じゃあ、カフェを始める

飲食業って、割と誰でも興味があり、参入障壁が低いのでやりたがる人が多いですが、これは株なり、FXなりに投資しているのと同じなんですけど、それを意識しない人は多いです。

調達

どんな事業も資金がないことには話にならず、カフェを始めるなら開店資金、運営資金を用意することが最初の一歩になります。純投資であるなら、それを種銭と呼ぶだけで、まったく意味合いは同じことで、これを区別する意味はありませんが、区別したがる人は本当に多いです。

銀行融資は信用取引とまったく同じですし、親から借りてカフェしても、FXしてもやっている事は大して変わりません。どちらにしてもしたい投資に対して自己資金では賄えないので、誰かから借りてくるという行為に過ぎません。

その事業に対して出資者を募って、株式を差し出したり、パートナーと一緒に共同事業にすることも出来ます。純投資だと、それはファンドということになるのでしょう。どちらにしても、なんの実績もない人に出資する赤の他人はいないので、家族や友人に頼み込むことになります。

この意識差をついたのが「マルチ」、MLMであり、何の実績もない純投資家なんてギャンブラーにしか見えないので、出資する人はいませんが、それが何かしらの商材を介していると「実業」に見える為、その人を助けると思ってお金を出してしまう人は少なくないです。でも、マルチなんかに手を出す人間に協力するのはギャンブラーにお金を貸すのとまったく変わりません。

選定

さて、資金調達できたら、何に投資するのか?を選定することになるのですが、これは実業、純投資、まったく同じことであり、目利きを必要として、少しでも大きな価格差を探すことになります。実態に対して割安な対象をひたすら見て回ることになります。

カフェなら立地がかなり重要なので、立地の割に安いとか、広さの割に安いとか、将来的にここをこういう風に持っていけば、価値が上がるだろうとか、色々想定しながらどこに借りたらいいのか?を模索するわけです。

不動産屋もプロですから、美味しい物件は自分で買ってしまいますし、そのプロを出し抜くほど考え抜いて価格差を探す必要がありますが、これは銘柄選びとまったく同じであり、プロである先生方wのいうことを聞いていたらほぼ間違いなくカモられます。

いざ借りたら、内装、設備、仕入先などを選定していくことになり、これも銘柄選びとすごく似ています。真面目で安く一生懸命にやってくれるところもあれば、吹かしまくっているだけで、高く、つまらない仕事をする業者もいますから、真剣勝負です。

バイトだって同じようなもので、都合のいい奴隷みたいな人はいません。若くて可愛い女の子は引く手数多だから、なかなか採用できないし、採用しても、つまらないことでプイと辞めます。それだけ需要があるので、強気の態度です。

華はないけど、堅実な近所のおばさんを雇ってみたら、誠実で損得度外視で尽くしてくれるエースに育つことだってあるでしょうし、そのおばさんの人柄に惹かれて、常連客が来ることだってありますから、これも真剣勝負なんですよ。

銘柄選びも同じことで、若くやる気に満ち溢れた経営者は大覚醒するかもしれませんが、移り気で、些細な挫折でいい加減な仕事をすることもあります。老人経営者は大成長はしないが、堅く、地道な成長をしていくかもしれません。

話は少しそれますが、イーロンマスク氏なんて、活力、魅力に溢れますが、アナリストからの意地の悪い質問に完全にやる気ない切り捨て方をして、株が売り込まれたりするので、それはそれでメリット、デメリットがありますね。

回転

いざ、カフェが始まったら、多くの場合、赤字からスタートします。顔が広い人、有名人が始まれば、いきなり黒字かもしれませんが、無名の新人が始めたカフェなんて、一通り家族、友達が来たら、閑古鳥なのが当たり前で、そこからが勝負です。

SNSでイベント告知したり、自分思いを綴って、賛同してくれる人を探したり、トライアンドエラーで評判の良かったメニューを増やしたり、悪かったメニューを削ったりしながらバランスを取っていきます。

まずは一年間、回転資金が続いていくか?という話になります。通常、信用のない事業は前金支払いが求められます。新しいカフェなど、腐る程あり、そんなカフェが潰れるのはコーヒー豆業者は飽きるほどみており、前金以外は受け付けません。

