じゃあ、実家依存症

コメント欄で盛り上がった実家依存症について記事にします。

現象

実家がある程度以上に裕福で、親の溺愛を受けて育ち、競争嫌いで、勉強、部活と真剣に取り組まずに学校を出て、仕事は実家のそばで軽い事務職なり、非正規でストレスなくして来て、結婚に至った女性が実家依存症になりやすいのだろうと思います。これ以上楽な居場所って世の中に存在しません。

夫がストレスを感じるレベルと言うのは判定困難ですけど、暇さえあれば実家に入り浸り、仕事から帰って、妻がいない、と思えば、実家に帰っていて、家族で過ごす休日すら、実家に行きたがる、些細な口論でも、即実家に帰るとなると、かなりストレスでしょう。

夫が二人で協力して、幸せな家庭を築いていこうとしているのに、妻は常に実家に目を向けて、自分たちの家を仮住まいとしか考えてないなら、ストレスにならないわけがなく、我慢にも限度があります。

それでも、実質的に婿養子で、妻の実家に無料で住んでいたり、妻の実家の援助で家を買っているなら、まだ、我慢もしますが、金は出さないが、口は出す、と援助もせず、常に実家のそばに夫名義のローンを組ませてる、となると、もはや奴隷です。

社会

結婚が家同士の繋がりであった時代は一度嫁いだ妻は他家の人間になった、とみなされて、用事がなければ、実家に帰ることは認められませんでした。夫側、妻側、どちらからも嫁いだ妻が実家に頻繁に帰ることはいい顔をされなかったんですよ。

現在だと、妻側の両親が娘可愛さに、娘を嫁に出して、他家の人間になったとは全く思わず、手元に置いておこうと、積極的に帰ってくることを支援するのですから、何もかも自分たちでやらなければならない自分たちの家より、居心地の良い実家を好むのは当然です。

男性は家を継ぐ、という意識が希薄になり、実家と疎遠な人も珍しくありません。地元に仕事がなく、守るべき財産もなく、別の場所で仕事を見つけたら、両親と仲が悪くなくとも、たまに連絡取ったり、盆、正月くらいしか帰らなくなります。それすら、しない人もそう珍しくありません。

その組み合わせで結婚に至ると、男性は家を出て、実家から離れた場所で働いていて、男性の行動範囲内で実家暮らしをする女性と知り合って結婚する、自然と女性は実家そばにアパートを借りたがり、男性も通勤に不便でないなら、それを了承する。

多くの女性は出産を実家でして、子供が産まれて、手がかかるようになると、実家に助けてもらうようになり、実家依存が激しくなり、実家そばに家を買わせたら、子供とローンを盾にして、夫をATMとして支配することに成功、と言う形になります。

夫が叱ると、子供を盾にして、自己正当化したり、離婚すれば、子供に会えなくなる、と脅して自己正当化をし、ローンの重圧、売却して、借金が残った時の虚しさから逃れようと、妻の言い分を飲み込んで、我慢に我慢を重ねることになります。

改心

この手の女性はまず改心はしないです。夫以外に叱る人もいないので、夫のワガママで、自分の自由が制限されている、被害者だとすら思っているので、夫に叱られたら、不貞腐れて、ダンマリ、不機嫌になり、夫が折れるのを待つだけです。

両親は娘可愛さに実家依存を叱ることなんてありませんし、むしろ、娘の肩を持って、夫を非難しますし、友達も似たような実家依存なので、同調して来ます。元々、女性は共感してくれる人しかそばに置きたがらないので、冷静になる場がないのです。

自分は実家に入り浸っているのに、夫の実家に顔を出すのも嫌がる女性はそう珍しくもないですが、当たり前と言えば当たり前で、嫁姑問題は古今東西、永遠のテーマなので、嫁と姑はお互いに嫌うものの、適当に上手くやるのがお互いの義務ですけど、それがなかなか出来ないものです。

