じゃあ、ベーシックインカム

ベーシックインカムについての記事リクエストがあり、あれこれと考えていました。

コンセプト

AI時代に仕事を生き甲斐としてやっている人以外は働く、働かない、は自由にしてしまおう、というコンセプトは大賛成です。誰でも出来ること、自動で処理できることを人間がやることなんてないし、人間にしかできないことをやる努力する社会は素晴らしいです。

片道2時間近くかけて、郊外から都心まで満員電車に押し潰されて、心身をすり減らし、やっていることは御用聞き営業、伝票処理事務みたいな雑用なんて、人生の無駄遣いにしか思えませんし、そういう人も真剣に何かに取り組めば、お金になるほどのことはなくとも、他人の心を打つような仕事ができるかもしれません。

結局、目に見える製品、サービスに結びつかない仕事はマネタイズすることが難しいし、人がやりたがる仕事なんて偏っているから、よほど突き抜けたことを出来ないなら、それで飯が食えることなんてないんですよ。それはlike!による軽い共感をお金にかけることが出来るようになりつつあっても同じ事で、勝者総取りになるだけです。

だったら、国がお金をあげるから、それで最低限が確保して、あとは自己責任で好きにして下さい、としてはどうか?というコンセプトがベーシックインカムだろうと思います。人の価値観なんて様々なんだから、こうじゃないとダメ、ああじゃないとダメと決めなくても良いと思いますし、イヤイヤやっているようなことに価値があるとも思えません。

実現性

例え、ベーシックインカムが素晴らしいアイディアであっても、実現性がないなら、単なる戯言の域から離れることはありません。さて、どうしたらベーシックインカムを実現できるのだろうな?と思います。今まで、実現性について考えたことはありませんでしたね。

シンプルに国民全員に月に10万円を無条件に出すので、あとは好きにして下さい、とするだけでも、10万円 x 1億人で、100兆円になってしまうので、年間歳出に至ってしまい、まったく実現性がなくなってしまうんですよね。最低限必要な国防、教育、インフラ維持などをするお金がなくなります。

ベーシックインカムに近いことをしている国は人口の少ない資源国であり、掘って湧き出る原油なり、飼料なりを売るだけで収入になる為、国はお金が使い切らない為、国民にお金を配っています。汚れ仕事は外国人労働者に押し付けて、国民総貴族社会が実現できています。

つまり、日本がベーシックインカムを発生しようとするなら、巨大な海洋資源開発に成功して、ここ掘れワンワン状態でお金が入ってこないとダメです。もしくは、AI、ロボットが納税して、産業を支え、歳入を増やしてベーシックインカムで生きるニート達を養っていく時代まで待たなくてはなりません。

ナウル

ベーシックインカムが導入されて起こり得る問題点はナウルに学ぶしかないでしょう。この国は太平洋に浮かぶ鳥のフンで出来た島に住む、ポリネシア系住民を中心とした人口1万人程度しかいない小国で、リン鉱石を掘って輸出するだけで生計が成り立った為、早くからベーシックインカムを導入しました。

国民はほぼ全ての人がニートであり、働くわけでもなく、勉強するわけでもなく、遊ぶわけでもなく、単にダラダラして過ごしており、三食を中国人労働者の営むレストランで取り、至近距離も高級車で移動して、勝手気儘に生活してきたそうです。子供は働く、という概念がない上、働く場所も存在しないのでニート連鎖です。

暖かい国の人は温和である一方、だらしないんですよね。甘やかされた環境に慣れきってしまい、現状に満足するのが共通点で、東南アジアの現地系は多かれ少なかれニート体質です。私はナウル人に会ったことないですが、マレーシア人、フィリピン人の適当さに拍車がかかったような人達だと思います。

21世紀になる頃にリン鉱石が枯渇してきて、国は少し危機感を持ち、出来の良さそうな子供を海外留学させたりして、産業を作り出そうとしたみたいですが、大した効果もなく、隣国のオーストラリアに集ったり、マネーロンダリングに手を出そうとしたり、と安易な方向に進んでいるみたいです。

まあ、なんと言っても、たった一万人しかいないので、隣国のオーストラリアもは過去の歴史から責任があり、余計なトラブルに巻き込まれたくないので、市民権やるからオーストラリアに来いや、と言っているみたいですが、タラタラ暮らしてきたナウル人が一般の資本主義社会に馴染めるとも思えないのか、保留という名の先送りしているみたいですね。

まとめ

果たして、日本人がベーシックインカムを手にしたら、国民総ニートになるのか?それとも、高等遊民による文化が美しく花開くのかわかりません。確かに芸で飯を食っている人は元からアッパーミドル出身者も多いですけど、時間があっても、寝てばかりいる人も沢山いるので、お金に不自由しなくなったら、単なるニートになる人の方が多いのかもしれません。

私は怠け者なので、一切の義務がなくなったら、ぬるりと生きるすら更新しなくなるかもなぁ、と思います。何かと義務に追われて、空き時間でチョコチョコと更新しているから、目標に向かって継続できているだけで、暇すぎたら無理かもしれません。

私がラッキーなのは楽しみにしているよ、と言ってくれる読者さんがいるから、それをプレッシャーにして自分を制することが出来ますが、本当にただの日記だったら、とてもじゃないけど、毎日毎日、どうでも良い記事を上げて行くことなんて出来ないだろうな、と思います。

こうして考えると、今の段階ではベーシックインカムの実現性はほとんどないし、なっても、案外楽しくないのかもしれない、と思います。何かしらのプレッシャー、義務感がないと意志薄弱な人間は継続出来ないし、お金をほとんど介在しない遊びですら、継続しないと面白くなってきません。

14+