じゃあ、就活アドバイス

就活アドバイスについて読者さんから非常に良いコメントをいただきましたので、少し編集して、記事にして、皆さんと共有したいと思います。

したいこと

まず、他人からどう見られるではなく、自分はどうしたいのかにこだわることが重要です。何かを成し遂げる、何かを発見する、何かを発信するために目立つというの行為が本来はある種の手段であったはずなのですが、目立つことが目的化してしまうと苦しくなってしまうのでしょう。

例えば、歌を歌って注目されるのではなく、歌を歌うことに幸せを見いだす。それがぬるり的な生き方な訳で、注目されること、お金を得ることを目的に据えてしまうと最後は歌を歌うことがつまらなくなってしまうでしょう。

そうした意味で就職活動をするときに自分は社会に対して能動的にどんな働きかけをしたら幸せなんだろうというアプローチをしていれば良かったのかなって思います。目立つこと(他人からの称賛)も、お金をもらうことも社会からの受動的な行為であり、受け取るという側面で進路選択をするべきではないと自戒を込めて感じました。

悪い例

数年前に大学生の就活の相談をしたときの体験談を書きます。

ある学生は英語を使って仕事をしたいと言っていた人がいました。そこで私は英語って一つの手段ですよね。英語を使って何をやりたいかが重要なんじゃないですかとアドバイスをしました。おそらく英語を使って白人と話して、国際人っぽく振舞っている自分像(ある種の他人からの称賛)に憧れていたのだと思います。

また別の学生は海外営業がやりたいと言ってしました。そこで海外ってアメリカ、イギリス、フランスみたいな欧米先進国だけじゃないですよ。治安、衛生状態が悪い、途上国に赴任する可能性もありますが大丈夫ですかと質問しました。そうしたときに、明快な回答が得られませんでした。(欧米のおしゃれな風景の中でさっそうとビジネススーツで歩く自分に憧れていたのでしょうか?)

さらに別の学生は会社で働きながら、資金援助をしてもらって税理士とか公認会計士の資格を取得してキャリアアップをしたいと言っていました。

何人かの学生の相談にのっているうちに社会人というお金をもらう立場になるのに、それ以前のお金をもらうためのアクションについて何も語れない人が多く、本当に辟易してしまったのでした。(受動的な側面からしかキャリアプランを語れないのでした。)

良い例

そうした中で、私はトイレが大好きなんですっていう学生に出会い、心を揺さぶられたのでした。その彼女はトイレという日常生活の中で必ず訪れる空間を楽しいものにして、人々の毎日の生活の質を向上したいという強い思いを述べていました。

確かにトイレが好きっていう趣向はエキセントリックではありましたが、自分が何が好きかといういう軸が明確になっているし、社会に対する能動的なアプローチが存在している。この人の相談には真剣に向き合おうと思ったのでした。

私のアドバイスが微力ながら役に立ったのか分かりませんが、無事にTOTOかINAXといった衛生陶器業界に就職していった筈です。そしておそらく、毎日を充実させながら仕事に向き合っていると思います。

まとめ

悪い例は自分のやりたいことが明確でなく、他人にどうみられるか?、が目的になってしまっており、自分のイメージ通りにカッコいい仕事ができないと、それで嫌になってしまいます。今までの人生をスムーズに過ごすことができた人は特に理想と現実のギャップに苦しむことになります。ほとんどの人は泥臭いことをしながら、何とか仕事をこなしていくことになるからです。

そうじゃなくて、良い例のように軸を明確にして、自分は何が好きで、何をやっていれば、嫌なことがあっても、乗り越えられるか?、が理解できているなら、ぶれずにやっていけます。気の乗らない仕事、嫌な上司、顧客にあたっても、好きだという気持ちがあるなら、やっていけると思います。たとえ、その会社を辞める、転職するにしても、前向きな気持ちで新しいことに挑戦できるだろうと思います。

私がぬるりと生きる、と言い続けてきたことはこういうことであり、読者さんからこんな風にうまくまとめてもらえたことを光栄に思います。学歴ランキングだ、就職偏差値だ、とか、そんな馬鹿なことを気にするのは本当に時間の無駄です。そんなことを考える時間があったら、もっと自分と向き合って、好きなことを突き詰めるべきだと思います。

1+