じゃあ、ソフトバンク-3

今回はスプリント、アメリカ通信業への殴り込みについて書こうと思います。

市場

現在、アメリカ通信業は元々は同じ所、ベルに源流のあるVerizon、AT&Tの二強、それに弱小がくっついたT-mobile、Sprintが続いていきます。ソフトバンクが買ったのはSprintです。業界の宿命として設備投資の為に巨額の借り入れがあり、ソフトバンクが買った当時は赤字を垂れ流していました。それをT-Mobilと一緒になって三強体制にしようとしたわけです。

オバマ政権は通信事業という社会インフラが寡占化することで、国民の負担が増えることを嫌って合併に難色を示して、孫正義氏の野望を打ち砕いたのですが、トランプ政権は内諾をしていて、T-mobileと折り合えたら当局の承認は取れそうになっています。

T-mobileとしてもSprintとの合併に反対しているわけではなく、その条件に折り合えないだけで、将来的に合併しないと、辛くなってくることは理解しており、早く合併したいなぁ、とは思ってます。前の交渉破談でも、喧嘩別れではないし、お互いにいつでも交渉再開の意思があることを両CEOは明言してます。

ただし、トランプ政権にAT&T のタイムワーナー買収が否決されており、このままだと、せっかく取り付けた内諾がひっくり返る可能性があるので、誰がどう見ても早くした方が良いのですが、孫正義氏は納得してないので何度も破談になっています。SprintのCEOは those of you know who know Masa – you can never say forever と言ってます。孫正義氏はいきなり話が変わる人だ、と言うことです。

野望

合併さえできれば、両社は設備投資を節約できて、相乗効果を発揮することは間違いなく、どんな形であってもソフトバンクが損をすることはありません。というのもソフトバンクがSprintを買ったときは日本では民主党政権による円高誘導でバーゲンセールになっており、為替だけでも得しているからです。

仮に孫正義氏がT-mobile に全面降伏しても、最悪で取得価格になるでしょうし、一般的なやり方で時価に合併で得られるだろう利益を乗せてSprint株をT-mobileに明け渡しても、数千億円はプラスになりますし、ここらで手を打っとけや、と言うのが大方の見方なんですが、孫正義氏は納得してません。経営権を手放したくないんです。

T-mobile の方がSprintより時価総額が倍以上なので、株式交換による合併だと、ソフトバンクの持分は小さくなり、連結対象から外れます。それは孫正義氏は嫌だし、T-mobileの親会社である、Deutsche Telekom も連結から外したくないので、なかなか折り合えません。

特殊な契約で、ソフトバンクが後で持分を増やすことができるとか、何かしらの経営権を得るとか、そういう形で折り合えないのか?を探っているのですが、孫正義氏は今のところ納得はしてません。会談は孫正義氏の東京の自宅でやっているくらいなので、彼が納得すれば、話は終わりでしょう。

決着

今月、2018/4に合併交渉が再スタートしたらしく、いい加減、何かしらの形で決着するだろう、と見られています。これ以上放置すると、2020年にアメリカ大統領選挙があり、徐々にホワイトハウスは忙しくなってきて、認可が後回しになる。トランプ大統領が負けたら、白紙に戻ってしまうからです。

更に5Gの電波使用領域を入札が11月に始まるので、ここまでに合併するなら合意してないと、また、合併交渉が中断になってしまいます。ここ数ヶ月で決着させないと、次世代通信システムに向けての準備が出来なくなってしまいます。

孫正義氏が折れるのか?ドイツサイドが折れるのか?折衷案に持ち込むのか?なんとも言えませんが、こういうケースで孫正義氏が折れた記憶がなく、バカ高いオファーをしてでも買って来てしまうのが孫正義氏のやり方です。

となると、更なる借金ということになりますが、ソフトバンクの通信部門を切り離して上場、ARMの再上場をすることで、2-3兆円は作れるでしょう。あとは来年に予定されるUberの上場で一部利確するとか、ウォールマートに買われたインド、Flipkartの持分を売るか?とかでしょうか?

社債はすでに格付け会社のレーティングが低すぎて更なる発行は難しく、借り換え発行以外はちょっとなぁ、という感じですし、日本の銀行ももういっぱいいっぱいだろうと思いますが、安倍政権でジャブジャブ流れた資金を強引に引っ張ってくるのかもしれません。日銀が日経平均のETFを買っているくらいなので、今の政策が続くならセーフかもしれませんね。

T-mobileが5兆円くらいなので、なんとか3兆円くらい現ナマを用意して、あとは株式交換でパートナーシップは継続する、というのなら購入価格でかなり譲歩をすれば、もしかしたら、ソフトバンクの経営権を維持した合併に持ち込めるのかもしれません。

まとめ

これほどスケールの大きい話の中心にいるのが、孫正義氏であり、日本の影響力低下もなんのその、一人の力で市場を変えていってます。実際、PE投資の勢力図は一人で変えてしまいました。アメリカの通信インフラを強奪して、IoT時代のプラットフォームを占拠できるのか?というステージです。

これが成功したら、ARMの半導体設計力、Nvidiaの画像処理、Uberの自動運転、配車サービスにNautoが繋がり、OneWebの衛星通信で安定した通信で提供、Boston Dynamicsのロボットがハードを製造し、 Cyberreasonがセキュリティを守ります。Sofiで学資ローンを借りて、WeWorkのオフィスで働き、Slackで報告します。お金が足りなきゃ、Kabaggeで借ります。

まぁ、全部成功したら、完全にIT帝国ですよ。孫正義氏のホラが実現して、時価総額は20兆どころか、200兆を超え、世界のソフトバンクになるでしょうね。ここまで清々しいホラを吹きまくって、大体実現してきた男に騙されたら本望かもしれませんw

13+