じゃあ、脳筋

脳みそまで筋肉になったようなスポーツ選手を脳筋というらしいですが、学力とスポーツでのプレースタイルもあまり一致しない気がします。

根尾君

中日ドラゴンズが交渉権を得て入団が決定しそうな根尾君は文武両道を絵に描いたような人物です。医者の家に生まれ、子供の頃から文武両道で、野球の他にスキーでも全国レベル、大阪桐蔭高校に進学する際、「医学部に入れるほどの勉強時間は確保できないが良いかな?」と聞かれたそうです。

実際、お兄さんは弱小地元校を甲子園地区予選決勝まで導き、敗れたものの、そこから踏ん張って地元国立医学部に現役合格する、という離れ業をやってのける人なので、根尾君がもう少し野球の才能がなければ、医学部に入っていたのでしょうし、今からでも一年あれば入れそうです。

根尾君は体育会系にありがちな授業中は休憩時間、ということはなく、真面目に授業を受け、成績も良かったそうですし、あまりの品行方正、人格の素晴らしさから先輩、同級生からすら、「根尾さん」と呼ばれ、次第に監督からすら「根尾さん」と呼ばれるに至る人格者だそうです。さて、プロに入ってどんなプレーをするのでしょうか?

藤井選手

意外と中日ドラゴンズは学力の高い選手が好きで、根尾君ほどでないにしても、先輩に何人かにたような人がいます。藤井選手はその先駆けで、プロ野球選手なのに地元二番手くらいの公立高校から一般入試で筑波に入っています。

しかし、その経歴とは裏腹に身体能力は高いが、ポカの多いプレーをするので落合元監督からは嫌われてましたし、コーチも同様の評価だったようで、期待の割には活躍しない選手として定着してしまいました。年齢的にも一軍選手止まりで、名選手とまではいかないでしょう。

ともかく、三十半ばまで野球で飯を食い、年俸五千万円をもらった男ですし、コーチの話もあるでしょうから、野球人として文句のあるような人生ではないでしょう。野球選手でなかったら体育教師をしていたのでしょう。体育教師は教員とは思えないような雰囲気の人もいるので変ではないのかもしれませんね。

福谷選手

同じく中日ドラゴンズの福谷選手は地元の三番手くらいの公立高校から推薦で慶応理工に入り、学部表彰を受けて、ドラフト一位、という離れ業を成し遂げています。一般入試ではないですし、野球込みの学部表彰であっても、凄いと思いますよ。

大学の名門体育会系なんて学力はからっきしで、文系を最悪の成績で卒業したら偉い!っという感じで、中退する選手もざらです。プロ野球選手でも実は中退で、出身でしかない人も少なくないそうです。巨人、阿部選手が有名ですね。中央出身だけど、卒業ではありません。

福谷選手も脳筋ピッチと呼ばれます。ともかく豪速球を放り込むが四球も多く、変化に乏しく、なんとも安定感のないスタイルで、経歴から想像する緻密な配球、構成で打ち取っていくスタイルとは真逆を行きます。まだ、二十代なので、変わるのかもしれませんが、今のところ、肉体派です。

まとめ

元ヤクルト、古田敦也さんみたいに立命館に一般入試、現役で入っている見た目、イメージ通りの頭脳派もいるんですが、私の見た感じ、逆の方が多いのはなぜでしょうか?ビジネス、プライベートは別ってことでしょうか?

逆に先に挙げた阿部選手は二単位、四単位?しか取れずに中退していながら、最も頭脳的なキャッチャーとしてプレーしてきましたし、谷繁さんも野球以外のことは賢さは見受けられません。城島さんも普段は漁師のオッサンみたいな感じです。

まぁ、一般社会でも、ガサツそうなヤンキーが緻密な仕事をするスタイルだったり、体育会系なのにきめ細かい営業スタイルだったり、旧帝理系出身なのに感情論、根性論をブチまける人もいるので、そんなもの、と言えば、そんなものなのかもしれませんね。

9+