じゃあ、経済学部

前回、法学部について、今回は経済学部について考察を記事にします。

数学

日本では経済学部は文系分類されていますが、英語圏では数理系学部のカテゴリーに入れられることもあります。経済史を専門にするとかでない限り、数学が苦手で私立文系を選びました、と言うような人間には基礎的なことすら、理解すら出来ない分野です。事実、ノーベル経済学賞受賞者の多くが数学系学者ですし、彼らの学部での学位も数学であることが多いです。

ちなみに、設立当初はノーベル賞に経済学賞はなく、スウェーデン国立銀行の支援で登場した賞ですので、正確にはノーベル賞ではありません。経済学賞は平和賞、文学賞と同様に選考基準が曖昧です。平和賞、文学賞と比べれば、政治的要素は薄いもの、具体的にどんな形で人類に貢献したから、受賞なのか?、ということを断言しづらいです。

つまり、数学から派生した経済学を学ぶというなら、数学が大得意でなければならず、かなり限られたトップスクール以外に経済学部を設置しても、ほとんどの学生は何のことかが理解できず、誰でも理解できる、ウィキペディアでも読んでいれば、十分なことをダラダラ時間をかけて、講義して、単位与えて、卒業させるしかなくなってしまうので完全に無駄です。

非実学

ノーベル経済学賞と謳うものの、経済学者が実際のマーケットで勝てるわけではありません。その証明はとっくにされており、事実、ノーベル経済学賞受賞者二人を顧問に迎えたLTCMは破綻しました。数学、自然科学の世界では起こらない確率崩しが人間の心理状態によってマーケットでは起こってしまうからです。

投資銀行の担当者がハーバード大学で経済学を学び、トップで卒業しても、必ずしもマーケットで勝てるわけでなく、最終的には投資は自己責任でお願いします!、ということを言って顧客に勧めるしかないのです。だったら、自分で考えて投資したほうが後悔がないと思うのですが、なぜ、他人に聞いて、虎の子を吐き出すのですか?もっと言えば、自分の頭で考えれられないような頭の弱い人は投資に手を出すべきではありません。

ご立派な経歴があれば、市場で勝てるなら、自分で投資をして結果を出しファンドを募り、第二のウォーレン・バフェットになればいいので、外資系投資銀行のエリートとは言え、しがないサラリーマンやっている必要がまったくないです。年利平均二割も出せるなら、私は喜んで投資します。この辺が矛盾しているので、私は「エコノミスト」と名乗る人は詐欺師だと認定しているのです。

エリート

文系が投資会社、コンサルに就職して、顧客に助言を与えるとします。あなたはFラン経済学部卒の営業を信じて、投資したり、経営判断しようと思いますか?私なら絶対に信用しません。ブランド力のある人=正しい判断が出来る人、というわけではないですが、信用第一のアドバイザリー(助言)部門でブランドがすべてです。

非エリートの言うことを聞くとすれば、特定の分野の専門家です。仮に漁業ビジネスをやりたいなら、魚河岸の職人の言うことを真剣に聞くでしょう。仮に彼が中卒であったとしても、どんなエリートの意見より真実が隠れていると思います。どんな理論よりも、毎日、接している人の「気づき」は重要です。

理系であれば、ノンエリートであっても、専門分野では信用されますが、文系には専門がないので、ブランド力のあるエリート以外はまったく信用されません。魚河岸職人ではないですが、ニッチ技術に取り組んでいる人はエリートでない人も多いですし、別にエリートである必要もありません。その経験が何にもまして説得力になるので、着飾る意味がないのです。

私がサラリーマンなら、ともかく経歴がそれっぽい人に頼んで、失敗しても、「いやー、MIT出ていてもあんなものなんですねぇ。(苦笑)」とかで済ませるために、リスクをとりたくないです。無名でFラン卒の凄腕運用者もいるでしょうけど、失敗したら、責任取らされるので、任せたくないんですよ。この辺は口利きで飯を食っている人すべてにいえます。形のないものを売るなら、それっぽくないとダメなんです。

まとめ

12年のノーベル賞受賞となったゲーム理論、は教養としては非常の面白いですが、あくまで教養としてはであり、実際に役に立つかというと、全然役に立たないでしょう。学術として、学者が真剣に勉強するのはいいでしょうし、教養科目として大学で学ぶのもいいでしょう。しかし、ゲーム理論を専攻とした学生がノンエリートなら、いったい何をすればいいのでしょうか?まず、基本的なこと以外は理解できないのでは?

学者になりたい、と言うのでなければ、経済学部に進む意味はないでしょう。まずは、トップスクールの数理系学部でしっかりと結果を出し、どうしても学者になりたければ、博士課程に進んではどうでしょうか?結果が出ていれば、誰かがお金を出してくれるので、奨学金が取れるでしょう。そうじゃないなら、経済学部に進む理由が見出せません。

昔、親に「経済学は万能学問だ!」と言われたこと、とコメントをもらったことがありますが、どの辺りが万能なのか、私にはまったく理解できません。お金は万能ですけど、そのお金を増やすことは才能であり、人に教えてもらって出来ることではなく、わざわざ大学で学ぶようなことだとは到底思えないのですが、いかがでしょうか?