じゃあ、役人根性

日本を巣食う病として役人根性が挙げられます。誰も責任を取らないし、効率、精度を無視して前例に拘ります。全く意味のないことには異常にこだわるのに、極めて重要なことは記録は残ってません。また、他人のすることに文句ばかりつけて、対案を出さない人ばかりになり、何の議論にもなりません。結果、何も産まない無駄な時間だけが必要になります。

官>民

私が知る限りで官が民より偉そうにしている国はありません。民主主義の国では政治家が全てを決めてしまうので、ろくに権限のない存在ですし、独裁国家では政治家、役人は同じです。

日本では若者の夢が公務員であり、政治家でも、官僚ですらありません。それが、使命感を負う国防なら理解できますが、たかが小役人になる為にお金を払い、予備校に通っている不思議な国です。

小役人になったら、役人根性丸出しで、何の意味もない些細なルールにこだわり、ルールだというお題目を声だかに叫び、延々とやり直しをさせることにやりがいを持つ、カス人間になることが夢だという国です。

全く人材の流動性がないので、あれこれ理由をつけて仕事を受け付けない人間が評価され、仕事をしているフリをする人間が出世する組織です。そして、民間企業にも社内官僚がいて、同じようにしていますね。

本筋と関係ない雑用をすること、文句を言うことがエリートだと考え、現場で汗をかいたり、前に進む為にリスクをとったり、恥をかくことをカッコ悪いとすら考えるようになったら、もう新しいものはうまれません。

ルール

日本人って、良くも悪くもルールを守ります。コロナでは単に政府が自粛しろ、というだけで、一定の効果を出したのは凄い民度だと思います。その一方で、上から命令されると自分の頭で考えることをやめてしまいます。

コロナ自粛みたいに一定の効果を期待できるときにルールを守ることは良いと思いますよ。でも、そのルールにまったく合理性がない場合でも、責任回避のためにルール遵守を突き通そうとします。

ルールとは最大成果を上げるために作られるべきですが、日本では責任回避の為に無駄に細かく設定されます。そんなのどうでも良いだろう?と言いたくなることをルールだから、と遵守を求め出します。

逆にルールさえ守っていれば、合理性のないことも通ってしまいますので、全く統一感のない意思決定が延々と繰り返され、課題の先送りをしていきます。その場凌ぎで、前例に沿って進めてしまうんですね。

自粛警察って、この役人根性だな、と思いますし、自粛警察行為で逮捕されたのが小役人だったのは、そうだろうなぁ、と思います。普段から自分勝手な正義感を振りかざして市民に高圧的に接していたんでしょう。

記録

日本人の書類好きって、どこから来ているんでしょうね?単に情報が伝達されれば良いことを紙媒体にしたがるし、判子に異常にこだわるし、ファックスが当たり前に使われています。

その癖、議事録も残ってない会議を普通にしますし、あれも、これも、何の記録も残ってません、ということが本当に多いです。これも責任回避の為なんでしょう。重要な決定すら誰が出席し、どのような議論をし、誰がどういう決定をした、とすら記録しません。

結果、何の根拠にもならない無駄な書類がハードコピーで残り、過去の記録を追うだけでも膨大な時間が必要になり、有耶無耶になってしまいます。そうすると、きちんも記録を取っている方に食い物にされてしまいます。

アングロサクソンが世界制覇をしたのは合理的なルールを設定し、記録を時系列にして残し、重要な案件を論理的に自己の利益を主張出来るノウハウがあることだと言っても良いでしょう。

意外なんですが、アングロサクソンはルール好き、記録好きは融通がききます。誰も損しない、不正の可能性がない場合はそんなのはどうでも良いとして、流してしまいます。アメリカ人は特にそうですね。

まとめ

いつから日本は役人根性が蔓延る国になったのでしょうか?高橋是清の自伝を読むと、筋の通らない決定に反発して何度も役人をやめては戻ってきているくらい緩い国だったみたいです。理があれば、割と意見が通ったとも書いてます。

今の日本は全く理の通らないルールが幅を利かせているのに、血税を投入するという重要な決定には議事録も残ってないし、有耶無耶に発注業者が決まって、丸投げしていても全く問題ありません。

芸能人の不倫だとか、は真剣になって追いかけるのに、巨額の血税が特定企業に注入される合理的理由を誰もが言わないし、問い質そうともしません。もう、日本の何に希望を持って良いのかわからなくなりますね。

