じゃあ、日本企業を買いたくない

最近、つくづく思うんですが、日本企業株を買いたくないなぁ、と。多分、多くの人がそう思っているから、日銀が買い支えてもこの程度しか株価が上がらないし、他の市場みたいにノリノリ状態にならないんですよね。

市場

基本的に日本企業が相手にしている市場は小さくなっていく日本なんだから、同じシェアを取り続けているだけでは規模を小さくしていくしかありません。でも、海外市場に打って出られる日本企業は一握りしかありません。むしろ、食い物にされることの方が多いですから、あまり期待ができないんですよね。

市場全体が伸びていくなら、何を買っていても、完全に的外れなことをしていなければ伸びていくかもしれませんし、単にインデックス買っておけば、長期では市場平均のパフォーマンスは確保できるんですよね。でも、日本市場でインデックスを長期で我慢しても、報われないこともザラです。何と言っても、30年近く前の最高値を抜いてないんですからね。

人口が減って成長した国など、歴史上、一度も存在せず、人口多いは七難隠す、という原則が通用しています。この原則が破らられような革新があればいいんでしょうけど、その革新があるかわからないし、いつあるかもわからないので、人口が減っている市場は危険だなぁ、と思います。

速度

IT時代になって何が変わったって、スピードなんですよね。勝ちたければ、凄いスピードで突き進まなければなりません。アメリカのスタートアップなんて5年もやってりゃ老舗レベルです。そういう時代に日本企業のスピードって遅すぎるんですよ。

権限もよくわからない役職が沢山あり、全員から決済を取らないと進められないとか、上位役職者が踏ん反り返って自ら動かないとか、日本企業ではよくある光景ですけど、これをすると時間切れです。決裁権もないのに交渉に来て、少し揉めたら持ち帰ってウダウダしているうちに状況は変わっています。交渉前に妥結ラインを決めて、その場でサインしないと勝てないんですよね。

孫正義氏がジョブズ氏に会いに行って、ソフトバンクの単独iPhone取り扱い、SIMロックの例外を認めさせる荒技を決めたことがソフトバンクの窮地を救いましたけど、こんな荒技はドコモ、KDDIには無理です。オーナー企業だから出来たことなんですよね。アメリカは巨大企業がオーナー企業であることも珍しくないし、発展途上国もそうです。一般的な日本企業では彼らのスピード感に太刀打ち出来ません。

効率

日本企業は効率が悪すぎます。何しているかわけわからない社内官僚が多すぎるし、決済は長いし、目的もはっきりしない出張が多すぎるし、ぞろぞろと大名行列で出かける。業務のルールが決まってないから個々人の判断で適当に処理することが多すぎます。そのくせ、どうでもいいことにやたらとルールがあるのには閉口します。

日本企業の事務効率は世界最低との評価がありますが、その評価は伊達じゃないですよ。OA嫌い、IT軽視、紙媒体大好き、クソみたいな浪花節大好き、とかマジで勘弁してもらいたいです。そんなことはどうでも良いから、目的を少しでも早く処理するなり、実メリットを出せ、と言いたくなります。

不具合出して、担当者と上司が頭下げに来られても迷惑です。すぐに代品を出すなら、返金するなりしたら、不具合対策書を出して、なぜ起こったのか、どういう対策をするのか、を説明してくれればいいです。仕事なんだから頭下げられても、焼き土下座しようが、ダメなものはダメだし、その人に責任があるわけではなく会社の責任でしょう?

まとめ

日本企業なんかに命の次に大事なお金を入れたくないです。私の大事なお金が社内官僚の人件費になって欲しくないし、どうでもいいことで出かける営業の出張費にもなって欲しくないです。わけのわからない窓際社員を食わす為にも使って欲しくないです。

どうせ使うなら、どうなるかわからないけど、大きな夢みたいな事業に突っ込まれて失敗してもらった方がまだ諦めがつきますね。上手くいくかもしれないし、上手くいかなくても夢を見られただけ気持ちいいです。つまらない日本企業に食い物にされるくらいなら、イーロンマスク氏の放言みたいな大きな夢の食い物になった方がマシですね。

10+