じゃあ、外国人との付き合い方

久々に海外ネタを書こうと思います。少し触れたことがありますが、外国人との付き合い方について記事にします。

付き合わない

駐在員など、期間限定の海外暮らしなら、現地人と必要以上には付き合わないことも良いと思います。言語、文化の違いがあるので、何も考えず、関わりにあうと、迷惑するのとも少なくなくないので、最初から避けるのはある意味賢いです。

永住者が現地人とまったく付き合わない、となると、色んな意味でキツイと思いますが、出身国のコミュニティが大きい外国人はそうする人も珍しくありません。そうすると、徐々に軋轢になって来て、アメリカのラティーノだとか、欧州のイスラム教徒みたいに孤立してきます。

ルール

私はきちんとルールを決めて、現地人と付き合うのが良いだろう、と思います。例えば、私は時間を守らない人間が大嫌いなので、仕事なら、事前連絡なしに1分でも遅刻はダメ、プライベートなら15分までしか待たないし、三回やったら、解雇する、付き合うことをやめます。

時間にだらしない東南アジア人でも、きちんとしている人はきちんとしてますし、選んで、そういう人と付き合えばいいし、自分の考えと合わない人と我慢して付き合う意味もありません。その絶対数が少ないなら、出会いを増やせば良いだけです。

成功している外資、外国人はこれを徹底して、本国のルールをキチンと決めて、それを守らせる、それに対するインセンティブをキチンと与えています。あれしろ、これしろ、と言うなら、それ相応の見返りが必要なのは当たり前です。

合わせる

日本人は相手に合わせようとする人が多いのですが、これが最悪です。我慢に我慢を重ねて、爆発させるくらいなら、最初から合わせないほうがいいし、最初の段階で嫌なことを伝えて、やめてもらうべきです。やめてもらえないなら、関わるべきではありません。

相手が白人だと、ビビったり、媚びるように接する人は少なくないですが、それが一番バカにされるし、良いように扱われます。白人にお金、身体をしゃぶられて、捨てられるアジア人が多いのはこの為です。白人かぶれになって、本国コミュニティでも相手にされなくなってると、行き場を失います。

東南アジア人とズルズル付き合うと、際限なしに甘えてくるので、迷惑しますし、借金踏み倒されたりする覚悟するしかありません。東南アジア化した日本人は日本企業の現地採用ですら、クビになるでしょう。まして、現地人を使って、自営で成功するなんてあり得ません。外国人が現地人と同じことやったら、自動的に負けます。

相手によって合わせるなら、上記のようにルールを決めるべきで、現地の習慣で、許容できることは許容しないと、インセンティブがメチャクチャ大きくないと、誰も寄り付かなくなります。例えば、日本風に有給は余程のことがないと、取らせない、とか言っても、よほどの高給を与えないと、人が辞めまくります。

まとめ

自分を強く持ち、絶対価値で外国人に接しないと、舐められ、悪影響を受け、どこにも居場所のない浮浪者みたいになりかねません。だから、キチンと目的のある留学でないなら、子供を国外に出すのはオススメしません。中途半端な人間になりがちだからです。

最後は同じ人間なので、相手を尊重出来ない人には本音で誰もついてこないし、お金なり、身体なり、餌がなければ、捨てられます。お互いにメリットがある関係に出来るようにする必要があります。だから、日本で人間関係を上手く築けない人間が海外の違う文化、言語の人間と上手く行くなんてことはありません。

外国人、ということで、同じ日本人だったら、我慢できないようなことされても黙っている人がいますが、そういう変な壁を作ることがお互いにとって良くないのだと思いますが、いかがなものでしょうか?私は相手が誰であっても、最低限のルールを守った上で、言いたいことを言います。