その意味では明らかに実家依存の気がある女性と結婚してしまった男性に責任がある、と言ってもいいのかもしれません。世間一般で結婚したなら、うまくやるために我慢しなければならないことを我慢するつもりがない人なのです。だから、実家依存を悪いことだと全く思ってない人を変えるのはほとんど不可能なので、実家依存を認めないなら、結婚すべきではありませんでした。

中毒はなんでもそうですが、本人の自覚があり、治す気がなければ、周りがどれだけ手を尽くして、一時的に治ったように思えても、時間の問題で再発します。特に依存物が近くにあれば、折を見て手を出し、徐々にタガが外れていくものです。

まとめ

妻の実家依存症に悩んでいる男性は多いと思うのですが、妻のDVと同様にマスコミはあまり取り上げません。女性を非難するような論調は許されない、という世相もあり、女性がワガママを突き通すのを支援しているところもあります。

また、女性は相談する時、ほとんどか自分に共感してくれそうな人も、場所を選んで、相談するので、同じ考えの女性が現れて共感し出すし、たまにある諭す意見はろくに聞きません。それはオンライン、オフラインどちらも同じです。

妻を諭せるのは妻の親しかいませんが、その親が溺愛して、全肯定するんだから、もうどうしようもありません。だから、男性は結婚前は両目を開いて、女性の資質を見極めて、結婚したら、片目つぶって、寛容になるしかないのでしょう。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、実家依存症” への 28 件のフィードバック

  1. 娘には、甘いお父さん多いですよね。
    知り合いの女性もフリーターでジャニーズの追っかけやって実家生活で親に何も言われない、できない人がいます。
    おそらく不安はないのだろうと思いますし、親も何も言わないんだろうなと思います。
    私も昔、オヤジに殴られたことありますが娘にはしないですからね。

    暇なときに、遊びにいったときにご飯くらいご馳走する私も含めていけないんだろうけど。

    1. 社会全体が女性には寛容で、部下にはパワハラする親父も家では娘を溺愛して、至れり尽くせりだったりしますからね。息子がだらしなければ殴ってでも教育的指導をしても、娘を殴って指導する父親はほとんどゼロです。そうなってくると、娘は何の不満、不安もなく、好き勝手、言いたい放題になるのでしょう。

      シン

  2. 実家依存になりがちな女性ですが、
    ある程度は仕方ないとして、
    どのようなことをすれば男性に寛容にみてもらえるのか常に考えて行動で示すべきですね。
    相手のメリットを読む能力は大切ですね。

    1. 程度の問題なので、夫が仕事に行っている時にしか実家に行かない、喧嘩の逃げ場として実家を使わない、とかルールさえ決まれば、ある程度の実家依存は夫に大目に見てもらえる、と思います。相手の気持ちを読むのも大事ですよ。

      シン

  3. 両親が娘を溺愛して家事手伝いや非正規雇用で生活させるのはいいんですが、そのツケは誰が払うのかが不明ですよね。
    両親の介護要員で責任取るならいいんですが嫁に出せばいいからと甘やかすとろくなことにならないですよね。

    1. 多少裕福、というくらいではなく、遊んで暮らせる資産を娘に残してやれるなら、結婚するにしても、独身にしろ、いいんではないか?、と思いますが、そこまでのことはしてやれないなら、もっと厳しく育てた方がいいでしょう。

      これは息子も同じですけど、娘だと、別問題になるのは嫁にいけばいい、と思っているからでしょう。でも、現実の未婚率、離婚率はどんどん上がっているので、そんなに安易に考えていても、ドツボにはまります。

