じゃあ、虐待

幼児虐待って何で起こるんでしょうね?

連鎖

やっぱり、最も多いのは連鎖であり、親から虐待を受けていた子供は自分が親になると虐待するものだそうです。自分が親に優しくしてもらったことがないので、子供に対してどう接していいのかわからない、ということらしいです。これは二代どころか、三代と続いていくので、誰かが断ち切らないと、ねずみ講式に虐待だらけになっていくでしょう。

このケースで最も良く聞くのが医者の家なんですよね。多くの場合、子供の教育に無関心、それほど干渉しない父親が多いが子供の教育に参入するのは医者という職業の特徴なのかもしれません。父親が過干渉に入ると、暴力を伴うことが多く、壮絶に家庭が荒れることがあります。

開業医とはある種の自営業者、経営者なんですが、医者資格がないと継ぐことができません。また、医者と言う職業は極めて序列社会であり、医者以外の医療関係者を圧倒的に下に見ることが多く、医者同士でも出身大学による序列がきちんと着きます。大学医局が大学病院、公立病院だけでなく、個人病院までに人事権に近いものを握っているからでしょう。

そうなってくると、父親は意地でも子供を医者にすることに拘りますし、できれば地域で最も権力のある地方帝大医学部にねじ込もうとします。そのレベルだと、並みの学力の子供が少々頑張ったくらいでは入れないんですよね。だから、思うように子供の成績が伸びないと怒りの鉄拳が飛ぶ、ということに成るんでしょう。

特異

まともそうな親なのに子供だけおかしく、いきなり虐待をするケースもあるんですが、それは生まれ持った資質みたいなもので、本来、人の親になってはいけない人なんだろうと思います。

人間も動物なので、特異な遺伝子を持って生まれる人は珍しくないです。それは良い面なら、図抜けた体力、学力、精神力といった何かを成すために極めて重要な基礎能力を授かるわけですし、悪い面なら遺伝病などで元から一般よりもハンデを負っているわけです。

身体障がい者など、目に見える形で不利な遺伝を生まれ持ってしまった人はある意味でわかりやすいですが、精神障害者で明らかに目に見える形では現れない場合はかなり厄介だと思います。

適応障害、パニック障害とか、私は詳しくないですが、軽い障害みたいなものを持って生まれた人は少なからずいるんでしょうし、そういう人は人の親に成らないほうがいいのでしょうが、それは人権問題になるので、みんな口をつぐみますね。

矯正

生まれ持った遺伝子なり、生まれついた家庭なりを変えることは出来ないので、本人が負の連鎖を断ち切りたいと思うなら、自分で意識的に矯正するしかないのでしょう。人間はモデルケースがないと、なかなかわからないので、まっすぐな人を見習うといいのでしょう。

まっすぐに生まれ育った人って、すごくまぶしくて、それ自体が才能のように感じられます。所謂、育ちのいい人って、それだけで人に好かれるし、場が和むし、得をすることが多いです。

だったら、そこを目標にして明らかな損得が関わらないなら、物事、他人に対して好意的に対応するように癖をつけたりするといいのだろうと思います。私もささやかではありますが、自分の負担にならない程度には他人に親切にしようと思っています。それで「情けは人のためにあらず」だな、と思うこともたまにあります。

でも、恵まれた立場に生まれて、育っているから、そういう風に考えられるだけであって、厳しい環境で生まれ育った人からすると、何を言うか!という風に思うかもしれません。やっぱり人間は平等ではありません。生まれていきなりハンデ戦どころか、無理ゲーみたいな状態の人もいますからね。

まとめ

私自身は虐待に対して何の経験もないので、適当なことを書いていると思いますが、思うことを書いてみました。せっかく、世に生を受けて、暮らしていくなら、健やかに育って、暮らして欲しいですし、負の連鎖を断ち切れるような動きをして欲しいものです。

逆に人の親になれそうにない人は勇気を持って成らないことを積極的に選択したほうがいいでしょう。他人がどうとか、世間がどうとかで、結婚、妊娠、出産と通過して不幸な子供を増やしても意味ないと思いますね。