22+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、役人根性」への23件のフィードバック

  1. 植木等がサラリーマンは気楽な稼業ときたもんだっと歌った頃には責任感が無いことが持て囃され同調圧力と他人の目ばかり気にする人が増えたからでしょうか?日本民族としての優れた部分よりも今は駄目な部分が世界的には足枷となって成長性が無いのかと思う。若者のチャレンジスピリッツも内向きで自己満足方向に開花させてると思う。

    1+
  2. まあ役人優位というか官僚的社会体制ですね、日本は。
    日本に限らず、共産・社会主義体制国家も似たような感じがしますが。。。

    一方で小役人に憧れてる大学生って、私大文系の一部しか見たことありませんねえ。
    当方大学生ですが、役人への憧憬を持つ学生って、そもそも待遇のいい民間には箸にも棒にも掛からない人しかみたことないです(因みにこの手の学生は早慶レベルでも普通にいます)。
    一定レベル以上の機電情の学生なら、ほとんどが公務員より待遇のいい民間企業(メーカーに限らず)に入れますし、高学歴(東大等)+リア充みたいな学生なら、所謂華やかな業界(総合商社、外銀、外コンやら笑)にとりあえずは就職できますし。

    官民問わず、日本が衰退すればするほど、小役人=社会のぜい肉は死に絶えていくだけだと思います。
    役人の待遇悪化は必至ですし、民間でも解雇規制の緩和なんで権力者は喉から手が出るくらいやりたいでしょーからね。
    そうなれば民間の社内官僚も消滅するのでは?
    社内官僚を切れない会社は、会社ごと消滅するから同じですね笑。

    逆に言えば、日本はまだ世界三位の経済大国で余裕があるってことなんでしょう。
    コロナへの対応を見てても、社会が崩壊気味な欧米と比較すると、企業レベルはともかくとして、社会全体の余裕は日本の方がありそうです。
    トヨタ社長、中西経団連会長の発言をみても、この社会を維持していくのは困難なので、これから鬼のように衰退していくでしょう。
    まあ利発な若い人はそこら辺理解しているので、小役人になりたがるのはバカしかいないってことです笑。

    0
    1. >まあ役人優位というか官僚的社会体制ですね、日本は。日本に限らず、共産・社会主義体制国家も似たような感じがしますが。。。

      どう言う意味ですか?共産国家は官僚=政治家であるだけでなく、事実上、選挙もなく、採用試験もないコネ社会です。それと、どのように日本が同じですか?日本では採用試験があり、政治家には選挙で勝たないとなれません。

      政治家が権力者なのはどこの国も同じですが、たかが官僚が幅を利かせている国は見たことありません。アメリカも官僚は事務方でしかなく、上の方は民間採用です。

      とは言え、官僚になっても下々に偉そうに出来るくらいで、ろくに権限もなく、大した待遇でもないです。間違っても上級国民なんかではない、全くの庶民だと思いますよ。そこにコメントしているDさんが一番よく知ってます。

      >まあ利発な若い人はそこら辺理解しているので、小役人になりたがるのはバカしかいないってことです笑。

      バカな若者であれ、小役人になるのが夢の国に期待するのは無駄だな、と思いますね。

      シン

      2+
      1. >どう言う意味ですか?共産国家は官僚=政治家であるだけでなく、事実上、選挙もなく、採用試験もないコネ社会です。それと、どのように日本が同じですか?日本では採用試験があり、政治家には選挙で勝たないとなれません。

        共産国家並の非効率性って意味ですよ笑
        あと、歴史的に日本含め東アジアにおいて役人中心の社会だったという背景もあります。
        (まあ江戸時代でも、小役人程度と比較したら、成功した商人の方がよほど金持ちだったでしょうけど)。
        どう転んでも、現代日本の役人も政治家も、生まれが上級の一部を除いたら、待遇が悪い(かつ更に悪化する)職業でしかないです。
        東大法→財務省みたいなエリートコース(とされていた)ですら、旨味はほぼ無でしょう。

        >バカな若者であれ、小役人になるのが夢の国に期待するのは無駄だな、と思いますね。
        まあ成長率が低い以上、取り柄のない文系学生は小役人ぐらいしか目指す道がないですからね笑
        役人根性とか日本の文化というより、衰退期に入った国の必然的反応ですね。

