じゃあ、日本社会の汚点

日本社会の汚点を書きたいと思います。役所を見れば、その国の特徴が出るものです。

手書き

日本社会って、意味もなく手書きにこだわることが多く、申請書類が紙媒体しか存在しておらず、手書きを強いられることが極めて多いです。良い点が無いに等しい上、改善可能なのに前例に従って変化を拒みます。そして、恐ろしいほどの無駄を垂れ流しています。

エコが大きな産業になっても、日本からファックスがなくなることはなく、Eメール受付はしないが、ファックス受付は可能、というようなお笑いシステムを持っている国って、日本くらいでは?発展途上国すらファックスなんて使ってないと思いますよ。

PDFをプリントアウトして、手書きして、ファックスで送って、ファックスに手書きで修正事項を書いて、送り返す、とかしている意味がわかりません。最初からオンライン申請で間違い、漏れがあれば、次のページに進めなくすればいいし、100歩譲っても、PDFに情報をインプットすればいいでしょう?

そして、紙媒体を巨大な書庫にしまい、その書庫を管理する為に人を雇い、書類を取り出すために時間を使い、無駄な仕事をして忙しいアピールをするのが日本社会です。役所は無駄をしても、潰れることはないので問題ないそうです。国を蝕む寄生虫ですね。

ハンコ

手書きがサインなら理解できます。筆跡は人によって違うし、コピーが困難だからです。でも、ハンコなんて誰が押しても同じですし、押した本人がどのハンコで押したのかわからなくなったら本末転倒でしょう?

でも、これからは電子署名でいいと思いますよ。生体認証でQRコードが組成される、とかでいいんじゃないですか?それで、誰が何月何日何時に署名したことが分かればトラブルは避けられます。

日本だと手書きを強いられて、間違えたからハンコで修正させられ、その押し方が悪い、見づらい、とか難癖つけて、何度も何度もやり直しをさせられて、それも原紙以外は受け付けない為、取りに行かなければならない、とかいうお笑いをすることになります。

方法が何であれ、その情報を承認したことが分かればいいんだから、明らかに本人が良い、と言っているのに、その承認方式にこだわって、何度もやり直しをさせることが無意味であり、何の価値もないとは思わないのでしょうか?

老人

日本って、ヤバイくらい老人国家で、老人を最優先にしてやり方が決まります。老人の方が有権者が多い上、投票率も高いので仕方ないと思いますが、そうなると国家として成長しなくなるのは当然だな、と思いますね。

いつも思いますが、公共施設の入力がキーボード配列でなく、あいうえお順なのは何故でしょうか?老人がキーボード配列を使えないからでしょうか?なら、なんで、切り替え可能になってないのですか?いつもの何倍も時間をかけてあいうえお順を追うのは苦笑いですよ。

老人が対面を好むから窓口は失くさない。電話を好むから、電話番を維持する、とか無駄なコストばかりをかけて、Eメール連絡を拒絶し、電子媒体を敵視し、何十年前のやり方を続けるのが日本の組織です。

人がいれば、そこにコストが発生するんだから、相応の対価が必要です。同じことをするなら無人でシステムによって処理する方がいいに決まっているでしょう?その手の事務処理なんてやりたくて仕事にしている人はいないでしょうよ。別の仕事をしてもらうべきです。

まとめ

盲目な日本讃美が増えて、親日の白人様を集めて、日本サイコー!っとかいうテレビ番組が多くなり、少しでも日本の問題点を提示すると、他国の問題点を持ち出して狂ったように反論するような感情論に溢れています。そういうことではなく、問題点を問題点として認めて、良くすることを考えないと、衰退は確実です。

ある種の実験国家であるアメリカ、シンガポールが先進的なのはともかく、中国よりも、韓国よりも遅れているのは問題だと思いますよ。特に国の体制ではなく、方法が時代にマッチしてないのは大問題です。そんなものは一円も産みません。

特殊なことがしたいわけでもないのに、安定してそうだから、と公務員を志望する若い人に溢れた衰退国家が現在の日本であり、役所の人格を破壊するような非効率なやり方を我慢する方が起業リスクをとるよりも、民間でサラリーマンするよりもマシだと思っているんですよね。

32+