じゃあ、非正規雇用

日本では非正規雇用って惨めな立場の象徴ですけど、これは契約の問題であり、本来は惨めでもなんでもないんですよね。日本で非正規雇用が悲壮感を持った響きになるのは同一労働同一賃金でないからなんですよね。

正社員

日本の正社員は法律でしっかり守られており、無断欠勤、無断遅刻を繰り返すとか、横領などの犯罪でもしなければ解雇するのは難しいです。会社自体が傾いて事業ごと整理するわけでもないなら、能力不足を根拠に指名解雇することはほぼ不可能です。これは公務員に限ったことではありません。

だから、日本企業のリストラは極めて陰湿で、自己都合退職に持っていく為にありとあらゆる嫌がらせをするわけです。追い出し部屋とか陰湿にも程がありますね。これも全部記録をとって労働基準監督署に持ち込めば、カチコミしてくれるので、精神力さえ強ければ、解雇されることはほとんどありません。

正社員は年功序列時代に作られた標準コストテーブルに乗っかった給与体系になる為、長年勤務する事務のおっさん、おばちゃんがビックリするような待遇で働いている一方で、そのダメージを引き受けるのが非正規雇用ということになります。

例えば、日本航空の正社員エアホステスは同業他社と比べてびっくりするような好待遇です。日本航空が特殊なサービスで高収益を上げているならともかく、単に税金ぶち込み、複雑に入り組んだ労働組合が喚いて、そうなっているわけです。その一方で、契約エアホステスはワーキングプアレベルの待遇なんです。そして、蒲田で待遇低下による安全低下懸念を表明しているそうですw

派遣

小泉元首相の肝煎りで始まった単純派遣契約の合法化ですが、これは片手落ちになってしまったのが問題であり、労働契約の流動化は特に問題のないことだったと思います。単純派遣契約の合法化は正社員特権を消滅させることとセットである必要があったのですが、それが出来なかったのです。

結局、派遣社員は雇用の調整弁として使い捨てられるようになりました。正社員への移行義務の発生する2年の期限が来る前に解雇されたり、形だけ異動させられて、ずっと不安定な派遣社員を続けることになり、同じ業務をする正社員と別のテーブル、条件で働く奴隷になってしまったわけです。

改革以降、偽装請負、二重派遣と言った法律ギリギリのグレーゾーンで仕事をさせる奴隷商人が当たり前のように跋扈するようになり、小泉元首相の側近だった竹中平蔵さんは派遣会社とベタベタに結びついて奴隷商人の親玉になってしまいましたね。

企業と人材を結びつける会社があるのは良いけど、やはりルールは厳格であるべきで、最初から正規雇用する気のない派遣社員だとか、明らかに元請け正社員の指揮下にある業務請負なんておかしいですよ。こういうことを政府は摘発する気もないし、やめさせる気がないんです。

契約

会社がきちんと契約を結ぶ能力があるなら、派遣社員は必要なく、契約社員として直接雇用すればいいです。そうすれば、派遣会社を通す必要もなく、2年ルールも発生しません。でも、日本企業に管理のプロはいないので自分の手を汚したくないから、奴隷商人にやらせるんですよ。

アメリカ、シンガポールに正社員、契約社員の壁はほとんどありません。同一労働同一賃金が原則だし、どちらにしても流動的だからです。契約社員で入社して使えると思えば、正社員に切り替えますし、正社員おして入社しても使えないと思えば解雇されます。

正社員でも個別に契約を持っていることも珍しくありませんし、更新時にオプションをつけたりすることもあります。会社命令で海外転勤になれば、パッケージの交渉をするし、本人希望で海外転勤するなら、グレードに物価係数が掛けられるだけでお終いです。それ以降は現地の法律に従って働いて下さい、というだけです。

日本人は契約意識が薄いし、お互いにメリットのある関係を築くことが苦手であり、権力を盾にした一方的な命令以外に業務遂行することができない人達です。だから、何を目的にして、どういう人を採用して、何を基準にして評価するか、を決められないんですよね。

まとめ

非正規雇用問題って、正社員利権、派遣会社利権、日本企業体質が絡み合った身分制度みたいなもので、一度非正規に落ちると、そう簡単には這い上がれない社会システムになりつつあります。そうなると、正社員は自分の立場に甘えて、文句だけ付ける評論家になっていき、派遣社員は一切帰属意識を持たず、やらされる仕事をこなすだけになります。

こんな環境で良い物が生まれるわけないし、元気がなくなるのも当たり前です。日本社会はこの問題をクリアしないと、ずっと停滞するんだろうと思います。

6+