じゃあ、個別株で勝つ

個別株で勝つのは至難の技なんですけど、いくつかパターンがあり、そのどれかが出来れば良いです。

割安株

かつて、バフェット氏、リンチ氏が推奨していた将来性がある会社を早いステージで買って、じっくりと待っている、というスタイルですが、現在では成り立たなくなってきています。ITによって、割安株が見つけられなくなったからです。

アルゴリズムによって、目に見える財務状況は自動的に判別してシグナルを出せるので、良い会社なのに放置されている割安株など、存在しなくなってしまったわけです。上場企業の有報を順番に読め、というような根性論はまったく通用しません。

それはバフェット氏も認めていて、人がアッというような、割安優良株はもはやありません。バフェット氏の中国投資くらいが最後のチャンスだったのだと、思います。ペトロチャイナとか、BYDみたいなチャンスはないとは言いませんが、ほぼゼロだと思います。それでも、誰も知らない割安株を見つけられるなら、勝てると思います。

タイミング

割安株がないなら、優良企業株を良いタイミングで買うしかなく、バフェット氏はこちらにシフトしてきています。経済危機、景気後退、ヒット商品の行き詰まりで市場価格が下がっているときに手を出すわけです。

リーマンショック時の金融株を持てる者の強みで有利な条件で引き受けるとか、アップルが停滞した頃を見計らって買いに走る、とか、誰でも知っている株を誰も買わない時に買うわけです。優先株の引き受けはともかく、優良企業株をタイミングを見て買うことは誰でもできます。

だったら、インデックスで良いんですよ。これはバフェット氏も言っており、特殊な条件で買えない人はインデックスを買う以上にパフォーマンスを上げる方法はない、と言っても良いでしょう。私の推奨も個別株ではなく、インデックスなのはこの為です。

博打

今のご時世、優良企業株を格安で買いたいなら未公開株しかありません。そして、その9割以上は失敗します。それでも、一つ当てれば、その失敗は取り戻せます。小さく負けて大きく勝つ、という基本中の基本を極めて正しく実践しているのが孫正義氏です。

ソフトバンクグループの勝ちはほとんどアリババから来ています。他にもヤフージャパン、ソフトバンク株式会社、ガンホー、スーパーセル、などの勝ちもありますが、アリババと比べれば、ないに等しいです。

これを買えるのは巨大資本が必要で、孫正義氏自身が未公開株市場をぶっ壊してしまっているので、プロである未公開株を専門とする投資会社が不平不満を言うくらい寡占的になっています。

これによって、大化けの期待があるスタートアップはIPOを出来るだけ遅くしてくるので、一般投資家が買える頃にはすでに割高であり、さっさとIPOしてくる会社は上場ゴールの様式美が一般的になっています。今のご時世、将来性があるなら楽に資金繰りは出来るんだから無理にIPOに行くのは自信がないからでしょうよ。

投機

後は反射神経、読みを必要とする短期の投機になります。慧眼は必要ないが、プロゲーマーみたいな能力が必要です。穴を見つけて、そこをつき、徹底的に攻めて、さっと引き揚げる判断力が必要です。ソロス氏がこのタイプですし、もっと短いパターンならBNF氏ということになります。

これもアルゴリズムの普及によって、超短期は無理になり、当のBNF氏も長めのホールドに切り替えているようですし、精度も落ちているようです。前に取り上げたクックパッドも大負け撤退のようですしね。

シグナルが出た瞬間にプロ、アマがこぞって参戦するので、出し抜くのが極めて困難になり、かなり早め、少なくとも数ヶ月前に仕込んでないと、遅いので、デイトレ、スイングトレはほぼ無理です。

まとめ

私がインデックス投資を勧める理由をご理解頂けましたでしょうか?もはや、天性の才能がない人はインデックスをモメンタム投資で買うのが無難であり、個別株で労力をかけても、インデックスのパフォーマンスを上回ることはできない。上回っても、かけた労力を上回ることはまず出来ません。

私は個別株を持っていますが、あくまで趣味であり、メインはインデックスです。せいぜい国策企業までしか手を出しません。手間の分だけ、到底勝てる気がしないからです。散々手間をかけた個別株のパフォーマンスがインデックスを少し上回るだけだと、理解した時は虚しさしか残りませんでしたw

9+