じゃあ、言論封殺

私が前に書いた記事に対してコメントをもらって改めて調べてみたんですが、女性論ってやっぱり超危険な議論テーマなんですねw そりゃ、ぬるりはグーグル様に嫌われるし、女性がらみの記事ばかりがベスト10に入るわwと思いました。

じゃあ、女性脳

https://assets.documentcloud.org/documents/3914586/Googles-Ideological-Echo-Chamber.pdf

上記が例のグーグル勤務のエンジニアが解雇されたメモなんです。極めてまともなことを書いており、これで解雇になるなら、私はグーグルに絶対入れてもらえないなwと思いました。

James Damore氏

著者であるDamore氏のLinkedinを見ると、イリノイ出身で地元州立大学を出た後にステップアップを目指すためMIT、ハーバードのインターンに参加してMITでアシスタントの職を手にしハーバード修士に合格、グーグルに入社した苦労人の若者みたいです。(ありがちなパターンです。)

彼は西海岸、東海岸育ちではない田舎の人で「ポリティカリーコレクトネス」をあまり意識せずに育って「これを言うとヤバイ」という感覚を身に着かなかったのでしょう。田舎のギーク系秀才と言う空気読めない典型的白人だと思います。ギークって思ったことを平気で口にしますからね。

ハーバードはこういうことにうるさいほうですが、同じようなギーク男性に囲まれてあまり意識しなかったんでしょう。トップスクールの理系なんてアメリカでも白人、アジア人の男性だらけで、フェミニストなんてまずいません。女性がらみの発言を目くじら立てて騒ぐ女子学生がいる文系出身ならこういうことは絶対に言わないでしょう。

ちなみにJames Damore氏のLinkedinアカウントを見ているときにPeople Also Viewedに知り合いが出てきてかなりドキッとしましたw ダミーアカウントで見ているのにリアル知り合いが出るとかなり緊張感が走りますねw 本当にびっくりしました!これ以上はDamore氏の二の舞になっては困るのでコメントを控えます。

流れ

最初はグーグルのアファーマティブアクションっておかしくない?という素朴な疑問から発して上記のメモを上げて、それはほとんど無視されたようです。(多くの人はポリティカリーコレクトネスに引っかかることを察知して流したのでしょう。)このことを何人かと議論をしたみたいですが、それ以上は発展せず放置されました。

これが大事件に発展するのは社内のフェミニストが目にして怒り狂い拡散し、グーグル幹部、人事に怒りの抗議メール、突撃電話で騒ぎまくり、他のIT企業のフェミニストと共闘してDamore氏だけでなく、同意した人、好意的だった人まで攻撃対象にして手がつけられなくなりグーグル幹部も解雇を決めた、と言う流れです。

こうなったら、Damore氏は諦めて顔出して「そういう人」に徹することで賛同者からの救いを求めるしかありません。グーグルがダメなら、別のIT企業に行くぜ、ということは無理な立場になり、経営者自らがあえて助けをだしてくれる会社にしか受け入れてもらえません。

ぬるり

この流れって第2版から読者の人は知っていると思いますが、私も経験者です。普段の私の主張を読めばわかりますが、Damore氏と似たようなことを言っていますし、第2版ではもっと激しい言い方をしていたので、フェミニストの女性に目をつけられて壮絶に荒れました。

彼女に何を言っても話が振り出しに戻るので議論にはならず、私のメールアドレスに毎日抗議のメールが届き、それを無視して受信拒否するとメールアドレスを変えてすごい長文の抗議メールを送ってくる。

それが何回か続くとアンチブログを立ち上げて、私の記事を無断転載しては嫌がらせ記事を毎日上げていました。それはそれですごい執念だと感心しましたよw そして、賛同者(主にプライドをずたずたにされた文系男性)を引き連れて正義の拳を私に向けたんです。

フェミニスト団体とか、官庁のセクハラ対策室にもメールを送られたみたいですし、Damore氏とまったく同じ状況ですよ。それでも、無断転載を止めるように運営のJugemは一切動きませんでした。「当事者同士で話し合って欲しい。」と言って責任を丸投げし、ぬるりと生きるは休止に追い込まれました。最終的にはアンチ同士で抗争になり、アンチブログも休止、再開、休止と混乱を極めて収まりました。

最後はその女性が疲れ果てたのか、1年くらいでネット上に現れなくなり、今に至ります。その時の凄まじい荒れっぷりはネット上にログが残っていますし、興味がある人はその辺の履歴を追ってみるといいでしょう。

まとめ

例の女性はまだ見ているのでしょうか?ならず者の私もだいぶ反省して書き方を改めましたが、それでもダメでしょうか?こういう言論封殺って真の男女平等に遠のくんだと思うんですよ。違いは違いと認めて、お互いに尊重すべきです。

ともかく、Damore氏と違って、私は匿名でやっていたので実害はありませんでしたが、特定可能だったら、あらゆるリアル関係者に妨害工作をされていたでしょう。そうなれば、温利は開き直って顔出ししてメディアのインタビューを受けるくらいになっていた可能性があります。そういう意味では私はDamore氏の先輩ですw