じゃあ、日産自動車

リクエスト記事で日産自動車について書きたいと思います。

成り立ち

日産自動車は日産コンツェルンの傘下としてスタートしています。鮎川義介、という人が日産コンツェルンの創業者で、山口県出身の元勲、井上馨に連なる名門の家に生まれ、東大を出た後、現場で一さ業者として働き、井上馨の支援を受けて金属業を始め、次々に商売を広げていき、財閥化します。第二次世界大戦後に財閥解体になり、その勢いはなくなり、日産自動車だけがしっかりとした形で残っています。

戦後、日産の代名詞になる「ダットサン」の開発に成功し、国内外からの評価を得る会社へと成長、経営難になったプリンス自動車を吸収して、産業用ロボット、航空飛行技術、宇宙開発までの開発技術力を持つ会社になります。しかし、「技術の日産」として技術力は評価されていたものの、販売力でトヨタ自動車に劣り、徐々に苦境に陥っていきます。

今の日産と正反対なので、変な感じがしますが、発祥は日本政府の権力筋に近い政商的立場からスタートし、戦後はマーケテイング、ブランドイメージで戦う企業ではなく、質実剛健な技術を売り物とする会社であり、日本の復興、技術大国を象徴づけるような国策企業だった、ということです。

そして、シーマ、シルビア、スカイライン、と今に続くようなフラッグシップモデルの開発に成功し、バブルを謳歌し、イケイケの時代、若者が憧れるようなカッコいい車を製造する会社になっていきます。愛知県にある田舎臭いトヨタ自動車よりも、横浜、湘南のイメージがする日産のほうが若者に好まれたようです。好調がいつまでも続くわけでもなく、バブルが弾ける頃には新しいモデルが不調に陥ります。

経営危機

バブルの頃に評価された燃費が悪いが、見た目がカッコいいモデルがバブルが弾けると売れなくなり、軽自動車のような実用車が評価されるようになるのは当然の流れですが、日産は実用車を得意としておらず、販売に苦しみ、長年の業界第二位の立場さえ失う危機に陥ります。

日産はソニーみたいに官僚主義になっていきます。ありがちな学歴主義、序列主義が当然のものとして受け止められ、東大出身でなければ役員にはなれない、学歴順に採用を決めていく、と言うような体裁ばかりを気にした決定がなされていた、と聞きます。実際、最後の日産日本人社長は東大文系出身です。

当然、その序列主義は日産本体だけでなく、系列各社にも広がっていき、序列順に部品の採用を決め、QCDを無視したサプライチェーンの構築が当然になっていき、話にならないような部品であっても、系列各社との資本関係、人間関係を優先させて、競わせないのが当たり前になってしまいました。そうなれば、高い、質が悪い車が出来上がっていきます。

ルノー

ミレニアムになる頃、日産が2兆円もの有利子負債を抱えて、どうにもこうにも立ちいかなくなり、国内に救いの手を差し出す会社はなく、ドイツ、ダイムラークライスラーと話をするもののギリギリのところで妥結できず、捨て値でルノーに拾われることになります。

ルノー日産アライアンス、というのは名ばかりで、日産はルノー子会社になり、フランス企業になりました。そして、社内官僚が駆逐され、剛腕、ゴーン氏がフランスから派遣されてきます。この人はレバノン系ブラジル人、フランスで育ち、名門エコールポリテクニークを卒業し、ミシュランに就職、若干30歳で工場長を務め、成果を出し、ルノーに引き抜かれた人です。

ルノー、ゴーン氏がやったことは簡単で、「リストラ」です。不採算拠点の整理、子会社、系列会社の整理をして、今まで序列によって決定していた流れを数字だけを見て断行するようになったのです。言うのは簡単ですが、やるのは並大抵のことではなく、日本人がやれば自宅に帰れないくらい憎悪の対象になったでしょう。外国人だからやれた、と言えます。

そして、日産は復活、ルノーとしては最高の底値買いを出来た形になり、事業規模、時価総額共に日産はルノーを凌いでいますが、過去の経緯からルノー傘下でしかなく、日産が持つルノー株は議決権行使も出来ませんし、日産出身のルノー役員もほとんどいません。フランス人の一喝で日本人はシュン、となります。

今後

ルノーは不祥事で揺れた三菱自動車も底値買いしました。フランスはイギリスと覇権を争った国だけあって、投資、植民地経営が上手だな、と思います。フランス人はゴーン氏に代表されるように、学歴エリートに権限を集中させて、トップダウンで一気に進めるスタイルの統治を好みます。ちなみにルノーの大株主はフランス政府です。

日本では三菱自動車は人気がありませんが、海外向け、特に発展途上国の道路状況の悪い国では重宝されています。国内では救い手はないですが、海外という意味なら、美味しい投資だと思います。三菱自動車を見事復活させて、日産と同様にお宝にしてしまうのだろうと思います。

現在の日産では以前の官僚主義は鳴りを潜めているようです。フランス人に限らず、様々な国出身の外国人が日産には勤めていますし、生え抜き主義でもなく、中途採用でも抜擢があるそうで、実際、日本電産で暫定社長になった吉本さんもカルソニックカンセイから日産に転籍し、若くしてタイ拠点の社長まで務めています。

自動車産業そのものが大きく変わる時代なので、ルノーがどんなかじ取りをするのか?はわかりませんが、少なくとも今の段階では経営危機が襲うことはなさそうですし、ダイムラーを含めてアライアンスの強化を行うことで、規模を拡大しながら生き残りをかけていくのだと思います。

まとめ

日産自動車は外資でありフランスの会社です。だから、日本式を好む人は日産自動車に勤めないほうがいいし、日本車が欲しい人は日産車を買わないほうがいいです。社風、設計思想までフランス式ですし、部品メーカーも含めて外資と親密ですし、純粋な意味で日本製でありません。その意味ではトヨタ、ホンダという国産とは違いますし、それが合う、という人には良い会社、良い車だろうと思います。

EV対応に関しては早かったですし、フランス政府、ルノーもアメリカで情報収集、ロビー活動をしているので、時代の流れに一気についてこれなくなることはないでしょうが、自動車産業は生き残りをかけてし烈な争いは続いていくのは間違いないです。

日本と同様に欧州も自動車を主産業の一つとしていますし、これを失うと莫大な雇用が失われるため、かなり危機感を持っていますが、今後の展開はソフト側が主導権を握っていくでしょう。アメリカはソフト、ハード両面からプラットフォームを奪おうとしていますし、中国勢もシェアを奪おうと虎視眈々と狙っています。

11+