じゃあ、妻は感謝しない

多くの妻は夫に感謝しないものですけど、どういう精神構造であるのでしょうか?

感謝

妻は夫への感謝を嫌いますが、女性が感謝しないわけではありません。むしろ、女性は他人に気を使うため、ほんの些細な親切に対してもお礼を言いますし、特に相手が女性なら執拗に借りを作るのを嫌います。一単位までの割り勘なんかは女性特有の関係でしょう。女性は対等、ということを極めて重要視するので、そこに明らかな上下が出来ることを嫌います。

また、女性同士だと、何かしらで借りを作って、何も返さないと陰口をたたくのもあるでしょう。女性は口では「気にしないで!」と言いながら、自分が損して、相手に利益を与えたことをしっかり覚えていますし、その見返りがないとストレスになります。そのストレスに耐えられず、陰口で解消しようとするわけです。

つまり、感謝をする、ということは相手に借りを作ることであり、その借りを多くしていけば、いずれは返さなければならないため、返したくない夫には感謝することを避けて、返済義務を放棄しようとしているのだろうと思います。

女性は損得にかなり敏感なので、不公平感=損している感覚に耐えられません。共働きで妻が暴君化するのは妻が損していると感じている為、ストレスが上手く解消されないのです。それをリストアップして負荷、貢献度を数字にしてバランスを取ろうとしても無駄で、そういうことをされるともっと怒り狂います。

女性は明らかに自分が得をしてないと夫婦関係に納得しませんし、少しくらい夫の貢献度が高くても、それじゃ納得しないし、具体的な事例と数字では無く、自分の感覚の方を優先させます。また、そんなに文句があるなら代わってくれ!っと言うのもダメで、代わったら損することは知っているので代わることもしません。

文句

多くの妻は夫の文句を言い続けます。どんなに頑張っている夫でも、絶対に満足しないように脳が出来上がっているのではないか?と思います。並列しない二つ、三つの事象を達成させようとしますし、他人の夫が劣っているところを無視して、優れているところだけ抜き取って文句を言います。

夫にお金がなきゃ文句言いまくりますけど、成金地主なんかで、毎日遊び歩いているけど、お金があっても、それはそれで満足せず、社会的地位を手にしろ!女子カーストで上位に立てるように何かしろ!っと文句をいうでしょう。単に相続財産でプラプラしているのでは他の女性に偉そうに出来ません。

夫が安月給でお金はないが、早く帰って来られるので家庭的で家事育児に奮闘する夫を詰りますし、高給取りだが、毎日午前様で一切の家事育児をしない夫も詰ります。つまり、どう足掻いても、文句なんてつけようと思えば、いくらでもつけられるので文句を止めることはありません。

妻の文句をまともに相手にすると精神を病んでしまうでしょうから、夫はまともに取りわず、また、始まったなぁ、とくらいに相手にしないといいと思います。どうせ、都合のいい部分だけ抜き取って、比較してうらやましくなり、その不満を夫にぶつけているだけです。

支配

女性は自分の彼氏、夫を自分の所有物だと認識していますから、その所有物が周りの女性にどういう評価を受けるか?かなり敏感になっていますし、自分のパートナーを選ぶときに、自分がどう思うかではなく、他人にどう思われるか、を気にする女性は少なくないです。

そして、夫に対して自分の所有物の支配権を確立させようとするため、自分を棚に上げて夫の努力を否定、当たり前のこととし、自分の努力に対して執拗に感謝を求め、他の女性から聞いてきた自分に一方的な有利な情報を根拠にして、夫の努力不足をなじります。

多くの女性は口では夫婦対等、と言いますが、妻は夫の庇護に入るものであり、その庇護から外れて責任を取らされてしまうことを恐れています。自分が勝手に決めたことも二人の総意という形にして自己責任でやることは望みません。あくまで文句だけをいう立場を望み、上手くいかなければ夫の責任にします。

妊娠出産期間中に夫が浮気したり、逃げてしまったりすることを恐れるのは当たり前ですし、自分を大事にしなくなったら困るからでしょう。その為の調教として夫の努力を無価値と見做し、自分の努力を大袈裟に強調して、感謝をせず、文句を言いつづけることで支配権を確立させないとダメなんでしょう。

まとめ

本当は夫を支配しようとして非難しまくるより、夫をおだて、褒めて、形式上の主導権を握らせるような振りして、手綱を引いたほうが良いのでしょうが、なかなか出来ないことです。だから、自分は満足していないんだ、より一層の努力を求む、ということを不機嫌になったり、愚痴を言ったりしながらでしか夫に伝えられないのです。

どんなこともそうなんですけど、基本的に褒めて接するべきなんですよ。完全に舐め切っていたり、最低限ルールも守らないなら叱るなり、無視するしかないですけど、主導権を握りたいなら、出来たことを誉めて、上手に課題を与えて、伸ばしていくべきだと思います。

だから、夫を支配して自分好みの男に育てたいと思うなら、子供を育てるのと同じように、褒めて、褒めて、頑張りたくなるような環境づくりに心がけるほうがいいと思います。特に男性は馬鹿で単純です。女子供が自分を慕うのを嬉しくて仕方ないと感じる人が多いです。

24+