        所謂文系陰キャ(文系8~9割)は高学歴でも就活で詰みますし、数少ない陽キャも総合商社にでも入るエリートか金融で結果を出せる極一部のサイコパス以外は、優良企業に入ってもキャリアで詰むんで、どうしようもないんですね。
        まあそういう点で役人になりたがる心情は理解可能です笑、行き場がない訳ですから。

        まあ、日本で役人になりたがる低いレベルの人間は、アメリカだったら、奨学金塗れでインセル化或いは暴徒化・テロリスト化する可能性すらあるので、低レベルの人間が低レベルで生活していくには日本も悪くはないかもしれません笑

        1+
        1. >共産国家並の非効率性って意味ですよ笑

          それはそうですね。東アジアには科挙、儒教文化があり、ひたすら暗記で実践はしない、という風潮があります。結果、アホみたいなルールに拘って、文句だけつける小役人を量産することになります。

          >東大法→財務省みたいなエリートコース(とされていた)ですら、旨味はほぼ無でしょう。

          待遇を良くしたり、若い人に権限を与えるには採用人数が多すぎるんですよ。旨味は国費留学くらいのもので、あとはバカみたいなことをさせられて、使い潰されるだけです。

          >役人根性とか日本の文化というより、衰退期に入った国の必然的反応ですね。

          衰退期に入った欧州でも、若者が小役人に希望を持っていると言うのは聞いたことありません。幕末のようにもう少し荒れると違うのかもしれませんね。

          シン

          1+
  3. 私が知る限り、日本の警察官ほど腰が低い警察官を見たことないです。アメリカを含め、どこの国も警察官は偉そうにしています。
    アメリカでは警察への反発が高まった結果、BLM運動が起きて警察を解体するかどうかという話になっているくらいですから。

    そういえば、アメリカのBLM運動については記事にしないんですか?
    世界的にはコロナよりそっちの方が関心事になってきていますけど。

    3+
    1. 日本の国防公務員はしっかりしていると思いますよ。小役人がダメすぎる。官僚も使い潰されていると思いますね。

      特に興味ないです。アメリカの有色人種差別なんて今に始まったことじゃないし、よくある事件です。むしろ、コロナの影響で大ごとになっているのだと思います。

      シン

      6+
      1. 最近の世界の動きを見ると、アメリカはコロナと暴動で大変な状況で、ヨーロッパはそれに加えて移民問題で揺れている。特にアメリカでは国家を否定しようとする動きが出ています。
        そういう中で、日本を含む東アジア・東南アジア地域は割とうまく対処できている気がします。

        シンさんはアングロサクソンの合理性・優位性をよく強調しますが、感染症に対する脆さ・多民族社会であるが故の問題をここまで見せつけられると、あまり良いものでもない。むしろ古いやり方を簡単に捨てない日本の方が社会として強靭ではないかと思うようになっています。

        2+
        1. >むしろ古いやり方を簡単に捨てない日本の方が社会として強靭ではないかと思うようになっています。

          日本は民度の高さを活かしつつ、無駄を省けばいいのに、判子は文化なので省くことはできない国なので成長出来ない、という話です。

          シン

          0
          1. 昔ながらの方法も一定程度残した方が、災害や停電などの非常時には役立ちますね。
            電子認証が便利なのはその通りですが、非常時になって電気系統や通信系統が使えなくなった際は、昔ながらの認証手段(ハンコなど)を使わざるを得ません。
            現金を廃止せよというのも極端な意見であり、そうなると非常時における決済手段がなくなります。
            特に今は疫病や災害、暴動といった非常事態が多発しており、そういう状況では日本のように新しいもの・古いものをうまく併用する社会の方が変化に対応しやすいとつくづく思います。

            1+
          2. >電子認証が便利なのはその通りですが、非常時になって電気系統や通信系統が使えなくなった際は、昔ながらの認証手段(ハンコなど)を使わざるを得ません。

            どのハンコで登録したかを本人が忘れてしまう危険すらあるし、小役人がそのハンコを登録した紙を探してくることすら極めて非効率です。そんな非効率なことを非常時にするなんてばかげています。それこそ、ルールに拘って合理性を無視するやり方だと思います。

