じゃあ、ITと中国

IT分野で中国に躍進が目立ちます。ユニコーンがガツガツ出てきていますし、国内市場が大きいとはいえ、インド以上の躍進ぶりです。中国人ってITとすごく相性がいい人たちです。

早い

中国人って決断がすごく早いです。決めたらすぐに動きますし、どんどん躊躇なく拡張していくので、IT時代のスタートアップにすごく相性がいいです。元々、中国人はせっかちですし、リスクを恐れないので、何かが流行ると、一気にパチモノが現れて、うまく行かないとさっと引いていきます。

一般的なスタートアップは3年で一定のマイルストーンに到達しないなら、それで撤退するのが当たり前です。だから、赤字を垂れ流しながら、短期集中決戦でひたすら突き進むしかないです。悩んでいる瞬間にライバルに先を越されたら、全部持っていかれます。

中国人スタートアップ経営者がシリコンバレーを視察に行くと、決断が遅い、大企業病だとすら感じるようで、日本なんか来たら、呆れて物も言えないだろうなw、と思います。実際、中国は即決即断で、あっという間に進んでいくので、マイクロペイメントが普及するとクレジットカードなんて過去の遺物という感じです。

逃げる

中国人の特徴として上手くいかなかったらすぐに逃げるんですよ。色々やってみたけど、どうにも手が付けられなくなったら、あっという間に逃げてしまいます。申し訳ないとか、最後まで責任を取るのが起業家の役目だとか、そういう観点がありません。

いざとなったら逃げればいいと思っているからリスクが取れるし、失敗することに過度の恐れはありません。リスクと取らずにリターンがあるわけないです。そのバランスを考える必要はありますが、まったくリスクなしということはあり得ないし、何も選択しない、という選択もリスクなんですよね。

一般のサラリーマンも同じことで、割りに合わないと思ったら、あっという間に辞めていくだけで、貰うものもらって逃げていきます。社有車を盗んで逃げるとか、設備を闇業者に売ってしまうとか、平気で犯罪に手を染めるので、経営者が横暴することなど出来ません。

立ち直る

スタートアップをこかせて、破産した人が素知らぬ顔で別のことを始めます。それを恥ずかしいとすら思っていません。商売上の名義だけ他人にして、債権者から逃げてしまうんです。だから、商売が失敗したから自殺するなんて言う精神はありません。

汚職官僚も似たようなもので、汚職で溜め込んだ黒いお金はさっさと海外に流して、家族に外国の市民権を取らせて追跡を困難にし、政争に負けて追われたら、戸籍を買って来て別人として逃げて行き、素知らぬ顔で生活します。

逃げたことに対する後ろめたさ、背徳感はなく、潜って生きるわけではなく、英語圏の気候のいい場所に中国人コミュニティがあるので、そこで裕福な退職者として偽戸籍、偽名で堂々と暮らすだけです。似たような連中ばかりなので、根掘り葉掘り、過去を聞いて来ませんし、自分に損得がなければ、興味も持ちません。

まとめ

日本人とまったく逆であり、日本人は決断が遅く、リスクを過度に嫌がり、逃げることもなく、精神を病んだり、自殺するんですよ。そういう考え方はコツコツとハードの性能を上げることでビジネスが大きくできた時代はともかく、今のIT時代には全くそぐわない考え方であり、日本からユニコーンは出ないということでしょう。(現時点ではメルカリだけです。)

中国の市場がでかいからさ、というのもありますけど、インドと比べても中国のユニコーンは目立ってますし、日本市場だってそんなに小さくはないです。でも、日本では小粒で面白みに欠けるスタートアップしか生まれてこないんですよね。ハッタリをぶちまけながら、それが徐々に現実になるようなスタートアップはありません。

そういえば、闇金ウシジマくんですら、そのまま逃げりゃいいのに、ほとぼりが冷めたら東京に戻って来て、案の定、ヤクザに食い物にされて、何かに対して責任を取ろうとしてます。日本人的アウトローですね。中国人の裏世界の住人なら二度と戻ってこないでしょう。

6+