じゃあ、シンガポールの教員

シンガポールの教員についての記事を頼まれたので書きたいと思います。

採用

日本と同様に教育学部に行くのが近道ですが、他の学部から教師になることも可能です。それに対して「教職課程」を終了していることは条件ではありません。単に教育省の募集に対して応募、筆記、面接、採用通知を受け取り、それを受諾すればそれでお終いです。

日本ほど教員学部は大きくなく、マイナーな存在であり、ここに進んだら、ほぼ間違いなく教員になるといっていいだろうと思います。文系教員はあまり、理系教員は枯渇傾向なので、理系で教員になりたいなら、教育学部出身でなくとも比較的簡単になることができますし、外国人すら採用されます。

また、世界的に枯渇する英語ネイティブの確保にシンガポールはかなり悩んでおり、白人教師なら本国で関連学位、経験がない人でも雇っています。メインで英語圏育ちで燻っている中華系などを確保する戦略のようです。理系英語ネイティブはそのレベルは問わず、希少人材と言っていいと思います。世界中で奪い合いです。

さて、教員に採用されたら、数年の補助教員時代をすごして本採用になる、という流れですが、シンガポールでは教員に限らず、公務員を辞める人は少なくないので、雇用は流動的であり、学期の途中ですら、個人の都合で担任も変わるので、一般企業とさほど変わらない環境だろうと思います。

私立校というのが原則存在しないので、引き抜きということはなく、等しく教育省に雇われた公務員ですから、一般企業の異動、という意味で校長が欲しい教員を引っ張ってくることはあるんじゃないかと思います。

私が知る限りではシンガポールに教員免許なんてないし、そんなものを持っていても教員のよしあしには関係ないから、大学で理論的に教育学を専攻して現場に行くなり、資質があって志望している人間を採用して現場で何年か様子を見ればいい、というシンガポールらしい合理主義で対応してます。合わなければ、辞めさせればいいです。

待遇

シンガポールはここ10年くらいずっとバブル状態が続いているので、教員に限らず、公務員になること自体がそれほど難しいわけでなく、民間との給与格差から人材難に陥っています。政府も待遇を上げようと努力するものの、民間と給与で競争も出来てません。

教員の給与体系を詳しく知っているわけではないですが、他の公務員の事情から推測するに、需要と供給の関係であり、足りていない理系科目が担当できる人に高いオファーを出し、余っている文系科目は安くなる。英語力が大きなアドバンテージになる、という感じだろうと思います。

一般的に社会的地位は高いみたいで、校長人事が地元紙(ストレートタイムズ)で記事になっているので、国民も教員に対して尊敬心があるのだろうと思います。日本でもそうでしたが、やはり、「先生」と呼ばれる仕事ですし、自分の子供の将来に大きく影響するからでしょうね。

長期休暇中はほとんど休みになりますし、他の民間仕事に比べて強い精神的圧力、物理的圧力が教員にかかるわけでもなく、給与はそんなに良くないが、世間体も良いし、全般的に休みは長い、という仕事だと思われているように見受けられます。

指導

日本の教員がブラック労働を強いられていると言われますが、好景気に沸くシンガポールでブラック労働なんてものは存在しないので、教員も温い環境だと言っていいでしょう。元々、シンガポールの教員がやること自体が授業に限定されているので楽だと言えるでしょう。

例えば、日本では教員の手弁当で指導が行われる部活、というもの自体が存在しませんし、全般的に課外活動は教員の仕事ではありません。事務関係も事務員を雇っているので、教員はしないので授業後に自分で事務をすることもありません。

日本の教員が病んでくる大きな要因の一つである問題児、モンスターペアレンツの対処はシンガポールではきわめて簡単です。きちんと証拠を残して「嫌なら学校を止めろ!」と通告して終わりです。三回喰らったら、問答無用で退学になり、誰でも受け入れてくれる底辺校に転校することになり、学歴社会のシンガポールではほぼ人生終了です。

教育委員会に訴える、とか、人権団体に持ち込む、とかいう日本にある手法はシンガポールでは通用しません。政府は問題児、面倒な人間全般が嫌いなので、面倒な問題を持ち込まれても無視するどころか、あまりにもしつこく言ってきたら、裏から圧力がかけられるでしょう。だから、事を荒立てようとする人がほとんどいません。

まとめ

日本の教員って「聖職」であることが求められて、授業が終わっても子供の指導をしなければなりませんし、学期途中では辞められない、挙句の果てに、昔は長期休みは遊んでいるようなものだったのに、仕事の為の仕事みたいなことをさせられるようになってどんどんブラックになってきています。

教員の不祥事が取りざたされますが、これだけ旨みがなくなると、損得度外視で教育に賭ける熱い人、子供を性対象としてみているような変質者くらいしか教員をやっていられない、と言うことはあるのかもしれません。明らかに迷惑な子供を指導しようとしたら、逆に子供の人権がー、とか言われて、親からもトンチンカンなクレームを受けても、黙っていなければ成らないなら指導にならないです。

私個人の考えとしては、他人に迷惑になるような子供は退学させればいいし、そういう子供だけを集めた鑑別所みたいな学校にでも放り込めばいいです。それが嫌なら親元でニートでもすればいい、と思います。それがシンガポールでは当たり前に通じる考えなので、親子ともども、教員指導に食って掛かることがありません。

そこらじゅうに監視カメラのある国ですし、すでに教室にも監視カメラが着いているかもしれませんね。授業中に騒ぐ子供のせいで、他の子供が授業を受けられないなら、証拠を取って警告、警告しても改まらないなら、教員の責任はまったくないと思います。

2+