            そもそも認証が目的なら指紋、虹彩認証でいいし、一定の精度で構わないなら顔認証でもいいでしょう。双子だと正確に認証出来ないですが。非常時は写真付き身分証、サインで認証すればいいのでは?更に母親の旧姓など、戸籍などに記される本人以外が知っている可能性の低い質問をすればいいでしょう。

            そもそも認証とは本人であることをしめせれば、なんでいいはずなのに、ルールに拘って、誰がどう考えても本人なのに、あれがない、これがない、違う、不備、と突っ返しているのが、典型的な役人根性だという話ですし、ほとんど可能性のないことを根拠として非合理的なルールに拘るのに、ほとんど不正の可能性のないことでも何かしらの些細な不備を見つけたら絶対に受け付けないのも役人根性ですね。

            でらさんらしい意見だと思います。

            シン

            4+
          3. またこじつけでニッポンスゴイデスネーですか。何でここまで屁理屈を捏ね繰り回して盲目的な日本礼賛をして進歩を拒むのか理解できません。

            「昔ながらの方法も一定程度残した方が、災害や停電などの非常時には役立ちますね。
            ガスコンロが便利なのはその通りですが、非常時になって電気やガスが使えなくなった際は、昔ながらの調理手段(カマドなど)を使わざるを得ません。
            蝋燭を廃止せよというのも極端な意見であり、そうなると非常時における照明手段がなくなります。」
            と言ってカマドで煮炊きをして蝋燭を明かりにしていたら、馬鹿じゃないか、と思うでしょう。

            >>特に今は疫病や災害、暴動といった非常事態が多発しており、そういう状況では日本のように新しいもの・古いものをうまく併用する社会の方が変化に対応しやすいとつくづく思います。

            非常時に備えてアナログな手段を残して置く事と、非常時用アナログ手段を平常時も使わされる事は全く別物だという事がお分かりになりませんか? 百歩譲って紙書類を非常用に残しておくとしても、電気・通信が生きている状態でもオンライン手続きが出来ないのは非効率の極みです。

            大体ハンコなんて紛失のリスクがあるし、盗めば簡単に「背乗り」出来るんですから、こんな物は本人確認の手段として落第です。手書きのサインの方が余程良いです。

            きっとでら家では、非常時でも電気・ガスが無くてもいいように、蝋燭を明かりにしてカマドで煮炊きし、風呂は薪を焚いて沸かして、「ウチは非常時でも大丈夫だ」と悦に入っているんでしょうねw

            9+
          4. 毎度のごとく、いつきさんが現れましたね。
            私の文章に反論したいのはわかりますが、誤読ばかりでわけがわからないことになっています。

            私も普段は電気と都市ガスを使いますが、非常用・キャンプ用としてコンロや蝋燭を持っており、たまに使います。それのどこが馬鹿なのかわかりません。
            また、ハンコの批判もしていますが、欧米ではサインが基本であり、偽造のしやすさでは似たようなものです。おそらくサイン文化もなくならないことでしょう。
            そして、薪ストーブなど古い生活様式は停電や暴動に強いことから、欧米では見直されています。
            幾度もの戦乱に見舞われてきた欧米では、非常時のための準備をするのは常識であり、いつきさんのようなことを言ってると馬鹿だとみなされます。

            何より、私はハンコ廃止、現金廃止に反対しているだけで、それを使えとは言っていません。多様な方式を残した方が利便性が上がるのは事実で、逆に廃止したらハンコがなくなる、現金が使えなくなることで不便を感じる人が多数出てきます。廃止しろというのは、つまりこういうことです。

            誤読や思い込みに基づいた発言が多いようですので、反論させていただきました。

            2+
          5. 本当に揚げ足取りしかしない方ですね。誰がハンコや現金を完全に廃止しろと言いました?(まあハンコはサインに代えた方が良いとは思いますが、それは今回の本筋ではありません)

            私が批判しているのは、古いアナログな手段(=ハンコ・現金・カマド・蝋燭)を残している事ではなく、本来なら非常時にのみ使われるべきそれらが平常時でも使われていて、新しいより合理的な手段(=電子認証・キャッシュレス・ガスコンロ・電灯)が普及しない事です。

