じゃあ、知らなくていいこと

リクエストで知らなくていいことについて書きたいと思います。

たぶん、いいおじいさん、おばあさんになったら酸いも甘いも知っていたほうがいいのでしょうけど、若いうちは知らないほうがいいことってあると思います。知ることによって良くない方向に行きます。

私は貧しくありませんが、コンビニでほとんど買い物しませんし、必要でないならタクシーを使いません。学生時代の生活レベルに今すぐ戻すことが可能だと思っています。それどころか、ドヤで暮らしても楽しくやっていける精神力が欲しいと常々思っています。

私は贅沢が怖いです。それが当たり前に成ってしまって慣れてしまうと感謝しなくなるし、何かしらのキッカケで失った時に立ち直れなくなる可能性があるからです。だから、私は雨露凌げる場所で寝られる、お腹が膨れる、洗濯した服が着られることに感謝して生活することに心がけています。

その一方でお金に使われたくありません。だから、相場に関わっているということもあり、30分くらい考えたら家が買えるくらいの資金を放り込むことに躊躇いはありません。そんなものは数字でしかないので仮になくなっても私の人間性には関係ないことだと言い聞かせてお金を組み伏せています。

特に子供は中途半端に贅沢を覚えないほうがいいです。贅沢を覚えさせるなら徹底的に覚えさせてその怖さを思い知らせるといいでしょう。親がどんなに隠しても実家の懐具合は大体見えるもので、ある程度の年齢になったら具体的なレベルはともかく理解するものです。

実家がサラリーマンなのに少し稼ぎがあるからと言って子供に必要もない贅沢をさせてほとんど貯金をしないことです。生活水準を上げることは簡単ですが、下げることは地獄の苦しみです。親が役職定年、退職によって収入が減って家計が苦しくなると家庭崩壊しかねません。実家がサラリーマンなのに贅沢に育った人ってろくでもない人が多い気がします。

私のアイドル、Q先生はお子さん達に一流ホテル、一流レストランを経験させることでお金の力を見せ付けることでショック療法を取ったそうです。誰がどう見ても裕福な家庭なら、お金を屈服させるような教育の仕方を取ったほうが相続した後に飲み込まれずに済むでしょう。

女性限定ですが、風俗、水商売は知る必要がないと思います。知ってしまうと、その後の人生に悪影響が出る可能性が高く、どうしてもお金が欲しい場合に覚悟して経験する以外に軽い気持ちで踏み入れると地獄に突き落とされることになります。

若い女性は性を売ることが出来ます。その対価は自分の労働価値を無視したものなので精神的に正常を保てなくなる可能性が高いです。コンビニでバイトすると時給千円なのに、水商売で時給三千円もらったらおかしくなりませんか?身体を開くかもしれないと匂わせれば指名料、同伴料も入ってきます。

そして、その対価は永遠に続きません。合法的に水商売、風俗で働ける二十歳から一秒ごとに値段が下がっていく期間限定の生鮮食品です。三十路になってやっていると、そこから一生抜け出せないでしょう。ママ、やり手婆になって一生の仕事にすることになります。

「亡八」という言葉を知っていますか?風俗に関わるということは人間に必要な仁・義・礼・智・信・忠・孝・悌の八徳を失った者、それくらいはまり込む危険なものです。人間は性と切り離して生活できません。だからといって、積極的に踏み入れることはないです。それしか出来なくなった人に闇の部分を抱えてもらえばいいのです。

逆に男性は早く女性を知ったほうがいいです。古代から日本では村の未亡人がDTに教えたり、街の遊郭に先輩達が連れて行く習慣がありました。私はそれは正しいことだと思います。男が大事を成すなら、これと決めた相手を嫁にとるまで、お金で解決したり、割り切った関係を了承してくれる相手としているほうがいいです。

まあ、中高生の時に素人女の子でDT捨てるのもいいですけど、それはそれでリスクなんですよ。中高生の男子が女性を一度知ったら勉強なんてしなくなりますよ。それしかしなくなるはずです。かといってしないのも、過剰に理想を抱え込みますから、若い頃にするなら割り切った相手がいいのです。素人女性相手は大学生になってからでいいと思いますね。

他人のことなんてわからないので、あえて知る必要はないです。その人に興味を持っていて面白いから知ろうとするならともかく、不特定多数の世間、だとか、利害関係もないその場にいる人のことを知ろうとするなんて確実に時間の無駄です。

評価軸を「世間」にしている人ってたくさんいるんですが、本当にバカだと思うし、個の力がないなぁ、と思います。そういう人って常に主語が他人なので、自分の人生を自分のために使っていないんです。それが利害に直接関係する上司、同僚ならまだ理解できますが、ママ友だったりするのは呆れますw

そして、そういう世間が評価軸の人って本当は一番大事にすべき人を大事にしていないんです。猿山を少し上るために家庭を犠牲にしている男性は良くはないが、生きるためなので理解できますが、世間がどうだとか言って夫を詰りまくる妻なんかは何を考えているのか?と思います。子供を他人と比較してしか愛せない人も恥ずかしい人だと思います。知る必要もない他人の評価ばかり気にして、知るべき自分の本音、家族の本音に向き合わないなんて、本当にくだらない人生だと思います。

まとめ

世の中のことは「金と性」でほとんど人間関係が成り立っています。だから、変な覚え方をすると人間を狂わせることになると思います。そこを乗り越えて裸一貫の人間として成長しないと満足のいく人生にはならないのではないか?と思いますね。ごく一部の天才を除けば、100年もすれば忘れられる宇宙のゴミです。曽祖父母くらいまでしか覚えていないでしょう?高祖父母くらいになると名前しか知らないくらいです。

人生とは自己満足であり、自己満足度を高めるために生きていくものです。一定の責任を取るなら何をしてもいいです。本当にそれがしたいならどんなにバカらしいことにお金を使おうが、性欲にまみれた人生を送ろうが、世間体を軸に自分の行動を決めようがいいと思いますが、私が見た限り、楽しくて仕方ないからそれをしている人はいないです。

39+