じゃあ、婚活

婚活って言うのは、昔からあることであり、結婚適齢期になって相手のいない人が他人に相手を探してもらうのは極一般的です。

家同士

過去においては結婚とは、家同士の関係であり、本人の意思はほとんど関係なく決定することでした。だから、平成天皇陛下が平民出の女性と結婚することになった時は驚きを持って迎えられましたし、美智子様は色んな苦労があっただろうと思います。

今では上流階級すら政略結婚がなくなり、直系内親王殿下ですら、借金まみれの詐欺師みたいな一般男性と婚約まで行っていますし、海外では継承の可能性がほとんどないとはいえ、王子が半分異人種の外国人と結婚しているんですから、ほぼ消滅したと言っていいでしょう。

政略結婚、親の強制によるお見合い結婚は政治的に、経済的には極めて有効な行為ですが、現代社会では人権を無視している為、封建主義がはびこる国くらいでしか行われず、そういう国ですら徐々に廃れつつあるので、世界的に消滅するのも時間の問題でしょう。

ただ、政略結婚が必ずしも悪いことではなく、家同士の釣り合いが取れている、ということは価値観も近いことが多いので、性格的に合うならお似合いの夫婦になることも少なからずあるでしょう。母親が恋人にせびったお金で進学してたナントカ王子の価値観なんて姫には理解不能でしょうよw

飯の種

近代では家業でメシを食うのが一般的であり、個人がお金を稼いで生きて行くことは極めて困難でした。商業、農業、手工業など、は家族総出で行うものであり、そこに個人の気持ちなど関係なかったんですね。

男性にとっては家業を維持して行くのに適した嫁取りをすることであり、甲斐性があるなら嫁とは別に愛人を囲えばいいのであって、そこに色恋、好き嫌いを持っていけば良いものだったんですよね。不倫が叩かれるようになったのは割と最近の話です。

また、女性が自立することはほぼ不可能であり、夫をみつけることなしに生きて行くことは無理でした。子供の頃は父親、結婚したら夫、老いたら息子の言うことを聞いて、それに従い生きて行くのが推奨されていたわけです。

女性にとって、結婚とは食うためにすることであり、一昔前まで結婚とは永久就職とまで言われたわけです。だから、好き嫌い、というのはさて置いて、相手が自分を食わせてくれる、ということが大前提であり、その次に好き嫌いが来たんですよね。

負け組

現代社会は恋愛至上主義です。たかが恋愛ごときを何よりも崇高なこととして捉え、異性に不自由する人を可哀想な人とすら定義する傾向にあります。男性はDTであることを不覚だと感じ、女性はちやほやしてくる男性の一人や二人はいないと、同じ女性からバカにされます。

このブログでも男女論が最も盛り上がるのは誰でも多かれ少なかれ経験していることなので、コメント者の間口が広いからです。男性はモテないことの悲哀をコメントしますし、女性はモテを根拠にして上からコメントします。恋バナ、男女論が大好物な人は多いですね。

そんな環境下で、自分で相手を見つけることもできず、婚活という名の人工的な出会いを必要とする人は恋愛市場の負け組なんですよ。そういう人たちが集まった場で何を望むのか?、という話ですし、妥協の産物でしかありません。

男性はブサイクババアしかいない、と思うでしょうし、女性はゴミスペックジジイしかいない、と思うでしょうが、そんなの当たり前なんですよ。だって、負け組の集まりなんだから、若くて綺麗な女の子なんかいるわけないし、ハイスペックイケメンなんているわけありません。

敢えて、妥協しても良い、と思って覚悟して婚活に臨むならともかく、選びたい、と思っているなら大間違いであり、我慢できることは全部我慢してでも、結婚したい人向けのサービスだと思いますよ。妥協したくないなら生涯独身を覚悟すべきですよ。

まとめ

現代社会は自由です。家同士の付き合いで結婚したり、食うために結婚したりしなくて良いです。その分だけ自己責任なので、恋愛市場で勝ち抜くだけの努力をするなり、婚活で妥協するなりしないと結婚できません。そんな簡単なこともわからないから結婚できないんです。

しかし、結婚しても、継続するのも難しくて、恋愛脳で突っ走っても現実は襲ってきますし、妥協でゴールしてもなかなか満足はできません。きちんとメンタルを鍛えて、あるものに満足したり、現状に感謝できるだけの気持ちがないなら結婚しないほうが良いです。

特に男性は子孫が残せる以外に結婚にメリットはないので、この人の為になんでもする、と言い切れるくらい惚れ込んでないなら結婚の意味はありません。まして、婚活してまで結婚するなんて子孫を残すためならどんな犠牲も厭わない、と言い切れないなら負け組同士くっつく意味などあるわけがありません。

19+