            例え話をしましょう。
            電灯が発明されました。照明としては蝋燭より遥かに発光効率が優秀です。しかし日本の役所・企業は、電線を引く初期コストが勿体ない、スイッチの扱いに慣れない老人が多い、漏電の危険がある、蝋燭が我が国の伝統文化だ、とか難癖をつけて電灯を導入せず、頑なに蝋燭を使い続け、国民・社員は不便を強いられ、世界から取り残されつつありました。ある年、世界中が停電し、各国で混乱が起きましたが、普段から蝋燭しか使っていなかった日本では混乱が起きませんでした。するとでら氏が「非常時に強い蝋燭を使い続けてきたニッポンスゴイデスー!」と礼賛し、「蝋燭は非常時の備えとして備蓄して定期的に使用の訓練をする程度に留め、普段は電灯を使うべきだ」と言っていたいつきを馬鹿にしました。

            これだけ具体例を挙げて噛み砕いてご説明申し上げてもご理解頂けないですかね?

            4+
          6. 相変わらず誤読と思い込みばかりなので、改めて反論させていただきます。

            >私が批判しているのは、古いアナログな手段(=ハンコ・現金・カマド・蝋燭)を残している事ではなく、本来なら非常時にのみ使われるべきそれらが平常時でも使われていて、新しいより合理的な手段(=電子認証・キャッシュレス・ガスコンロ・電灯)が普及しない事です。
            → 認識が間違っています。日本には電子マネー、クレジットカード、QRコード決済などいくつもの新しい決済方法が存在し、ここまで多様な方式が普及している国はないです。そして、日本にはガスコンロや電灯が普及していないって、頭大丈夫ですか?

            >日本の役所・企業は、電線を引く初期コストが勿体ない、スイッチの扱いに慣れない老人が多い、漏電の危険がある、蝋燭が我が国の伝統文化だ、とか難癖をつけて電灯を導入せず、頑なに蝋燭を使い続け、国民・社員は不便を強いられ、世界から取り残されつつありました。
            → 新しい方法は普通に導入されていますね。むしろ役所や企業が積極的に普及を進めている側です。5Gだってそうですし、明治時代の鉄道も地元の反対を押し切って建設したものです。もう少し歴史を勉強した方がいいでしょう。そしてそれだけ役所に不満があるのなら、政治家になるために選挙に出られたらどうですか?

            3+
          7. でらさんって、本当に役人根性ですよね?そもそも、私はこの記事を意味不明の屁理屈こねて、実態に合わないルールを拘るバカ役人、役人紛いが日本の成長を阻害する、という趣旨で書いています。でらさんはその通りのことをしています。例外を持ち出して「やらない理由」を見つけ出し、ひたすら先送りする。非常時のことを考えるのに日常の不便を解消しようとしない。サイン、印鑑の併用なら良いのでは?とはいうが、結局、印鑑しか認めない。それどころか、印鑑が不明瞭だ、修正印が不十分だ、と細かく不備を見つけてはつっかえす。オンライン申請ができないなら編集可能なPDF、メール受付から始めては?という指摘は永遠に検討しているだけで、実は運用議論すらしていない。ガッチガチのルールが阻害要因なら、ルールを変えればいいでしょう?という指摘も右から左へ聞き流す。そもそも変えるつもりがなく、非合理なルールの範囲内でなんとかしようとするからお茶を濁しているだけに終わる。そして、数年して異動になり、提案自体がなかったことになる。

            >新しい方法は普通に導入されていますね。

            真っ先に廃止すべき、手書き書類しか認めない申請は残しているのに、使いづらいマイナンバーはスタートし、連動できるサービスは限られていて、必要なときにはパンクする。これこそ、やっている証拠のための仕事では?

            極め付けは非現実的な「お前がやれ!」で締めくくる。じゃあ、でらさんが仕事を交換してくれるなら私がしますが、その準備をしてくれますか?特例で私を無試験で公務員にして、役職も同じものを与える手配をしてください。それができるならYouTubeで逐一喚き散らしてでも推進させる約束をします。

            シン

            7+
          8. シン様、フォローありがとうございます。どうして素性も知らない赤の他人の書き込みにこれ程イライラするのか、ようやく分かりました。でら氏が正にクズ役人タイプだからだったんですね。

            でら氏は矢鱈と長文を書いて屁理屈を捏ね回していますが、その主旨は常に「今のままで何が悪い!?」です。日本の現状をひたすら擁護し、一切の批判や改善案を突っ撥ねているだけです。

            貴殿には何を言っても無駄とは思いますが、言われっ放しは癪なので反論させて頂きます。

            >>日本には電子マネー、クレジットカード、QRコード決済などいくつもの新しい決済方法が存在し、ここまで多様な方式が普及している国はないです。
            →フォーマットが乱立している事が問題です。欧米や韓国ではクレジットカードが、中国ではAlipay, WeChatが大抵の場所で使えます。日本は政府がキャッシュレス化の方針をしっかり定めていないから、店によって使える決済手段がまちまちで煩わしく、結局汎用性が高いのは現金、となってしまってキャッシュレスが普及しません。だいたい病院や役所では未だに現金払いしか受け付けてくれないのはどう言い訳しますか?

