをする為に時間とお金を費やしている投資であって、他に使う可能性を捨てて、踏み出した大きなオフであり、それを意識してやるべきです。

単に努力していれば、報われるわけではなく、正しい方向に正しい量の努力をしなければ、報われませんから、努力している、という言い訳を使って、方向の定まらない投資をしても、それは浪費になってしまいます。

着地

飛ぶことばかりに気を取られて、着地を考えてない人って多いのですが、飛ぶ以上に着地って難しいものです。勢いで飛ぶことはできても、勢いで着地をすることは出来ず、勢い余って、着地出来ず、大惨事になります。

例えば、とても予備試験に合格出来ないレベルの人がロースクール経由で浪人を繰り返して、なんとか司法試験を下位合格しても、その投資は回収困難になり、不良債権化するのは目に見えてますが、これは着地点を見つけずに動き出した結果です。

飛ぶ前に着地点を想定して、それがリスクに見合うものなのか?、をきちんと判断せずに飛び出せば、飛んでから、着地点を見つけるのは困難になり、エイヤ、と降りたところが障害物だらけなら、最初からダメージを負ってスタートすることになります。

プランB

英語で、本命の計画が崩れた時に予備の計画を用意することをプランBと言うのですが、これは本当に重要で、本人がいくら努力しても、どうにもならないケースは珍しくなく、きちんと準備して、飛び出して、決めた着地点にたどり着いたら、途中で環境が変わったとかはいくらでもあります。

ハイキングに行こうと計画していて、天気予報も晴れだったけど、当日、雨が降ることはザラにあります。その時に雨が降っても楽しめる計画がしてなければ、手持ち無沙汰で、その日がつぶれてしまいます。

プロミュージシャンを目指して、25歳までにメジャー契約出来ないなら、実家の家業を継ぐ、と親に話をしてから、真剣に取り組む、と言うのがプランBで、結果がダメでも、ダメージが少なく、その後の人生を歩んで行くことができます。

最初から家業を継いでいた方が良かったじゃないか?、と言うのは結果論であり、好きな音楽でメシが食える夢を見れたのも、人生の中で大事なことだと思います。出来るか、出来ないか、はわからないけど、やってみたいのは全く悪くないので、プランBを用意してからやりましょう。

まとめ

やらない後悔より、やった後悔の方がマシなので、どうしてもやりたいことはやるべきだと思うのですが、飛び出す前に着地点を見つけるべきだし、着地点が見つけられないなら、やらない方がいいです。また、やる前に期限を区切り、プランBを用意すべきです。

意識高い系の人が行き詰まりを感じて、自分が変わるのでなく、環境を変えることで、打破しようとすることは多いですが、ダメではないが、順序があり、順序も守らず、思い込みだけで飛び出せば、ほぼ間違いなく失敗します。

0