じゃあ、興味深い人

私が興味を持つタイプの人を記したいと思います。

信念

考え方の違いはあっても信念がある人は興味が湧きます。後藤忠政さん、野村秋介さんを取り上げましたが、私はヤクザ、右翼ではありませんし、なろうと思ったこともない、シンパでもありませんが、彼らの信念、筋の通し方はかっこいいと思いますし興味が湧きます。

一般人でも自分の考えを自分なりに語る人は好きですし尊敬します。ぬるり読者さんも自分なりの考え方を率直に語ってくれる人は大歓迎ですし、私の勉強になるので有難い存在です。それって、頭が良い、知識がある、とかでなくて、自分なりに遂行した結果を意見としていっているなら、何でも尊いです。

逆に誰かがそういっているとか、自分なりに消化もしていない他人の受け売りなんかを偉そうに講釈する人間は大嫌いで、他人の目を気にしたり、世間体から、本音を隠して無難なことしか言わない人はつまらないです。私は持論でなく他人の目で行動指標を決める、個の力が弱い人間って大嫌いです。

人に嫌われたくないとか、傷つきたくないとか、言うなら死んだらいいですよ。それ以外に解決方法はありません。死にたくない、この世に未練があるなら、嫌われてなんぼ、傷ついてなんぼです。それ以外で凡人がどうやって自分の意思を示して、存在価値を証明できるんですか?

才能

才能のある人はやはり魅力的です。そして、才能のある人はクズも多くて、私の好きな金子光晴も相当なクズですし、石原莞爾、辻政信に至っては善悪すら判断できないくらい大きな才能を持っていて、私の心を引き付けます。人間的にはどうかと思いますが、日本電産、永守会長もやはり天才なので気になります。

天から才能を与えられた人は能力のバランスが崩れているというか、凡人には訳わからない人が多いです。才能がなければ単なる狂人として誰からも相手にされないのでしょうが、才能があるので時間の問題で世の中に出てくるんですよ。総合的に与えられた点数を一能力に全振りしているんでしょうね。

私は天才でもないし才能もないですが、そこそこクズだという自覚はあります。自覚のあるクズはさほど突き抜けていないので世の中から大して相手にされません。だから、才能のある人には憧れがあります。嫉妬をするほど、同じところに立っていないので単に羨ましいですね。

性的

ほとんどの男性は「女体は好きだが女は嫌い。」という本音を持っていて、それをぶちまけるか、ぶちまけないか、だけの違いしかありません。若い女性は相当ウザイですし、調子に乗っていますが、それでも男性は欲情するので彼女達に媚を売って女体を味わえないかと試行錯誤します。

極端な女好きの男性でも性欲を失ったら女性に興味がなくなると思います。ほとんどの女性は多かれ少なかれ平均的で極端ではないですし自分の意見を強く主張もしないので、性欲を抜いたら面白い存在ではなく趣味も違うので相手にはしないでしょうね。多くの場合、女性の話は山も落ちもないのでつまらないです。

この性的興味が男性を突き動かす原動力で性的不能者はかなり歪むといいます。勉強する、仕事する、オシャレをする、など男性の行動様式はどうやって女体を手に入れるかだけを基準にして決定されますから、女体が手に入らないと諦めてしまうと、極端にだらしなくなってしまうんですね。

だから、男性は多かれ少なかれ性格はクソでも、若くてキレイな女性は興味があると思います。だから、ある種、若い女性はそれだけで財産を持っているのと同じことで、お金持ちに詐欺師が群がってくるように若い女性には若者から老人まで群がるのです。甘い蜜に群がるありと同じです。

まとめ

と言うわけで私が興味を持つタイプを記しました。別に天才じゃなくていいので、信念が垣間見えるような人が自分の意見を言うなら、多かれ少なかれ興味が出てきますし、それはオンライン、オフライン、有名、無名は関係ないです。逆に読者さんから、温利は厚顔無恥だが勢いよく自分の意見を言うからな、と言う程度に興味を持ってもらえれば十分です。そういうスタンスで生きています。

人間として生きているからには他人の興味を引き付けたいですし、他人の興味を引きたいなら「個の力」を磨くしかないだと思いますよ。そうでなく、お金、性をちらつかせて悪人を寄せ付けても、騙されて痛い目に会い、人間不信に成るだけだろうと思います。自分はこうなんだ、といえるようにしたいものです。

0