      シン

  4. シンさん
    記事にしていただきありがとうございます。うちの嫁の状況をお伝えさせていただきます。もしかしたらうちはまだマシな方かもしれませんが、同様な問題で悩んでいる方のお役に立てればと思います。
    年齢39、結婚5年目、子ども2歳、大学院卒、理学療法士(大学病院勤務)、職場まで車で10分(わたしは電車で1時間)、実家まで車で1時間、実家に帰るのは毎週金曜日の夜から日曜日の昼まで(今後はわたしがいないときしか帰らないと約束してますが。。)、わたしの実家には正月に行くのみ、実家からの経済的援助なし(むしろ小遣い渡してます)、わたしと嫁の家計負担割合は6:4、わたしの家事貢献は子どもの風呂・風呂掃除・嫁が会議などで遅い時の子どもの送り迎え・ゴミ出し、という状況です。毎週末帰るのは片目つぶって許せてましたが、さすがに年末年始を一人で過ごす(今回は仕事で私の実家に帰れませんでした。代わりに嫁は私を置いて子どもと実家に帰りました)のには我慢できませんでした。嫁の実家はシンさんがおっしゃる通り帰ってくるのが当たり前、何を言ってるんだという態度です。。親を見てから結婚すればよかったとつくづく後悔しています。長文失礼しました。

    1. 世間一般から言って、ありえないレベルの悪妻と言うわけではなさそうです。少なくとも半分近く家計負担し、家事のほとんどを担っているなら、上々ですし、実家依存がなければ、しののいさんがもっと家事をした方がいいくらいです。(奥さんの職場に合わせて、通勤時間が違うので、こんなものかもしれません。)

      ただ、毎週実家に帰るのはキツイですよ。要は休日な家族の時間がまったくないわけで、正月に夫の実家に帰れないので、夫を置いて自分の実家に帰る、と言うのはやりすぎです。半日みんなで妻の実家に挨拶に行って、後は家で過ごせばいいでしょう。

      状況だけ見れば、割とまともそうな奥さんなので、きちんとルールを決めれば、上手くやれそうな気もします。

      いかれた人は専業主婦で育児疲れが、と言い出して、家事分担の要求、好きな時に実家に帰るならのは当たり前だとか平気で言いますからね。

      シン

  5. こんにちは シンさん

     意味がわからないのですが、なんで旦那さんが居るときに実家に帰るんでしょうか?私の感覚では、ワンオペの育児がきついから旦那さんが居ないときに実家に帰る・もしくは病気のときに一緒に見る・もしくは旦那さんとのデートのときに赤ちゃんを預けるというイメージが有るんですが・・・・??? 私だけ?

     

    1. うーん、それを私に聞かれてもわかりません。私もへろさんと同じように夫がいるときに実家にやたら帰る意味がわかりません。多分、子供の面倒を親に見てもらって、ダラダラしたいのでは?

      シン

      1. シンさん
        コメントありがとうございました。
        おっしゃる通り私もありえないレベルとまではいかないと思い、やり直しを決意しました。
        旦那がいても実家に帰るのはストレス発散だそうです。。私も意味がわからず本人に聞いたところ、「あなただって仕事の付き合いて言って飲みに行くでしょ?だったら私だってストレス発散に実家でのんびりさせてよ!」とキレられました。。
        シンさんの過去の記事通り、女性カーストのためか嫁には友人がおらず、母親と姉妹が唯一の友人です。そのため実家に帰れば母と嫁いだのに家にいる姉がおり、話し相手になるからのようです。ちなみに私は仕事の付き合いで飲みに行くことは会っても友人とは飲みに行っていません。仕事のお酒はそんなにストレス発散にならないのですが、そこは性別の違いなのか仕事と言って遊んでるだけだみたいな捉え方です。まあ両親が事あるごとに帰ってこいと言い、姉が実家に居座っている(夫は家を持っていてその家に両親がいます。姉は子どもと自分の実家から出ないので姉の夫は自分の家と姉の家を往復しています。距離は車で2時間くらいなので週の半分ずつくらい双方の家にいるようです。)状況を見てれば週末くらいはと思うのかもしれません。

        1. 話を聞く限りでは奥さんの両親がかなり非常識な人たちみたいです。このままでは奥さんも時間の問題でお姉さんのように実家に完全に居ついてしまいます。早くルールを決めて、非常識なことをしていることを理解させないと、本当に離婚するしかストレスから解放されなくなりますよ。