            >>日本にはガスコンロや電灯が普及していないって、頭大丈夫ですか?
            →例え話、と言ったでしょう。貴殿こそ頭は大丈夫ですか? 現代において電子認証やキャッシュレスが普及していないのは、ガスコンロや電灯が普及していないのと同レベルだ、と言う事です。

            >>新しい方法は普通に導入されていますね。むしろ役所や企業が積極的に普及を進めている側です。
            →書類を受け取るのに支払いは現金のみで、各種証明書の発行申請の為に役所に行かなければならず、連絡手段が電話とFAXしかなくて、マイナンバーカードを導入したのにその暗証番号の設定は役所に行かないと出来ないという喜劇的な事態になっていて、何が新しい方法の積極的な普及ですか?

            >>5Gだってそうです
            →5Gは既に普及している携帯電話回線の改良版に過ぎません。スマホの通信速度が速くなるのは結構ですが、それならその通信を使って、Webで役所の手続きが完了出来るようにして頂きたい物です。

            >>明治時代の鉄道も地元の反対を押し切って建設したものです。
            →そうです。明治時代の日本の役所は進取の気風がありました。現代の日本の役所は、明治時代に例えたら、鉄道の建設を屁理屈を言って拒み、馬と駕籠を使い続けているような状態です。あ、例え話は理解できないんでしたっけ?

            >>それだけ役所に不満があるのなら、政治家になるために選挙に出られたらどうですか?
            →それを言ったらお終いです。議論そのものが成り立たなくなります。納税者として、貴重な血税を使って運営されている組織に意見するのは当然の事です。レストランで料理が不味いと批判している客に向かって「そんなにこの店に不満があるなら、シェフになる為に研修を受けたらどうですか?」と言っているような物です。金を払って料理を注文したからには、余りに酷い料理を出されたら批判する権利はあります。あ、例え話は理解できないんでしたねw

            さて、筋の通った事を述べているのはどちらなのか、シン様や賢明なぬるり読者の判定を仰ぎたいところです。

            11+
    1. ほんの少しだけ見ました。刹那的に「ゲンサイ」を転々とする人かな?と思います。珍しいタイプではなく、よくいます。そもそも、よほど特殊な環境、能力の人でないと、多言語を一定レベルにすることは出来ないし、できても無駄です。「ぬるりと生きたい」さんと似た感じなんですね。特に記事にするようなことはありません。

      シン

      2+
      1. そうですか。残念です。
        誤解がないように一応補足としてお知らせしたいのですが、
        彼はアメリカ育ちで英語に不自由はしていません。
        日系企業ではなく現地企業に就職しました。
        シンガポール人女性と結婚しました。
        そのあと現地の会社を辞めてYOUTUBERになりました。

        0
        1. >彼はアメリカ育ちで英語に不自由はしていません。

          そもそもブログのurlからしておかしいですよ。英語ではfind job とは言いません。a job/jobsです。ニュアンスから想像すると後者ですかね?まあ、そんなことはどうでもいいですけど。

          語学を売りにして海外に出ると、日本人枠でしか仕事が見つからない。売れる技術があって現地人と初めて戦える。技術があっても、突き抜けてないならコミュ力を磨くしかない、ということを私は書き続けてます。

          バイリンガールという人が随分前からYouTuberしてますし、今さら、似たようなテーマでやっても興味を持たれないでしょうし、安易に海外就職を煽るブログ10年くらい前に出尽くしています。つまらないことするなぁ、という感じですね。