12+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、虐待」への18件のフィードバック

  1. 私の知っている開業医の子供は偏差値の低い私大医学部に行くことが多く、親は必ずしもスパルタではありません。
    底辺医大だと早慶理系学部程度の偏差値なので、平均的な学力でも二浪、三浪すれば合格できますので。
    医学部は、偏差値が高い大学ほど現役合格率が高く、偏差値が低いほど浪人が多いという、偏差値と現役率が比例する不思議な世界です。
    そして底辺医学部は学費が高いため、通うのは開業医の息子・娘ばかりです。
    そういった医学部の卒業生は開業医になるのがほとんどであるため、偏差値が低い医大ほど平均年収が高くなるという、他の学部では考えられないカーブを描きます。

    2+

    1. 開業医の親が出来の悪い子供を底辺医学部でも良いんだよ、と認めれば、虐待は起こりにくいんだと思います。そうでない場合、酷い虐待につながりやすいんでしょうね。

      シン

      1+

      1. 普通に考えると、難関大ほど浪人が多く、そうでない大学ほど浪人は少なそうなのに、医学部だと逆になるんですね。
        しかし、医師の国家試験合格率は、私立医学部の方が高いらしいです。
        理由は、私立医学部は試験対策をしっかりするのに、国立は試験対策は個人に任せて放任だからのようです。
        また、医師の序列と年収は、反比例しているイメージです。
        医学教授や大学病院の医師がその最たる例かと思います。

        関西で進学校の少年が自宅を放火した事件がありましたが、あの少年の父親は私立医学部卒の医師で、私立医学部に強いコンプレックスを抱いていたため、息子をなんとしても国公立医学部に入れようとして、こうなってしまったようです。
        家庭が裕福なのは羨ましいと思っていましたが、年収一千万くらいの中流家庭ならどうせ一生働かなければならないうえ、中流家庭レベルだと変に厳しい親が多いため、よく考えると全然羨ましくないですね。

        1+

        1. >また、医師の序列と年収は、反比例しているイメージです。医学教授や大学病院の医師がその最たる例かと思います。

          実はコンタクト屋、夜勤バイトをしている序列底辺医者のコスパが最も高く、大学病院でしのぎを削っている医者のコスパはメチャクチャ悪いです。

          >家庭が裕福なのは羨ましいと思っていましたが、年収一千万くらいの中流家庭ならどうせ一生働かなければならないうえ、中流家庭レベルだと変に厳しい親が多いため、よく考えると全然羨ましくないですね。

          中途半端に収入のある家はしがらみが増えるだけで、さほど旨味がないように思いますね。塾漬け、習い事漬けの子供時代、世間体重視の進路強要、挙句、学資ローンで進学させられ、望んでもないこと専攻して、借金背負って社会人生活スタートとかなるのが最悪ですね。

          シン

          0

          1. >塾漬け、習い事漬けの子供時代、世間体重視の進路強要、
            >挙句、学資ローンで進学させられ、望んでもないこと専攻して、
            >借金背負って社会人生活スタートとかなるのが最悪ですね。

            これについては、私も常々疑問に思っていました。
            確かに上記は最悪です。
            しかし借金ナシだが学歴は高卒,スキルもナシな
            ほぼ裸の状態で社会に放り出されるのがいいのかというと
            それも違うと思います。

            私には子があるのですが、本件は大変難しいと思っています。
            やはりある程度は強制されないとThe底辺になってしまう気がします。

            0

          2. >しかし借金ナシだが学歴は高卒,スキルもナシなほぼ裸の状態で社会に放り出されるのがいいのかというとそれも違うと思います。

            何年か働いて、何を勉強したら飯を食えるのか?自分が好きなのか?をよく考えてから進学すれば良いと思います。惰性で進学しても、無為に時間とお金を浪費するだけです。

            >やはりある程度は強制されないとThe底辺になってしまう気がします。

            自分の頭で考えさせ、自己責任の範囲内で好きにさせれば良いと思います。強要しても先は見えてます。一定ラインを越えないように好きにさせて育った人って、素直で屈託無いのでなんとかなる程度にはやるんですよね。もちろん、人によるので見極めは難しいです。

