じゃあ、祝一周年

なんだかんだと、第3版ぬるりと生きるも一周年を迎えることが出来ました。

継続

再開当初を除くと、一日一記事以上のペースを守り、一年間で400以上の記事をあげることが出来たので継続と言う意味ではやり切れた感があります。ただ、ここまでは第2版でもやれているのでそこまでの達成感はなく、むしろ、ここからが大変なんだよな、と思います。

第2版の経験からすると、二年目からモチベーションが下がってくるので、あの手この手で目先を変えて飽きないようにしながら、のらりくらり、ぬるりとやっていきたいと思っています。どうしても、書けない時が来たら、さらっと書ける世間話でもあげて、休止を避けようと思います。

休止さえしなければ、そのうちモチベーションは徐々に上がってくるので、またペースを戻せますし、質も上がってくるはずです。つまり、足を止めないなら、少々歩くなり、ゆっくり走っても問題ないという認識でいます。完全に全速力で3年走るのは難しいので自分を追い込みすぎないのが大事です。

有料

第3版では徐々に有料化が出来たので良かったです。収益化が出来ないと、継続は不可能だと思っていますので、アホみたいに小額であっても、お金をもらって仕事としてこなす事をしないと責任感がでませんん。

記事、相談に払いたくない人は払う必要ないので、黙ってみていてもらえばいいです。お金を払う人だけが応援ではないし、ある意味ではアンチも応援であり、完全に無関心を貫かれるよりは発展の役に立ちます。知ってもらわないと、そこから積極的に応援してくれる人の絶対数が増えません。

出来れば、寄稿に対してもお金を払うシステムまで作り上げられるなら、それがもっともフェアですが、そこまではなかなか進みませんね。まずは小さな副業を行う仲間を増やしてその中でお金を回すような仕組みづくりが進んでいくと面白いな、と思っています。

小説

第3版を始めた当初どころか、半年くらいまで書く気もなかった小説を出版することが出来ませんでした。多少なりとも、読んでくれた人がいたことは光栄ですし、試験的にやってみる、そこで徐々に問題点を修正する、というアジャイルスタイルで行きたいと思っています。

第二弾の短編集もある程度の形は出来ており、5作程度、200ページくらいの分量を予定しています。まあ、プロもこんな程度の分量が多いですし、ようやく、細々と人に売っても問題ないくらいのレベルに成ってきたのではないか、と思います。そんなに売れなくてもいいんですが、お金をもらってやることに意味があります。

来年くらいには長編小説も書いてみたいですが、まだまだ書ききる体力が十分とは言えず、どんどんインプットを増やして構想を固めている段階です。長くなればなるほど齟齬をきたす可能性が出ますし、冗長に成って面白くなくなるのも困るので、十分に時間をかけて書きたいです。

課題

第2版と比べると大人しくなりすぎている感もあり、ブログとしては安定しているのはいいのですが、私から毒気を完全に抜かれると面白くないので、もっと毒を吐きながら、激しいスタンスを貫き、単に荒らさないバランスを模索したいです。

俺に是非を説くな 激しき雪が好き

野村先生の教えを胸に刻んで、どうでもいい説教じみた意見は一切聞く耳を持たず、自分の信念を軸にやりたいことを貫くメンタルを築いていきたいです。その結果、荒れたら、荒れたで面白いです。炎上狙いではなく、自然体にやって炎上するような書き方が目標ですね。

有料サービスが登場し、お金を払ったんだ、と言って共感の強要、無茶振りをしてくるなど、失礼な人もいますが、そういう人には一切媚びずにいきます。何万円もらってプロとして仕事をもらっているわけでもなく、単に継続の燃料にしたいだけなのに、思ってもいないことを書いたら、燃料どころか、水を差すことになります。

まとめ

皆さん、1年間どうもありがとうございました。次の一年も何かしらの新しい成果をご報告できるといいな、と思います。もっとみんなが楽しめる環境づくりを心がけて、参加者が増えていくと私も楽しめる、という初心を忘れずにやっていきます。

よろしくお願いいたします。

61+