じゃあ、盛り上がること

何でもそうですが、盛り上がることは楽しいし、盛り上げていかないとお金が回らず、継続もできません。

ともかく、ある程度の人がいないと盛り上げようがなく、だから、どんなことも集客から始めるのが基本です。資金力のある大手は無料でサービスを広げて、シェアを独占状態にしてからマネタイズをします。その間は赤字の垂れ流しなので、大変です。

自治体、国だって、同じで人口って七難隠すんです。問題が多くても、人が多ければ、やれることは多く、成長して行くので、人口の多い国、都市は魅力的です。だから、インドは魅力的ですし、バングラデシュ、パキスタンも魅力的です。

いや、俺は田舎が好きなんだ、という人もいますが、必要なインフラを国が赤字で整備してくれた田舎暮らしが楽しいわけで、完全に自給自足の生活は本当に辛いですし、よほどのスキルがないと生活ができません。

子供

人が多ければ盛り上がる、というのに加えて、子供が多くないとダメで、子供はやはり可愛いものです。コミュニティに子供がいると盛り上がります。将来があり、希望に溢れているからでしょう。人間は明日が良くなると信じられないと楽しく感じないです。

そうなると、妊娠出産ができる若い女性がいないとダメです。男性は若い女性がいるとテンションが上がって、お金を使います。男性だけだとギスギスするのが若い女性が一人でもいると和らぐのです。ケンカになるもありますがねw

そして、男性が競って若い女性を手にするために、色んな活動をして、手にし、子供を持ち、家族になり、コミュニティが大きくなるので、盛り上がります。その過程で大きなお金が動きます。男性は女性を手にするためなら、どんな馬鹿なこともするからです。

シンガポールが若い外国人女性優遇しているという話がありますが、それは当たり前です。男性は年を取っても、子供を持つことが難しいわけではありませんが、女性は難しくなるからです。それを単に人権問題になるので、公表できないだけです。

循環

そして、お金が循環しないとダメで、イベントをしたら、子供、若い女性を餌に人を集め、色んなサービスを提供して、お金を落としてもらい、そのお金をまた次のイベントの為に保留するサイクルを繰り返すわけです。

その繰り返しが産業になり、地域にお金が落ちて、経済活動が循環し、更に人が集まってきます。アメリカがこれを体現していて、広大な領土、莫大な資源をお金にする為に人が集まり、色んなイベントで祭りを仕掛け、お金を回し、更に人を呼び込んでいます。

日本は山がちな領土、資源は海洋資源くらいしかなく、人口が武器だったんですが、とっくに人口オーナスになり、イベントが減り、人が集まらなくなり、お金が回らなくなり、みんなお金を溜め込んで、デフレなんですよね。

まとめ

ぬるりと生きる、もイベントとして盛り上がたいなら、人を集めなければならないし、出来れば、若い人、特に女性が必要です。でも、ブログのタイプ的にその属性の人はあまり来ませんねw

まぁ、私が楽しむことが一番大事で、盛り上がらなくても、私が楽しめれば継続は出来ます。とは言え、新しく読者さんが新しい目線でコメントをくれないと、私自身が退屈する、常連読者さんも退屈する、と停滞します。

だから、香具師みたいですが、興行をするって大事なことで、モノよりサービスを売って、盛り上がることを日本人は考えないと、売るもの無くなるし、お金が回らないし、なにより我々が楽しくないなぁ、と思います。