じゃあ、成功体験

圧倒的な能力を持って生まれているならともかく、人間の違いを産むのは自信であり、自信の源となるのは成功体験です。

モテ

モテる人って、幼稚園児の頃からモテているんですよ。周りの大人から可愛い、可愛い、と言われて育ち、同年代の異性からもチヤホヤされます。それが、基礎的な自信になっていきます。

育ちの良い人に成功者が多いのは当たり前です。親に愛されて育っているし、他人と比べられて育ったのでなく、自分の個性を認められて育っているので自然に自信がつくからです。

逆に凄惨な環境で育って大成功する人は愛されて育ってない為、愛されたくて大きなリスクをとるのかもしれませんね。大成功しても卑屈な感じは変わりませんし、ほとんどが失敗しますけど。

そして、人間が動物である以上、基本的に遺伝子を残すことができるモテを避けて通ることは出来ません。アホでも異性にモテれば、周りから一目置かれますし、有能でもモテない奴は残念な感じになります。

例外はあれど、男性の原動力とはエロであり、英雄色好む、と言われるようにセックスへの飽くなき要求が行動原理になるのは仕方ない話でしょう。やりまくっている男性は余裕があり、自信を持ってます。

また、女性がどんなに成功していても見た目が悪かったり、子供がいないと、なんとなく見下されたり、コンプレックスを持つのも仕方ない話だと思います。手にした男性が社会的に評価されていると、女性本人のスペックは無視されます。

親、異性に愛されて育った人は自然体で自信があり、周りに好かれ、助けてもらえますので、成功体験を得やすいものです。反対に愛されずに育った人は捻くれていて能力があっても、突き抜けてない限りなかなか評価されません。

学歴

日本に学歴に異常に拘る人が多いのは産まれながらに持つ能力を挽回できる最大の武器だと思われているからでしょう。実際、ここ何十年かは学歴順で組織に採用されていき、序列により昇進し、終身雇用によって立場が守られていました。

実際、ほとんどの人が参加する学力競争を勝ち抜いたことは成功体験になりますし、二十歳前後の子供にとってはトップランナーとして走っていることは大きな誇りだろうと思います。

ただ、学力競争というのはキリがなく、同じ東大生でも首都圏有名進学校からスコッと現役で入学している人に負い目を感じる地方の無名公立校出身、二浪以上で入っている人は多いです。理三が、文一が、進振りが、と東大内での序列を作っていてはキリがありません。

学歴による自信というのは他人のブランドに乗っかっているだけで、自分自身が認められたわけではありませんから、拘れば、拘るほど、ドツボにハマるのでしょう。学歴に拘って周りからバカにされていることも多いですね。

社会

三十路に入って、学歴が、序列が、という人は少なくありませんが、もはや十年以上前の学力競争でどうだったとか、真面目に語るのは恥ずかしくないのだろうか?、と思います。単なる正解のある敷かれたレールを走り切っただけですよね?

社会に出れば、正解のない問いに対して試行錯誤し、目に見える成果を出してこそ成功体験になるのだと思います。先人と同じことしても成功などできませんから、違うアプローチを考える必要があります。

もちろん、ケーススタディーは大事ですが、それをどう解釈し、アイディアを出し、周りを巻き込んで資金、時間を調達し、リスクをとって踏み出し、目に見える成果を出すまでやれないなら意味がありません。

成果さえだせば、周りは否が応でも黙りますし、しょうもない事でマウント取らなくても協力的になるものです。偉そうにしていても成果がなければ、どれだけ取り繕ってもバカにされ食い物にされます。

管理

他人を管理しようとする場合、ベースとなるのは成功体験だと思います。成功体験がない管理など、どんなに理論的に正しくとも、誰も自然にいうことを聞かないので、権力を背景に無理やり聞かせるしかなくなります。

成功体験が基礎となっていない、恐怖による管理を行っても、失敗を避ける消極的な行動しか産まれず、現状維持が精一杯、右肩下がりになっていくのは当然です。

日本の公務員、大企業はこうなっていると感じますし、日本に限らず、成功体験のない管理職が当たり前の組織は単なる権威主義になっていきます。コネ、ゴマスリが横行する湿った組織ですね。

管理者、担当は求められることが違いますが、担当として成功体験のない人が管理をすることは極めて困難であり、高度に理論化された現代サッカーですら、選手として全く成果のない名監督は少数派です。

担当としてはイマイチでも管理者として有能ということもあり得ますが、であるなら、どんな小さな組織でも良いので管理者としての成果を確実に出して登っていくしかありません。

達成

最終的には達成感が人生の満足度を決めると思います。それは自分自身、自分自身がやったこと、その成果がどのくらいの人を巻き込み、経済規模になったのか、だとか、どれだけの先進性があったのか、社会貢献したのか、だろうと思います。

最初に戻りますけど、自然体の人には人が集まってきますし、ワイワイガヤガヤと面白いことが産まれるものです。そうやって産まれた成果はかけがいのないものだと思いますね。

A社のB長になりました。X億の個人資産を手にしました。Y人の異性をモノにしました。とか、そういう表面的なことは大した達成感にはならないだろうと思います。他人と比較してますから、キリがない話です。

ゴーン氏が世界的企業のサラリーマン社長として長年君臨しても、オーナー社長と比べて満足が行かず、汚職によって満足度を上げようとした結果、すべてを失ったのが好例です。

まとめ

どんな小さな達成でも良いので、自分がこれと思うことを継続し、目に見える成果を上げ、成功体験の積み上げをすることが自分の達成感を上げ、他人を動かすようになります。

A大という学歴を手にした。B社に属している。というような他人のブランドに乗っかっても、虚しさしか残らないと思いますよ。

秋山好古は「男にとって重要なのは若い頃は何がしたいのか、歳を取ってからは何をしたのか、だけだ」と言ったそうですが、その成果が端的であるほど、自信になると思いますね。

15+