          毅然とした態度を崩さないで、記録を残しながら、取り組んでください。

          シン

          1. シンさん
            アドバイスありがとうございます。ルールは私のいるときは実家に帰らないというものなのでシンプルです。これを毅然とした態度で守らせるように取り組みます。
            それからお恥ずかしい話ですが夫婦関係が冷えていたからか夜の生活も全くありません。女性はそれがあるかないかで変わってくるように思います。男のように自分で処理するわけにはいかないようで。とはいえそっちの相性がよくないとこちらもその気になれません。。それを考えると同棲してから結婚するというのは避妊にさえ気をつければ合理的(昼と夜両方の相性を試せます)なのではと思いました。

          2. 小さな子供がいて、週末は実家に帰ってしまうなら、夜の生活はほとんど無理ですから、物理的、心理的に距離が出てしまいます。むしろ、月一で子供を実家に預けて、二人だけの時間を楽しんだらどうでしょうか?少し雰囲気のあるレストランに行って、お金に余裕があれば、小綺麗なホテルに泊まって、夜の生活をしっかりするのも良いです。

            特にしののいさん達は過去にそういう恋人期間がほとんどなかったでしょうから、これから、恋人として、関係作りして、親よりも夫を大事に思う部分が少しでも生まれるような取り組みもあるかもしれません。

            歩み寄れる余地がありそうなので、腹割って話し、縁あって一緒になったのだから、単なる利害関係の一致だけから、信頼関係を築こう、と提案したらいいでしょう。それで響かず、鼻で笑うようなら、それ以上の努力は無駄です。

            シン

        2. ご心労お察します。

          結婚5年目が離婚の最大の危機らしいので、今がそのときかもしれません。
          もしかしたらこれを乗り越えると、うまくやっていけるのかもとしれませんね。

          女性が外で働くと仕事より人間関係にストレスを感じるそうで、
          もしかしたら配慮が必要なのかもとは思いました。

          この際、お互いの不満を吐き出してみるとよいのかもしれません。

          夫婦は元々他人同士のわけですし、お互い考えが相容れない部分は出てくると思います。
          冷静に話し合って、解決策を見出せるとよいですね。

          私でしたら女性に都合の悪いことを言ったときに話し合いにならず、キレられたり、不機嫌になって口を聞いてくれないような態度がずっと続くのは耐えられないし、
          続けられないと思ってしまいます。
          少しぐらいでしたら女性のヒステリックが出たなぐらいで何も思わないですけどね。
          あと、女性の「言わなくても察して」といのも嫌いで、まったく察することができないので「はっきり言って」といいますね。

          しののいさんのケースがどうすべきかは夫婦間にしかわからないとは思いますが、
          もし夫婦が険悪な状態がずっと続くと子供にも悪影響があるのではと思ってしまいます。

          2才のお子様はかわいいさかりだと思いますので、子育てを通じて夫婦の絆が深まるとよいのですが。

  6. 結婚生活はつくづく修行ですね。私は妻がヒステリー起こしたくらいでは眉ひとつ動かしませんし、割れたお皿を片付けながら大丈夫?怪我はなかった?と笑顔で言えるほどの精神統一が可能になりました。即身仏に近づいて来ました…

