じゃあ、夫婦関係

夫婦関係って、譲り合う、と言うことだと思います。それが出来なくなると関係は破綻するんでしょう。

損得

女性は目先の損得に極めて敏感です。損をしている、と感じると、それが客観的だろうが、単なる主観だろうが関係なく多大なストレスになります。これを夫は理解すべきです。そして、常に妻が得をしている状況を作るべきです。

ほとんどの女性は損できませんから上方婚以外を認めませんが、結婚まで持ち込めば対等関係を求めるので、それを笑って許してやり、要所要所でケジメをつける必要があります。それが面倒なら結婚しないことです。結婚しなければ、緊張感を保ちやすくなります。

夫が締めるところを締めないと、妻の要求はどんどんエスカレートし、専業主婦なのに家事分担、夫名義のローンで実家側に家を買わせるというような暴力まで許容する羽目になります。

結婚、という関係は夫が子供のために損をかぶることであり、損したくない男性はそもそも結婚せず、事実婚、婚前契約を徹底して、要求を飲まない女性をリスクと捉えて関係を断ち、要求を飲む女性とだけ話しを先に進めるべきでしょう。

欧米では徐々に夫婦関係に契約を持ち込むケースが増えてきて、夫が妻を損切り出来ることが確約できないと、パートナーシップにするつもりのないカジュアルリレーショップに留める、という習慣が一般化しています。

立てる

従来の夫婦関係は妻が夫の経済力に依存する代わりに夫を主人として立てることが暗黙の了解として成り立っていました。しかし、これがどんどん廃れてきて、女性は上方婚は譲らないが、夫を主人として立てる事は男女差別として無視するようになったわけです。

これは明らかに間違っています。妻が夫を主人として立てたくないのはいいですが、その代わりに上方婚は諦めるか、何かしらの形で義務を分担して対等の権利を主張できるようにすべきです。そうでないなら、駄々っ子と同じです。

上方婚がどうしても譲れないが、夫婦対等だというなら、家事育児を全面的に担うだけではなく、パートもこなし、家計負担もするのであるなら対等を主張するだけの義務を果たしていると言えるでしょう。

妻が働いても、家計負担はせず、夫の収入を前提に生活し、妻の収入は貯金という名目で妻の管理下に置いているなら、夫にとっては妻が働いていることに対してなんのメリットもないので、家事育児負担などしたくないのは当たり前です。

妻が喚き散らして権利ばかりを主張すれば、夫に切られる可能性は高いです。今後、離婚、事実婚、婚前契約は日常茶飯事になるでしょう。もう少し冷静に自分がパートナーシップに対してしている義務、主張できる権利について考えるべきでしょう。

ジェンダー

逆に妻が一定の家計負担をしているにも関わらず、一切の家事育児をしない、という夫も単なるワガママです。自分の仕事だけに集中したいなら、相応の収入を確保するか、その仕事に惚れ込んでいる女性とパートナーシップを結ぶべきです。

家事育児は女性だけの仕事ではありません。稼ぐ能力の低い方が多く分担する仕事であり、夫の稼ぎがゼロなら全面的に家事育児をするのは当たり前です。現在の技術では出産しか女性にできない事はありません。

専業主婦をしたい女性はそこら中にいますし、兼業主婦でも家計負担をしたがらない女性もありふれています。きちんと稼いで、専業主婦を自由を与える力を持ち、そういう人を見つけて仕事に集中したら良いと思います。

売れないバンドマンだろうが、自称芸術家でも、そのサポートをしてくれる女性はいますし、それを予めご了承してもらって、それでもいい人とパートナーシップを結ぶべきでしょう。パートナーシップを結んでからいきなり仕事しかしない宣言されても迷惑です。

まとめ

夫婦関係の変化は男女が譲り合うことを忘れ、都合のいいことばかりを言い出したことにあるでしょうし、世の中が便利になり、娯楽が増えた為、自分だけの為に生活するなら楽に生きられるからでしょうね。今まで好き勝手にしてきた男女がなかなか譲り合えないのも当たり前です。

もう一つは世の中が女性優遇を明確にしているため、女性のワガママを誰も止めなくなりました。親は甘やかし、姑は別居が当たり前で、夫はDV認定を恐れて声を上げられません。妻はDVしている自覚すらなく、夫はDVをされている自覚もなくなっています。

夫の家事育児参加を即す動きはどんどん強まってますが、妻の家計分担を即す動きはほとんどなく、妻の収入をアテにする夫は甲斐性がない!っと喚いても、白い目では見られない不平等が当たり前になりつつありますね。

こうなると、やはり男性の自衛手段は結婚しない、婚前契約を結ぶ、という形で女性は緊張感を与えないと、どんどんつけあがり手がつけられなくなるでしょう。

30+