じゃあ、ボランティア

ボランティアって、良いことだと思いますが、なんかおかしなことしてない?と言いたくなることも多いです。

滅私

何は無くとも情熱があり、その熱量によって周りを巻き込んで突き進めるくらいに突き抜けているなら、やってもらったら良いです。そこまで突き抜けているなら活路は見いだせるでしょうし、助けてくれる人がいるだろうと思います。

ノブレスオブリージュとして上流階級の人が政治家するのだって、ある種の滅私奉公みたいなもので、単なる損得勘定なら財閥当主である麻生太郎氏が政治家するのはまったくバカバカしい行為だと思います。それでもすることに意味があるんだと思います。

すでに定年になって、今まで培った知識、経験を若い人、恵まれない人に伝えて、世の中に小さな貢献をするのも素晴らしいと思います。大したものはなくても、シルバー人材として簡単な仕事をするのだって、家でダラダラしているより良いに決まってます。

自分探し

でも、オイオイ、お前はボランティアなんかしている余裕あるのかよ?と聞きたくなるケースってあります。前にタイの田舎で英語を教えるボランティアをしている、とかいう若者に会ったことがありますが、そんなのは誰も得をしない自己満足だろう?と言いたくなりましたね。

中間未満の大学、文系学生が休学してタイに来ていて、ネイティブではないどころか、ノンネイティブとしても大して上手くもない英語を教えて、なんか意味あるのかよ?と言いたくなりましたね。まずは実学をやって力をつけることが先では?と言いたくなりました。

多分、就活になれば、そのボランティアをPR材料にするんですけど、そんなことを日本企業は評価するんですかね?私なら面接で仕事と関係ないことをPRして来た時点でマイナスをつけます。ランチ面接中の雑談のネタならわかりますけどね。

まずはボランティアする前にやることがあるだろうし、海外でする前に国内で実績を詰めよ!っと言いたくなります。母国ですら、まともに相手にされない人が海外に行って何ができるんでしょうか?迷惑になるだけだと思いますよ。

JICAみたいに、何のスキルもない、本人がワープアみたいな若者を集めて、発展途上国に放り込んで、税金を垂れ流して、現地人に冷たい目で見られる経験して、誰が得をするんでしょうか?税金をしゃぶってる役人、半役人の為にしかならないと思いますよ。

身の丈

ボランティアするなら、まずは身の丈に合ったことをしましょうよ。納税すれば、多少の寄附金控除枠が生まれるので、自分が納得するNPO法人に寄付ができますし、休日に無償で労働力を提供だって出来ます。そういう地味なこともしないのに、大それたことって出来るんですか?

どんなこともコツコツとやるのが一番近道になりやすいです。高貴な生まれの人だったり、ファッキューマネー作るだけの才覚があったり、突き抜けた熱量がある人なんて滅多にいるものではなく、やりたいなら、出来ることを延々とやり続けるしかないと思います。

まとめ

私も何かしらの形で社会貢献をしたいな、と考えていて、色んな道を模索しましたけど、大きな事はなかなか出来る状況にならないです。色んなしがらみで集中できないわけですよね。だったら、小さなことからするしかないなぁ、と思います。

18+