じゃあ、安易な海外就職

最近めっきり減った海外就職についての記事を書きます。第1版の頃は安易な海外就職に対する警告記事がたくさんありました。改めて、海外就職を考えている人に警告したいと思います。

ダメな人

日本でくすぶった文系が日本の労働環境に嫌気がさして、シンガポールで就職しようとしに来ても、何か実になることはほとんどありません。私が知る限りでは三年以内に7-8割は夢破れて帰国、残っている人も惰性で帰らないだけで、何かを手にしたわけでもありません。

シンガポールに来て、何かをつかむ人って、日本でもいけてる人なんですよ。いけてる人がいいオファーを貰って、職場をシンガポールに変えているだけだから、上手く行くだけです。そして、いいオファーもらっても、解雇食らう人も珍しくないです。

シンガポールに限らず、日本を離れると、契約書に書いてあること以外に何の保証もありません。その組織に具体的なメリットが出さなきゃ、解雇を喰らいます。外国で外国人として尊重されるくらいの賃金を貰うなら、仕事は食うか食われるかの戦争ですよ。牙をむいて自分を守らなければ成りません。

シンガポールには労働組合はありません。日本人は作業員をできないですが、アメリカだとユニオンワーカークラスなら、解雇喰らいませんが、生活できないくらい賃金が安いです。オーストラリアなんかも同じです。その手の仕事は現地人で間に合っているので日本人が入る余地はほとんどありません。

現実

何のスキルもない文系がありつくのは日本企業、ジャパンデスクで、これは日本の悪いところ、現地の悪いところを組み合わせた最悪の職場がほとんどです。日本企業なら、駐在員に安い金でこき使われて、使い潰されますし、外資のジャパンデスクは多少マシですが、過剰サービスを望む日本人要員で、使い捨ての駒です。

最初は日本企業なら、駐在員になって、現地トップに登りつめて、日本に凱旋帰国をすることを夢見たり、外資ならアジア統括として、凱旋帰国をすることを夢見るわけです。でも、そんなのそう簡単にできるわけもなく、出来るなら、日本でくすぶってなかったと思いますよ。

最終的に現地採用日本人で固まって、駐在員、現地人の悪口なんかで管を巻く負け組どもに落ちぶれて、疲弊しきって、何のお土産もなく帰国する、というところでしょうか?そういう人たちって、仕事以前に英語もろくに話せませんし、勉強しませんから、何かできるわけもありません。

そもそも、海外に行くって言うのにたかが英語すら勉強せずに出発してしまうような人がなにか出来るわけないでしょう?あれこれ言い訳し、他人のせいにしながら、自己正当化して、あっという間に落ちぶれていくのは当然です。最低保証のない海外ならもっと下落速度も速いです。

現地

本国からの支援を受けていない移民一世として現地に根を下ろして頑張るって、かなり根性がいります。故郷に錦を飾るまでは石に齧りついても現地に止まるくらいの気持ちがなければ、その時点で負けているんです。

不法移民してでも、そこで生き抜くほどの覚悟を持った人にどうやって勝つんですか?日本の方が楽ですよね?衰えたとは言え、日本は豊かで、安全な国です。不法移民なんて、祖国は極貧、夜に外を一人で歩けば、強盗は当たり前の国出身だったりしますよ。

豊かな日本で何の技術も身につけず、安易に文系選んだアホウが現地の底辺からのし上がれるわけないです。母語でもない言葉で、外国人料金払ってる学校に行きますか?底辺労働しながら、独学、目で覚えられますか?圧倒的に楽な環境でも出来ないのにやれるわけないでしょう?そういう甘ったれた外国人は食い物にされるのが当たり前です。

まとめ

基本的に文系は駐在員以外で日本を出ない方がいいです。本当に特殊なケース以外はボロボロになるまでキツイ現実を見ることになります。同じ日本人が王侯貴族の暮らしをして、自分は見知らぬ他人とフラットシェアでなんとか生活し、まったく何の希望もなく、そこにしがみつけますか?

それが明らかに能力が違うから、待遇も違うならともかく、単なる契約条件の違いで、自分だって日本にいるときは東証一部企業の正社員で、チャンスが来るまでで待てなかったから、現地採用として飛び出してしまったなら、相当精神的に辛いと思いますよ。

当たり前ですが、本国を離れると、自分自身しか頼れるものはありません。お金があるならお客さんですが、そうでないならスキルがないと、招かざる客で嫌がられます。日本人だって、何のスキルもない外国人労働者なんて歓迎しないでしょう?

日本が嫌い、海外で頑張りたいなら、まずは日本で頑張りましょう。それが出来ないなら、行っても無駄、むしろ、失うものの方が多いことを保証します。私は別に日本、日本企業、日本の労働環境を肯定しませんが、相対的に見れば、何とか成りやすい環境だと思いますね。