じゃあ、温利市長

最近、気になっていた本を読んだんです。

なかなか面白い本で政治家になるとはどういうことなのか?を勉強させられる実体験紀です。これほど壮絶な政治家人生を歩んで尚、政治家を辞めない中田宏さんのプロ意識にこういう政治家が日本に増えると良くなっていくのにな、と思いました。

この本の解説を記事にするというありふれたことをするパターンにも飽きたので、そういうのはまとめブログなり、アマゾンレビューにお願いするとして、私、温利信が市長になるというストーリーで記事にしたいと思います。

立志

さて、私は思うところがあり政令都市の市長になることを決意します。政治家になるには地盤、看板、かばんのどれかがいるといいますが、これはなかなか手に入る入るものではないです。

私は二世政治家ではないので地盤の引継ぎは出来ませんし、地元出身の官僚だとか、地域名士に近い立場でもないので、前任者から地盤を譲ってもらったりすることも不可能だと思います。コネのない若者が行く大物政治家が主催する政治塾に行ってパシリするのも嫌ですしね。

私の看板としても、弱小ブロガーに過ぎませんし、「ぬるりん」「ぬるり神様」に投票してくれた人すら100人少々しかいないので、私の知名度なんてゼロに近いといっていいでしょう。まずは全国区で知られたブロガーにならないと、政治家になれませんねw

かばんはないわけではないですが、どのくらい、どうやってばら撒いたら、当選できるのか良くわからないし、お金のばら撒きで当選しても、やりたいことにたどり着ける気がしないので乗り気がしません。

そうなると、私がすべきことはぬるりと生きる、をメガブログに発展させて「え、温利のヤツ、私の居住地で市長になろうとしているの?w いいじゃん、応援してやるよ!」と言う人の絶対数が増えないと戦うだけ無駄だということになります。10人くらい手弁当で戦ってくれる人がいれば、勝負になると思います。

立候補

ぬるりと生きる、が日本屈指のメガブログに成長し、海外ファンからの要望にこたえた英語版も登場し、ヌルリストと呼ばれる熱烈なファンに支えられるコンテンツになり、老若男女から愛されることが確信できたら、お目当ての市長選に立候補します。

公約はいつも言っているペーパーレス化による作業性の向上、データベースでの情報管理、クラウドの試験運用、ブロックチェーンの研究を行います。付加価値の少ない行政職員を減らして、その行政職員はPTAなど納税者の負担になっている団体へ派遣して専任事務局として音頭を取らせます、というような政策です。

無駄を省いて、借金を減らし、浮いた分を将来への投資につぎ込んでいく、というスタイルなのでまともな考えを持った若い人なら理解してくれるんじゃないかと思います。誰もが今の市役所の非効率運営が好きではいと思うので、役所風でない私の風貌とあいまっていけるのではないかと思います。

もちろん、老人切捨てだ、役所と市民のふれあいの場を奪うな、とかトンチンカンな批判も浴びるでしょうが、どうしても役所に来て紙でやりたい人は紙でやった上でスキャナで取り込んで読めないところを修正してもらえばいいです。紙代は自腹で払ってください、とします。

当選

そして、温利候補はぬるり旋風に乗って保守派の与野党相乗り候補を破り当選します。そうすると、ついに来てしまったな、と私の髪の毛もプレッシャーで真っ白になってくるのでしょうが、ここまで来たらやるしかありません。

まず、想定されるのは色んな悪い人が私を懐柔しに現れます。長老市会議員、利権を持っている市役所幹部、地域の名士など、「温利よ、お前が思っているほど政治の世界は甘くないから黙って先輩の言うことを聞けよ!」と優しく諭してくるでしょう。当然、私は馬耳東風でやり過ごします。

可愛い女の子を紹介してくれたり、ミシュランスターレストランで飯を食わせてくれたり、実弾を持ってくることもあるかもしれませんが、私はその手のことは余り興味がないので余り心配していません。でも、エロ美人秘書の潤んだ誘いは怖いので、市長室は開けっ放しにします!

それも放置していると、次はかなり強めに恫喝されたり、個人メールや市役所公式メールに「死ね」「バカ市長」「女性蔑視主義者」「差別主義者」「カスブロガー」「電子クズ製造野郎」とか色んなバッシングメールが届くでしょう。これはブログで慣れているのでスルーしますが、職員で送ってきた人間は上司に伝えて叱責します。

最後はでっち上げになるでしょう。この辺は中田さんの本に詳しいですが、まったく見に覚えのない嘘をマスゴミを使ってでっちあげて報道して、真実であるかのような雰囲気にしてしまうのです。そして、裁判まで持ち込ませ、それを否定するために時間と体力を奪って疲弊させるわけです。

だから、改革者である橋下氏、中田氏なんかは強靭な精神力の持ち主で、一人ではどこにも行けないくらい付け回されて気が狂うくらい追い込まれたでしょう。私、温利がそこまでできるかわかりません。裁判に参加してみたい気持ちもあるので、ブログネタに法廷闘争もいいかもしれません。

「ホステスの女性を必死に口説く温利」「おねえちゃんに変態プレーを強要する温利」「おねえちゃんを持って帰っても1,2万円しか渡さない温利」とか、オネエチャンネタが王道で、次に「シンガポールに巨額資金を持つ温利」「凄まじい脱税の温利」とかお金がらみがになり、「実は被差別部落出身の温利」「二重国籍保持者の温利」とか出自に関わることもあるでしょう。

そういう本当か嘘かわからないことをガンガン攻め立てて、その対策をしているだけで他の事ができなくなるくらい追い込むのが反対勢力です。特に風俗に手を出すと巨額利権に触れることになるので、やばいくらい追い込まれるでしょうね。私は風俗は必要悪だと思っているので、適当にやっているならお目こぼしすればいいと思っています。

終幕

ともかく、市役所の合理化を果たして、2期目を終えようとする頃には引き際を考える時期に来ています。首長と言う形で自治体のトップに立つなら、やはり2期8年が原則だと思います。それ以上になると、全力投球は出来なくなるので、後任者に大役を譲ったほうがいいのです。

後継者指名はしたくないですが、ヌルリストの若者に当選してもらって改革路線を継続してもらいたいな、と思います。小さな利権のために大きな将来が失われている現状を変えないと、日本が成長するわけもなく、そのツケは子供が背負うことに成ります。それを少しでも避けたいものです。

そして、逆に市会議員に立候補して、元市長の市会議員を達成してみたいです。政治家って序列があって、国会議員経験者は市長、知事しかしちゃダメだ、みたいなことがありますが、あえて国会議員への誘いを断って、市会議員になりたいです。

余りにもつまらない答弁なら豪快に昼寝をして、議長に注意されるくらいの大物振りを発揮ししたいですし、もっとしゃきっとやれ!っとぱっぱをかけて、ヌルリストの後任者にプレッシャーをかけて、市会議員も1期務めたら辞めます。

まとめ

妄想記事ですが、中田さんは本当に尊敬に値する政治家です。こういう政治家がどんどん増えて欲しいですし、政治とは何なのか?を皆さんにも考えてもらいたいです。何気なく棄権している一票が全体の票数を薄めて、利権を強く持つ組織票を強くしていることを自覚してください。

弱い立場の人ほど、一票の重みを大事にすべきですが、多くが逆でローアーミドルの貧乏人ほど「選挙なんて、何で行くのかわからない。」とか平気でいうので、日本の愚民化政策は上手く行っているのだな、と思います。そういう貧乏人から搾取しやすくなります。

もし、私の後援会長になってくれる人がいたらご連絡くださいw

15+