          シン

          2+
  4. アベノマスクが届いたのが先月、定額給付金はまだもらっていません。申請したのは2週間位前でしたがね。
    一方、ふるさと納税なるものはあっという間にカードから引き落され、返礼品もだいたいはすぐ届きます。つまり納税や寄付行為に対しての本人認証は業者丸投げ、或いはそれすらもないということです。自動車税の納付書の送り先変更なんかも電話一本で済みますしね。他県であったら、逆に大喜びしますよ。陸運局に行って住所変更の手続きをしなさいなんて、野暮なことは絶対に言いません。
    ついでに民営化されたとは言え、年賀はがきは概ね1週間くらい前に投函すれば、日本全国元旦に届くんですよ。2019年は24億枚ということで、アベノマスクの20倍ですよ。素晴らしい処理能力とネットワーク力。感動以外の言葉が見当たりません。こういった郵政、国税、更に警察の情報が一元化されるだけでどれだけ効率化が図れるのかなんて・・・口に出すと消されるのかもしれませんね。
    ということで、小役人の方々は優秀でやればできる人たちです。お役所仕事って言葉が大辞林にも掲載されており、ずいぶんと酷い書き方されていますが、己の生き様かけて、世界中の人を失笑させ、このブログでも闊達な議論を展開させる等、エンターテインメントとしてみれば素晴らしいのに全く酷い話です。聡明なる役人様のことだからきっと狙っているんですよ。
    だから住民票や印鑑証明ごときで、手数料は収入印紙を券売機で買ってね、身分証明書提示してね、という謎のシステムに直面しても、収入印紙ペロッと舐め、それを役人の額に貼るなんてことは考えたこともありません。まあこれからも生温かく見守りますよ。

    2+
  5. 久しぶりにコメントさせていただきます。

    全くもって日本のハンコ文化は愚の骨頂だと思います。
    ハンコのせいもあり(他にも諸所原因はありますが)日本のオンライン化が進んでいないのは事実で、おそらく先進国中最下位でしょう。
    コロナ渦を機にオンライン化が進んでいくのは間違いないですが、ここで気を付けないといけないのは、中国や韓国システムに安易に乗っからないことです。
    すでに時遅しの感はありますが、ZOOMやアリババ等、中国産がすでに日本に浸透してしまっています。
    LINEは最近、日本企業に買収されたという報道が出ましたが、バックエンドサーバーやデータベースまでは完全に韓国が手放したとは考えにくいです。

    これらを踏まえると、今まで日本でIT化が進んでいないのは、機密文書漏洩防止などセキュリティ面では良かった部分もあるかもしれませんが、だからといってそのままアナログでは様々なビジネスで凋落していくのも目に見えています。

    日本人は民度が高いがため、コロナではそのおかげで感染者数、死者数ともに少数に抑えられているのは素晴らしいです。ですが、それが仇となり非常時の時ですら、国防を含むセキュリティ構築、管理が甘いと言わざるを得ません。国民の関心が薄いことも去ることながら、お粗末な国会議員が多数、政治的に意図的に操作しているマスゴミ。詳細ここでは省きますが、根が深いです。
    またそのためもあり、ITやAIの分野でも、セキュリティ技術者が圧倒的に不足しているのではないかと思っています。

    なんでもそうですが、開発したらそれで終わりという訳ではなく、その後の保守、メンテは必須ですし、開発前にセキュリティ制御システムも同時に構築していく必要があります。ウイルスとワクチンがセットで初めてコントロールできるのと同じで、ITやAIも同じです。ですので世の中AIだ、クラウドだ!と騒いでいますが、そんなに簡単なものじゃないんだよと言いたいですね。簡単じゃないから、外注すればいい、外国のシステムを導入すればいい、外国人の専門家を雇えばいい これが日本の現実でしょう。 そんなに日本人が勤勉なら、なぜその分野で日本人の突出した技術者が少ないのか。甚だ疑問です。

    日本は警察も含め、役人が多すぎます。日本の警察はアメリカに比べると、命の危険にさらされるようなことはほとんどない上、危険だと判断されればすぐに手を引きます。その割には人数が多すぎ。衆・参議員数もアメリカの上院・下院の2倍いるんですよ。驚きです。

    日本人のマナーの良さ、勤勉さに加え、サイバーセキュリティ、国防等、もっと国民が真剣に取り組むようになってほしいと切に願います。

    最後に私の実家のある町もそうですが、大雨災害にあわれている方々の皆様、がんばってください。
    自分は日本に帰りたくても帰れない状況です。
    コロナ渦でアメリカ人の品性と民度の低さに絶望しております。
    しかし、だからこそIT大国になったのかなとも思ってもいます。

    9+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です