            シン

            0

          3. 医師は激務と言われていますが、実はバイトだけやるフリーター医師なら高給でマッタリと聞いたことがあります。
            しかし、バイトだけで生活している医師は実際のところあまりいないようです。
            序列が低いからなどの見栄の問題だけでなく、
            やはりバイトとはいえ命や健康に関わる仕事だと、しっかりとした職歴のないフリーター医師だと雇ってもらいづらいからだと思いますが、
            実際のところどうなんでしょうか?

            0

          4. バイトって責任がない代わりに本当にやりがいがないので辛くなるんだと思いますよ。ranさんも何かしらの事情で簡単なバイトで生活できるようになっても、もう少しやり甲斐を求めて、多少責任のある仕事を探すと思います。人間が腐ってきます。フリーターのバイトリーダーがバイトなのにやたらと鬼軍曹するのはそうでもしないと、精神的に辛いからです。

            超絶コミュ障とかで、人と一切口を聞きたくない、家で一人で何にもせず、ヒキニートでもなんと思わない人もいるでしょうが、それもある種の才能です。

            シン

            1+

  2. 一応、親の体罰は社会的に是認されてるから、グレーゾーンで面倒臭くて啓蒙されて来なかったせいでは。
    虐待が、児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えることなら、 児童の身体に外傷が生じず、又は生じるおそれのない暴行を加えることは体罰ですもんねw
    体罰を受けて親を恨むこともあるでしょうが、大人になって逆に感謝する事例も多々ありますし。

    なぜか、医者の事例が挙げられてますがw、底辺医大にも入れず病院の事務長やってるような息子からすれば、虐待してでも医者にして欲しかったと思ってるんじゃないですかね。よく知りませんが。

    0

  3. (コメントらしいコメントではありませんが)
    TVで幼児虐待のニュースを見ると不憫で仕方がありません。
    なんとか早期発見することができればいいのですが…

    0

    1. 見て見ぬ振りではなく、匿名でも通報できるので、?と思ったら、勇気を持って児童相談所に通報することが大切だと思います。躊躇わず、通報することが早期発見につながり、専門家による適切な対処を受けることができます。

      再婚相手との間に赤ちゃんが生まれてから、上の子が虐待されるというケースもよく聞く話だと思いますが、実際、近所にそういう方がいて、児童相談所へ通報したことがあります。かれこれ10年以上前の話ではありますが、毎日のように聞こえてくる両親の怒鳴り声、子どもの鳴き声は尋常ではなく、通報したのは私だけではありませんでした。
      その後、離婚され、現在は三度目の結婚にて、ご夫婦と父親の違う三人のお子さん五人で幸せそうに生活されています。様々なケースがあると思いますが、このケースの場合は、母親自身が過ちに気づき、改めることが出来たことが新しいご家族の今の幸せに繋がっているように思います。
      あの人の子どもはみな父親が違うらしいよ、よくやるよね、なんて彼女を馬鹿にするような陰口をたたいていた方々もいましたが、人の噂も七十五日、今では誰も何も言うことはなく、子どもさんの幼稚園を通じて知り合った新しい方々たちと親しくお付き合いされているようです。

      私はその番号を利用したことはありませんが、現在は、『189』(いちはやく)で近隣の児童相談所に繋がるようになっているそうです。

      0

      1. 「できます」と断定してはいけませんでした。専門家の方々も頭を抱えているのという現状であることも追記させいただきたいと思います。
        しかしながら、地域の住人など、周りからの通報がないと、発見されないまま、最悪の事態を招くケースがあるので、まずは通報から始まるのだと思います。