そうなると、まずは現金を使って仕入れして、その仕入れた豆がコーヒーになり、お客さんがお金を払って戻って来るまでの回転資金が必要になり、回らなければ、黒字倒産をすることになります。理屈上は儲かっていても、新しい仕入れをする現金がないので、事業が死んでしまうわけです。

黒字倒産を避ける為、ほとんどの会社は銀行から枠を与えられており、クレジットライン、という実績に応じた借り入れ枠を使いながら、お金を回転させ、その利益の一部を利子として銀行に支払っているわけです。最近のITスタートアップは銀行よりも、第三者割当増資ですが、小さなカフェは銀行すら冷たいもので、家族、友達くらいしか助けてくれません。

これも純投資でもあることで、まずは一年くらいは待ってみないと結果は出ないので、その間の生活費やら、必要経費などを捻出しないと、そのポジションが生きるか、死ぬか、は分からず、状況に合わせて、ポジションを増やしたり、減らしたりしながら、試行錯誤したり、ひたすら忍耐を強いられます。

拡張

回転が上手くいき、お金がお金を生むようになると、事業拡張することになり、新しい設備を入れたり、人を雇ったり、2号店を出したりします。これがお金がキチンと回り出したことになり、景気、経済を回している、ということになりますね。

純投資でも同じことで、お金が回って資金が増えて、短期、中期、長期とタームが分かれて来たり、手を出すセクターが増えて来たりして、経済を回して行くことになります。ただ、純投資家はほとんど人を雇わないので、雇用には結びつきませんから、嫌われるところはあります。

数百億円のお金を回転させているBNF氏は一人でしてますが、売上が数百億円規模の実業は業者によりますが、100人以上の従業員を雇っていることもあり、その家族を含めれば、数百人の生活を支えていることになるので、公共性も強くなります。

だから、政治家は雇用を生みやすいビジネスを奨励し、生みにくいビジネスを毛嫌いする節があります。トランプ大統領なんかは露骨で、大量の単純労働者を雇う自動車業界にアメリカに残らせるために脅してます。ITは規模の割に従業員が少ない上、外国人エンジニアに依存しているので敵視している節があります。

トランプ大統領の出身業界が不動産なので、結びつきの強い金融業には甘めだとは思いますが、従来、金融業は大量の事務員がいたので、そのイメージでお目こぼしを受けているのかもしれませんが、実質的に金融機関はIT企業になりつつありますから、雇用を生みづらいです。

まとめ

と言うわけで、カフェやりたい、というのも、FX、株で食って行く、というのも同じようなものであり、そこに差をつける意味はあまりなく、その違いを挙げるなら、純投資は雇用をあまり生まない分だけ、敵視される傾向にはあります。

FXはゼロサムゲーム、手数料負けしますが、それでも為替予約をする為に流動性に貢献しているとは言えますし、敵視するようなこともないと思います。ただ、私は勝つのが極めて難しと思うのでしません。少なくとも相場の穴を見つけて自分でシステムを組んで、決められたように機械的にトレードする形でないと、勝てないでしょう。

株、不動産に関してはそこにお金が流れることで、周辺を巻き込んでお金が回るようになるので、貯金として銀行に放置するよりは世のためになりますし、それで利鞘を取れるなら、それを商売にしても、何にも問題ないと思います。

そりゃ、雇用を生んで直接的にお金を回した方がいいでしょうが、その雇用条件が労働法を無視したブラック環境でようやくお金を回せるものだったりするなら、罪悪でしかないので、これも一概に実業型のビジネスの方がいい、とも言えないと思います。

11+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、カフェを始める」への20件のフィードバック

  1. 立地が大事というのは、本当にそうで、とにかくロケーション。
    人が沢山通る場所じゃないと、どんなに素敵なカフェを作っても儲かりません。
    石垣島などに都会から移住して、夢いっぱいで建てたみたいなカフェが沢山ありますけど、結局そんなに人が来ないから、寂れた感じになってるところが多いですよね。
    くつろげるカフェを作りたいとか、夢はみんなあるんですけど、あんまり居心地をよくして、長居されたら儲からないっていうのもわかんない人が多い印象です。というより、こういう夢ではじめる人で当たる人はほとんどいないと思います。
    でも、資本がいっぱいあって、ロケーションの良い場所に出せて、夢もあると、上手くいきそうな気もします。

    記事中でちょっと違うかな?と思ったのは、顧客数が多い、席がよく回転する、そうすれば、カフェは売り掛けはほとんどありませんし、黒字倒産というのはないと思うのですが。