    1. もはや、涅槃の域に達しましたね。素晴らしいです。確かに結婚とは神が男性に与えた修行なのかもしれません。。。

      シン

      1. 神が男性に与えた修行という例えは面白いですね。

        修行(仕事や家庭)をさぼると、嫁は不機嫌な鬼嫁となり、一生懸命頑張ると女神となるのかもしれませんw

  7. しののいさん
    こんばんは。一度腹を割って、そもそも奥さんにとって結婚の目的って何だったのかを確認してみてはどうですか?しののいさんのことを結婚当初は本当に好きでずっと一緒にいたくて結婚したのか、とりあえず子供が欲しかったのか、誰かの妻という社会的ステータスが欲しかったのか、両親にお金が無くなった時のセーフティーネットを確保したかったのか、姉さんが結婚したからとりあえず自分も結婚してみたいって思ったのか。(軋轢は生まれるかもしれないですが、正直にぶっちゃけてもらいましょう)それによって今後のお互いの身の振り方って変わってくると思うんですよ。そして、しののいさんの目的は何だったのか?それについてお互いのニーズがミスマッチしていたらずっと話は平行線となるでしょう。しののいさん自身は自分のことを好きだから結婚したと思ったのに、相手はとりあえず子供が欲しかったのならば子供を育てるのに楽な実家に入り浸るのは分かる気がします。苦しいかもしれませんが、その上でお互いの妥協点を見つけていくのが現実的な気がします。
    またコメントを見ているとお姉さんの影響を強く受けている気がします。機会があればお姉さんともお話ししてみると良いかもしれません。

    1. Yさん
      ありがとうございます。
      嫁に以前聞いたところ社会的に結婚して子どもが欲しかったそうです。私も家庭が持ちたかったので似たような理由です。
      いま流行り?の結婚相談所で出会ってのスピード婚だったので事前のリサーチ不足は反省でしかありません。

      1. しののい殿、
        結婚相談所というのは具体的にどんな場所か興味があります。
        もしよければ教えてください。

        1. ニコさん
          わたしはお見合いパーティーを使いました。その方が安かったんで。そこで意気投合して、しばらく付き合って結婚しました。いま考えれば計画性がなく無謀そのものですが、当時はそろそろ結婚しなくてはという焦りから婚活してました。

  8. しののい様の実家のご両親はどのようなお考えなのかなと気になりました。それ次第で戦略も変わってくると思います。

    他には読んでいて感じた点として、夫婦共通の目標を作って一緒に取り組めば、奥様の意識も実家からゆっくりとでも遠ざかるのではと感じました。例えば一緒にクルーズ旅行に行くなど、何でも良いと思います。

    1. Garfieldさん
      うちの実家は嫁として受け入れた以上は嫁の味方をする、というスタンスです。今回の一件もうちの母から嫁に電話をして励ましたため、嫁がやり直しを決意した次第です。

      旅行は嫁の両親または嫁の姉妹と一緒が前提だったので、今後は自分たちだけで行けるよう取り組みたいと思います。

  9. 老婆心ながら、しののいさんの奥様はアラフォーで出産されて、ほぼ一人で家事育児をされ、フルタイムで働かれているので、気力体力とも限界なのではないかと推察します。トイレトレーニング中、食事ぶちまけ期の2歳児はとにかく手がかかりますし、夜もすんなり寝ないので奥様は睡眠も満足に取れていないかもしれません。お子さんが少しでも体調を崩すとすぐお迎えコールが奥様にかかってきますし、職場では周りに迷惑をかけて、肩身の狭い思いをしているかもしれません。せめて月一くらいに、ダンナ様から、子供は僕が公園に連れて行くから、ゆっくり美容院にでも行って、美味しいランチでも食べて、一休みしておいで、と言ってもらえれば、ぐっと気持ちも楽になるのではないかと思います。

    サルと同じで小さい子の子育て中の母親はとにかく気が立っていて不機嫌です。疲れていたら冷静な話し合いは無理ですし、まずは、ゆっくりしてもらい、子育てに貢献する姿勢を見せて、気分を落ち着かせてから、ジョイントベンチャーのつもりで、家事育児の分担だけでなく、尊重や感謝の交換をする意思があるかを話し合ってみるのがよいのではないかと思いました。

    1. ラスカル母さん
      おっしゃる通りなので、せめて週末は実家でのんびり過ごすのもいいと思っています。なので今後は意識的に出張を土日に入れるなどして週末は実家で過ごせるように配慮しようと思います。とはいえ、それが実家依存を再発するきっかけになることも分かっているので悩ましいのですが。。ランチで済むならいつでも行ってきてもらいたいのですが、ランチしてくれる相手がいない(友だちは親姉妹だけ)ので困っています。

      1. しののいさんご自身が、時々子供の面倒を見てあげられると大分印象が違うと思いますよ。子育ても結婚ジョイントベンチャーの大事な目的ですし、楽しいことも共有できると、もう少し続けてみようという気になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です