じゃあ、文系天国

日本って、今まで文系天国が続いて来てそのイメージを引きずった人が珍しくないのですが、文系天国、とはどういうことなのか?を記事にします。

新卒採用

日本企業は新卒一括採用をして来て、学士、修士、博士、という学位の種類に対して、標準オファーが決まっていて、需要と供給の関係を無視して待遇を決めてきました。これは日本独特のシステムと良く、韓国に似たシステムがあるくらいです。

例えば、供給不足の機電、供給過剰の文系も同じ学士なら、同じオファーでなので、ともかく、内定を取るまでが勝負だ、という不思議なシステムが成立しています。これは圧倒的に文系に有利なルールだと思います。

多くの国で、供給過剰の文系は非正規雇用からスタートで、インターンシップ、有期契約社員から始めて、徐々に正社員雇用を狙って行くことになりますが、日本なら、何のスキル、実績もない文系ですら、内定さえ取れば、いきなり正社員なのです。

年功序列

数字が直接出る営業の会社でもなければ、一度入ってしまえば、10年くらい年功序列が続きます。よほど酷くないなら、ほとんど差がつかず、昇給していきますから、何かしらの目に見える成果を出すのでなく余計なことをしないことが求められます。

そうすると、利益に直結しない管理部門が有利になり、大きな成果もない代わり、大きな失敗もないので、減点方式の組織では優先的に昇格するようになります。消極的な公務員のような組織が営利団体で行われているのはすごいことです。

そして、間接部門事務屋が直接部門に上から指示を与えるような官僚システムがまかり通り、文系天国だといわれるようになった、と言えます。本業の知識がほとんどない事務屋が踏ん反り返っているのだから、実態から乖離したことをするのは自然です。

終身雇用

日本企業は終身雇用を維持してきたので、素晴らしく有能な社員も大した報酬を受け取りませんし、ダメ社員も解雇されず、共産主義的なシステムで定年まで働くことが一般的でした。この連帯感が日本の高度経済成長を支えましたし、成功モデルになったのです。

でも、これは人口ピラミッドが正常な形をしている時にしか成立せず、上が厚くなってくると、指示系統が乱れ、やっていることと、貰っている待遇が全然合わなくなり、運営コストが合わなくなります。

それでも、多くの日本企業は若手を搾取しながら、中高年の雇用を守り、会社が傾くまで、小さな利権にしがみつく、という図になり、耐えきれなくなったところで、リストラをようやく始めますが、すでに手遅れ、というケースがほとんどです。

まとめ

まずは終身雇用が守れなくなり、年功序列が崩れました。次は新卒一括採用が崩れるのは時間の問題であり、昔ながらのやり方にしがみつく企業は競争力を失って、緩やかに死に絶えていきます。弱電が典型例で、それが重電、精密機器にも波及しつつあるのが現状です。

こんなご時世に文系天国を夢見ている若者は思考停止していると思いませんか?その天国を支えてきた日本企業が徐々に死に絶えてきて、ごく一部の業界、企業を除けば、減収減益をずっと繰り返しているんですよ。株価指数はバブルの頃を未だに抜けないんですよ。

若者は自分の身を守ることを考えた方がいいです。他人と差別化を図れる何かを見つけて、尖らせる努力をすべきです。最悪、国外に出ても、仕事が見つけられるように非言語スキルを身につけ、最低限の英語力は習得すべきです。

間接部門の管理部に入って、非生産的なことして、上から目線で直接部門に指示しているようなことを本気でしたいんですか?会社が倒れたら、一連托生ですよ。定年まで会社は存続できますか?小さな利権の為に自分の可能性を放棄するんですか?