じゃあ、適正価格

適正価格、という記事リクエストをもらいました。なかなか色んなことを考えさせられる材料です。

さて、ここでは芸の値段について考えます。芸を売る人はどのように価格をつけて良いのかわからないと思うのですが、価格をつけなければ始まりません。私の記事、相談は各五百円ですが、これはココナラの最低価格が五百円だからというだけで、じっくりと考えて決めたわけではありません。

原価積算

例えば、私が一時間かけて記事を書けるとするなら、その原価は最低でも千円という話になり、そうじゃないならマックでバイトしろよ、という話になります。つまり、バイト以下の対価にしかならないなら、それは仕事ではないです。

これが食えるレベルとなると、底辺サラリーマンですら、トータルで考えて時給二千円を切る人は滅多にいません。更にサラリーマンが受け取る社保、退職金などの福利厚生までつけると時給三千円くらい要ります。それも一日7-8時間分ですよ!

正直言って、時給三千円も取れる芸人はそう簡単にいません。売れない芸人は私を含めて手弁当みたいなもので、形だけ無料ではない、というレベルに過ぎません。実質的にはやればやるほど損を出しているというレベルです。売れない吉本若手芸人は営業の交通費以下の報酬で芸を披露しているそうです。

どんな商品も原価ありきの価格をつけても相手にされません。買う人間からすると、原価なんて関係なく、その払う価格に見合った価値があるかどうかだけです。特に芸の類は購入材料はほとんどなく、パソコン、ソフトくらいあれば、出来ることがほとんどです。

市場需給

原価積算ではとても買い手が現れないので、買い手がつくレベルを探ると市場需給によって価格をつけることになります。それ以上をつけても、何かしらのプレミアムがつかないなら開店休業状態になるからです。

ココナラのように無名の素人しかいない市場なら、他の素人と大体同じ値段をつけるしかありません。突き抜けて良いものだと断言できるようなものでないなら、安いものを選ぶのは当たり前です。後はオプションで価格を上げるくらいでしょう。

例えば、私が受けられる記事の供給限界が月に10件なので、それを明らかに越える需要があるなら、千円に上げることが出来ます。千円でも頼みたい人しか来なくなるため需要が減るのでバランスが取れます。

逆に五百円で閑古鳥がなくなら、百円にしなければならないのでしょうが、プラットフォームであるココナラが耐えられないので、五百円ですら売れないものはお金を取れる価値がない、ということでしょう。

私の記事にお金を払う人がいるのは何年もブログに来ているからであって、そこに信頼関係が構築されているからです。全く知らない人にお金を払って文章を書いてもらうなんて、そうあることではないでしょう。だから、その信頼を裏切れば、依頼は減ります。それが市場です。

損得度外視

芸を売る人は好きだからやっているわけで、損得度外視にしています。今は大御所であっても、下積み時代は明らかに割りの悪い仕事をしながら、実力をつけて仕事の単価、収入を上げていったわけです。

私も損得度外視でやってますし、収支を合わせる気すらありません。書くことは趣味であり、ライフワークなので、そこに金銭的価値を見出しておらず、単に燃料としてお金を介在させているだけです。

私みたいな人がいるので、芸の分野は投売りに溢れていて、Huffpostは無償で記事を書かせます。主催者は大儲けしてるのに少しも払わないのは残念だ、とは思います。でも、ぬるりに寄稿してくれる読者さんも無償です。本当は少しで良いので対価を払いたいです。そうじゃないと公平ではありません。

そして、無償でやっていて、それを有償化して、一本立ち出来ることはほとんどないです。だから、主婦の趣味が芸として独立するようなことはないのでしょう。有償でやって、市場に散々叩かれたり、プレッシャーと戦わないと伸びないからです。それがお金をもらうということだし、その単価、収入を上げていくという覚悟です。

私の芸は文芸なので、単価を上げるよりも同じものをより多くの人に見てもらうことで収入を増やす、というスタンスになります。それが行き着くのが村上春樹さんだとか、赤川次郎さんだとかって話です。彼らとて、単行本一冊を数万円で売っているわけではありません。

イラストを書いている人は単価を上げていく、という手段しか収入を上げていくことができません。だから、イラストの方が単価が高いし、無名でも多少の仕事が付きます。それこと、ピカソの絵は一億円以上、というような話で、単価が凄いことになっていきます。

まとめ

もっと対価が欲しいなら、努力を積み上げていくしかないし、賞を取るなりして実績をと作るしかないです。例えば、ブロガーでメシを食いたいなら、最低でも月PVが百万以上必要ですし、それは失うものも大きいです。

顔出し、本名でやって中途半端に知られると、サラリーマンするのがきつくなります。確実にいじられるでしょうが、上手く受け流して笑いに持っていくのも、それなりに強い精神力、高い話術が入りますよ。それでも退路を断ってやりたい人がやるものです。

多かれ少なかれ芸とはそんなもので、天才でもなければ下積みは長いし、報われるとも限らない世界です。そんなレッドオーシャンを覚悟してもやりたい人が本気で取り組んだら良いと思います。

だから、最低保証のある芸能人、アナウンサーが激烈な競争倍率になるの当然でしょうね。地道に激安の業界紙ものを書くとか、フリーランスで買い叩きにあうよりも大手マスコミ勤務でチャンスを狙った方が安全だから当たり前です。

もっと多くの人が好きなことで生きていけるようにするなら、ベーシックインカム制度が普及して、価値のないことでも続けていけるようにするしかないでしょう。残念ですけど、ほとんどの人が無料ですら見たくもない芸しかないからです。

私も若干のマネタイズをする時に葛藤がありましたが、私ごときの芸にお金を払う人がいるのか?ということと、それに対するプレッシャーに耐えられるか?を考えました。この記事もリクエストですから、つまらなければ、そこで信頼関係はなくなりかねません。そういう真剣勝負をたった五百円でやっているんですよね。

11+