じゃあ、要らない人

転職市場で要らない人っていますね。

年齢

三十半ばを越えると一気に世間の目が冷たくなると言いますけど、一般的に本当だと思います。特に景気が悪かったり、人気企業なら、社内に似通った技術、経験を持つ人が存在しない、よほどぴったりとハマる人材でもなきゃ、採用する意味もありません。

三十半ば過ぎて未経験者を雇うまともな会社は少なくなります。その会社の同年代と同レベル以上であると証明できなきゃ、三十半ば以上のオッサン、オバサンを採用する意味はなく、もっと若いポテンシャルがある人を雇えばいいです。

取るにしても早い段階で数字がでなきゃ、あっという間にクビにするつもりで大量採用、大量離職が前提のブラック企業でなきと、三十半ば過ぎの未経験者を気軽に取ることはありません。数字が人格、の歩合制営業の会社が典型例かな?と思います。

若さとは財産であり、希望でもあります。仮に使えない人でも、若ければ、数年後に使えるようになっていることはあるし、若ければ、若いほど、その可能性がありますし、失敗しても許せるんですよね。私自身も大学生くらいの子供がバカなことを言っても微笑ましいと思いますが、三十路も近くなったいい大人がバカなことを言うと自然に冷たくなると思います。

学力素養をさほど必要としない仕事なら高卒の元ヤンをしっかりと仕込んで、数年後にエースになっていることはザラにあります。だから、技術を必要としないカタログ営業だとか、総務経理などの事務なら高卒を採用して、徹底的に慣れさせる方が効果が高いと思います。

流石に開発させるのに高卒は難しいですし、一定の数学、物理の素養がないと理解できない、感覚で理解しても、理屈で説明できない、ということになるので、最低でも理系学位を持っている人を採用する、ということになるでしょう。

専門

さて、専門というなら、その分野で必須学位を持っていて、最低でも三年は集中して取り組んだ職歴が必要かな?と思います。だから、文系は原則として専門はなく、経済学の学位を持っていることが必須職種なんてないに等しいし、経営管理学なんて漠然とし過ぎています。

専門を磨きたいなら、それを専門とする会社でないとダメです。メーカーの社内SEなんかは専門とは言えず、ITエンジニアとして専門職というなら、ソフト会社に勤めてないと、専門を磨くのは無理でしょう。日本だと文系出身の情報システム部所属とかいるので、単なる事務職です。

その意味で、化学会社、食品会社の機電職も専門とは言いづらく、補助職と言ってもいいのかもしれません。ただ、現状では需給が素晴らしく良いので、機電学位があり、関連した仕事をしているだけで、あまり高望みしないなら、あっという間に仕事は決まるし、三十半ば過ぎても、それは同じです。

需給の悪い事務職だと、かなりとんがった事してないと評価はされず、解雇通告で一人二人は殺したことある人事でないなら、人事として一人前とは言えないと思いますが、日本の人事は汚いことは外注するので、厳しいが、力のつく経験にならないんですよね。

だから、三十半ばになって、これに関してはレアな技術、経験、知識がありますよ、と断言できないと、わざわざ取る意味はないことになります。面接で壮絶に吹かしてみても、同じ分野の人間ならだいたいの検討はつくし、騙し切っても、入ってから地獄になります。

これは世界中どこでも同じ話で、日本人だけが年齢差別するとか言うことはなく、どの国の人でも年齢相応の力のない人は黙殺します。差別を理由に履歴書に年齢を書かないアメリカでも、大凡の年齢は見りゃわかるわけで、他の理由で落とすだけです。

人格

意外となんですが、三十半ばを過ぎると人格って大事で、今までの付き合いで人柄がよければ、誘ってもらえることも少なくありません。逆によほど技術がないなら、人格が終わってる人は黙殺されます。技術者ならコミュ障でも構わない、とかはあり得ません。

新卒からいた大企業でワガママ放題してきた人がリストラ食らって、俺ほどの人間なら下請けが好待遇で誘うはずだ、とか言っても、大企業の看板失っても、評価してくれるわけないんですよ。お客さんだから我慢していただけってことを理解してない人は少なくありません。

天下りで下請けに行って、大手風吹かせて嫌われる元大手の人って少なくないですけど、裸一貫で何が出来るのか?を考えるべきですよ。どんなにブランド物を羽織っても、それで他人が凄い、凄い、と言ってくれるのはタダだからであり、少しでも損するなら、黙りこくるのが人間です。身近な損得勘定が関われば、他人はシビアです。

また、なんでもやります!っとか大見得切っても、なかなか染み付いた安いプライドって捨てられないものだし、上がった生活レベルも自分で下がることはできません。だから、常にニュートラルに今あることを一生懸命にやれる人、過去と良い意味で決別できる人はどうにかなるんですよね。

だから、本当の意味で人格が年齢相応になっている人は落ちぶれたりしないし、その人格を慕って助けてくれる人がいるので、突き抜けた能力、数字がなくても、案外どうにかなるものです。最後の最後は人と人なので、好き嫌いの世界になるからでしょう。

まとめ

若い人に言いたいですが、年寄りの言うことは聞いておくべきです。その時は馬鹿馬鹿しいと思っても、何かしらの真理を含んだ発言であることが少なくありません。若さを失うと、他人の目は変わり、何かしらの売りがないと相手にされなくなります。

過去の時代ではレールに乗れたのかもしれませんけど、もうレールが壊れる時代です。試行錯誤しながら、相応の力がつけられるように動き回らないといきなりレールから外されて現実を受け入れられず、精神崩壊する可能性があります。大した専門がないなら、精神力に特化するのもいいと思います。

26+