じゃあ、第一波

コロナ第一波の収束は見えてきて、次は第二波に備える時期かな?と思います。そこで、おさらいをしたいと思います。

ロックダウン

超法規的にロックダウンをすべき!っという言う意見がありましたが、緊急事態宣言による自粛という曖昧な方法で対処しました。良くも悪くも日本的と言うか、強制力がなくとも言うことを聞くだけの民度があると言えるし、自粛警察を代表とする自警団の発生も全体主義的ですね。

結果論になりますが、強固なロックダウンを実施しなかったおかげで経済的ダメージを制限出来ましたし、制御不能な感染拡大も避けられました。好判断だったのか、運が良かったのか、他に理由があるのか、はわかりません。

日本ではルールがしっかり決まっていなかったことで、緊急事態宣言の発令、解除が各自治体に丸投げされた状態であり、やたら会議ばかりはするが、誰も責任を取らない状態が続きましたね。直接選挙で選ばれた知事は割と頑張った印象です。

前にも記事にしましたが、独裁政権は割と上手くやり、個人主義が基本にある国は感染を止められませんでした。国と自分の考えがあっている国に住むというのはこれから大事だと思います。日本の曖昧さが嫌いな人は移住を考えても良いかもしれません。

スウェーデンのノーガード戦法には驚きましたが、あれが彼らの死生観なんでしょう。死ぬときゃ死ぬんだから自然に身を委ねましょう、という考えに賛成できない人はスウェーデンから出ていくしかないです。

アメリカ式のなんでもあり、自己責任が嫌な人はアメリカには住めません。自分の身を自分で守るのは当たり前であり、危機の際は自分で拳銃片手に戦うつもりがないなら食い物にされる国なんです。

医療崩壊

検査を絞って対処したおかげで医療崩壊はしませんでした。医師会が声を上げて緊急事態宣言を発令させたのも良いタイミングだったのかもしれません。実際、どのくらいギリギリだったのかは不明ですが、パニックには至りませんでしたね。

全員検査を叫ぶ人も居ましたが、感情最優先で、統計が理解できない人なんでしょう。希望者全員に検査しようものなら確実に医療崩壊しますし、一定のサンプルで実態把握はできます。かつ、PCRの精度はさほど高くありません。

未だにファックス主体の連絡方法で、医療機関、行政が連絡をしており、連携ミス、連絡ミスが連発したことです。日本人のファックス大好きぶりは苦笑いです。ファックスがないからリモートワーク不可能とか平気で言いそうです。

そもそもの話として医療機関の現状をシステムで統合できてないことが問題であり、そこを連携すれば、数倍の能力になるのでは?という気がしますね。医療機関が大変なのはわかりますが、手書きをしている人に大変だと言われても白けます。

経済被害

案の定、第一波でやられたのはそもそもダメな企業だけであり、コロナそのものを起因とした倒産は見られていません。たった数ヶ月で耐えられない企業はそもそもゾンビであり、世の中に必要ない会社なんだと思います。

対処も様々でしたが、必要な産業、職種、不必要な産業、職種がはっきりと見えたと思います。なんでもそうですが、危機に曖昧だったことがはっきりと見えるものです。社会インフラ、ITは非常に重要であり、娯楽、贅沢品は余裕があって初めて必要という事です。

飲食店でもクラウドファンディングを始めたり、出前を強化したり、オンラインサービスをしてみたり、と動くところは生き残るし、そこまでの気力がない店は諦めて自主的に廃業、考えることを放棄、そのうち廃業という感じでしたね。

管理部門はリモート可能であり、外注も可能である為、最小限で良いこと。営業はオンラインを駆使して、きちんとデータ解析をしたうえでするものであり、テレアポ営業、飛び込み営業、御用聞きなんかは要らないということでしょう。

社会インフラを支える機電系、土建系はどんなに社会が変わっても必要であり、情報系は一物一価が進むので、日々の鍛錬は必須であることが見えてきましたね。その場にいなくて良いことは世界中どこでもやれることですから。

まとめ

ともかく、第一波はお疲れ様でした。日本に限ってはほどほどに付き合っているのが正解でしたね。やれることをやる、やらないと思うならさっと諦める、というのがストレスを溜めません。

シンガポールについて書くと、政府が決めるので、国民、住人は何にも考える必要はありません。それに従っていれば、そう悪いことにはなりません。感染拡大は使い捨て外国人出稼ぎ労働者ですし、国の威信をかけて助けてくれますよ。経済的にも死なない程度には助けてくれます。そういう国です。

12+