        0

      2. 家からいつも泣き声が聞こえるなどの分かりやすい虐待は、絶対通報ですね。189覚えました。ありがとうございます。

        迷うのは、公共の場での虐待と呼べるか微妙なラインです。
        最近見たのは、父親と、若い女が手をつないでる後ろで、3,4歳くらいの女の子が泣いていました。雰囲気としては、女の子がお父さんと手を繋げなくて泣いてる前で、女は苦笑いをしており、父親は無視してました。
        彼らがどういう関係か分かりませんが、泣いている子どもを無視しているという事実はあり、こういうのはどうしたものだろう…と考えました。通報するにも、彼らの関係や住所など何も知らないですからね。

        0

        1. 泣きじゃくりながら子どもが後をついていくようなシーンはよく見かけるので、何かあったのかな?、と放っておきますが、子どもを放置したまま、親御さんがどこかへ行ってしまった時には、私は素通りできず、それとなく様子を探りながら、なかなか親御さんが帰ってこないような時には泣きじゃくる子に声をかけ、気持ちを落ち着かせます。気にかけている親御さんなら、どこからともなく、「すみません」と言って戻ってこられるので、「この時期は大変ですよね」と一言二言、言葉を交わし、バイバイします。時には、煙たがられることもあり、世話好きどころかお節介にも度が過ぎたかなと反省することもあるので、他記事のコメント欄を読み、スマートに手を差し伸べられる、そんなオバさんでないといけないなとあらためて感じます。

          私は知らなかったのですが、調べてみると、三年前に「渋谷駅で女性が幼児を蹴り倒す動画」として30代後半のある男性がフェイスブックに動画を投稿され、ネット上で大きな反響を呼んだそうです。その動画をもとに寄せられた情報により、警察が母親を特定し、児童相談所へ繋いだそうです。その女性の方のプライバシーまで考えると、ネット上に動画をあげることについては、私にはそれが適切なのかどうかは判断できませんが、公共の場で子どもを蹴るような母親を見過ごす社会であってはいけないと思います。

          0

  4. 医学部入試って昔の中国の科挙に似てますね。
    小さいころから士大府の親が家庭教師や塾漬けにして勉強させるか村一番の秀才が目指している辺りが似てます。
    しかも、教育費用を負担できる親でないと受験するのが難しく、しかも浪人しまくりでおかしくなる人もいます。

    あと、貴重な頭脳が特定の分野に片寄りますね。中国では文系の人が優遇され、科学知識に乏しいことになった。
    医学部では医療の質の向上って意味ではいいのかもしれませんが。

    0

    1. 司法試験、会計士試験が崩壊してから医者って唯一無二の存在、最低保証のある職になったので、人材が固まりすぎるのはどうかと思いますけど、漠然と東大理系に行くなら、漠然と国公立医学部に行く方が安全なのは間違いないんですよね。多額の税金が投入されていることを思うと、漠然と進学して欲しくないですが、こればかりは個々人の自由ですしね。

      シン

      0

  5. 知り合いに虐待されて育った人がいます。その人は両親が離婚して母親に引き取られたのですが、母親が別れた元夫をとても憎んでいて(まぁ、夫婦が離婚するのは嫌いになったから離婚するわけですから、当然、相手の事が大嫌いになってるんでしょうけど)、その憎しみをぶつけられたと言ってましたね。プラス、子供を抱えて生計を維持して行かなければならないプレッシャーなどもあったようで、そういった精神状態の悪さが、一番弱い存在である子供にぶつけられたんでしょうね。

    「お前はアイツにそっくりだ!」「何で似るんだっ!ゾッとする」などの暴言、殴る蹴るの暴行、タバコの火をつけられそうになるなどの脅迫にさらされたと聞き、かなり壮絶な内容でした。
    我が子なのだけれど、半分は憎き元夫の血・遺伝子で出来ているから、自分の子供として愛せる時と、元夫の分身として憎しみの対象になってしまう時があったようです。

    思春期になって反抗という形で母親に報復し、現在でも母親とはあまり良い関係ではないと言っていましたね。
    夫婦不仲というのが子供の虐待に関係してるんじゃないですかね。後は、シングルマザーの再婚で、継父による虐待など…。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です