    とにかく、カフェでも飲食店でもレストランでも、イメージと現実はかなり違うので、現実に耐えた経験のある人以外は手は出さないほうがいいと思います。最初はうまく行っても、意外と1年ぐらいしてから腱鞘炎になったり、体にガタがきたりもするものです。

    あと、一般的におばさんより若い子の方がいいですよ。おばさんの欠点は、自己流があったりして意外と頑固で使えない、老眼入ってきて、細かいものが見えていない、などです。

    0
    1. >とにかく、カフェでも飲食店でもレストランでも、イメージと現実はかなり違うので、現実に耐えた経験のある人以外は手は出さないほうがいいと思います。

      なるほど、私は手を出すべきではないですねw 私自身は飲食どころか、個人相手の仕事をしたことがなく、理論、想像で書いているので実態と合わないですね。

      確かにカフェのように利益率が高く、現金支払いを受けられる商売は回転さえすれば、黒字倒産はほとんどないのでしょう。支払いサイトが大手と付き合うほど長い、同業仲間のシガラミで支払い遅延を催促しづらい、というような商売ではありませんね。

      やはり飲食、サービス業は若くて元気のある子が良いんですね。客目線だと、味のあるおばちゃんもたまに居ますが、多くはウザ目です。自分の考えを押し付けてきたり、忙しくなったり、トラブルが起こると、露骨に嫌な顔をするのはおばちゃんで、若い子は我慢することが多いように感じます。

      シン

      0
      1. 税金で持ってかれるぐらいだったら、道楽のひとつとして億単位のお金を投資してカフェかレストランのオーナー(パトロン)やろうかな、ぐらいだったら良いとおもいますけど、雇ってる料理人に指示を出すのも非常に気を使うと聞きます。料理長の機嫌を損ねたら、その場で辞めてしまったり(部下まで引き連れて)、突然お店自体の営業ができなくなるなんて話もざらです。日本料理の話ですけど。彼らの高校時代の写真を見せてもらうといいと思います。

        0
        1. それは聞きますね。

          飲食なら自分が料理人でないと、エースがキレたら下を連れて辞めていくので、運営が成り立たなくなるし、そう言う心配のないフランチャイズでやると、売上に対してライセンス料を取ってくるところがあるので、赤字でも毟られる、と言います。

          パトロンとして若者を支援するスタンスでうるさいことを言わず、好きにされてやるならともかく、自分が料理人でないのに、飲食をすると、ストレスで悶絶するみたいですね。

          料理人って、元ヤン、一匹狼が多くて、そこに個人的な信頼関係の構築が出来てないと、些細なことでへそを曲げて噛みつかれますねw

          シン

          0
  2. 投資も起業も会社員もやってみなければ分からない事ですね。雇う立場だと使用人のなんと難し事か実感します。其を知った上で会社員になると特権階級の様です。

    0
    1. それは本当に思います。私は投資、経営、両方をかじってますが、やったことない人間の安易な意見にブチ切れそうになることすらありますよw

      株式投資でも、初心者、未経験者って、ものすごく気軽に理想論を言うんですが、どれだけ精神をやられることか理解してません。

      経営も同じで、従業員を養っていく立場を経験すると、使用者が強烈なストレスで仕事をしていることが理解できます。そのストレスに耐えきれず、感情を爆発させたり、趣味に逃げてしまう経営者は山ほどいて、そうなると、過去の資産を食いつぶして衰退していきます。

      きちんと使用者がルールを守ってくれるなら、労働者ほど楽なものはなく、本当に気軽に働いていられますね。

      シン

      0
  3. そう考えるとサラリーマンってゆうのは他人の投資に乗っかってるわけで、
    会社の都合で振り回されて右往左往してしまうのは当たり前といえば当たり前なんですね。

    頭では理解していてもなかなかスッキリ割り切れないですが。。

    0
  4. どんな事でも経験に勝る事は有りません。若い内は苦労も勉強になりますが、歳を取ってくると、投資も含めて時間を見方に出来なので不利ですね。

    0
    1. そういうことになります。10年くらい継続できるなら大化けする可能性もあります。仮にダメでも、若ければやり直しも出来ます。歳をとっての失敗は再起不能になりかねませんから、慎重にならざるを得なくなります。

      シン

      0
  5. 確かにカフェ経営も投資ですが、投資ありきでカフェ経営をすると味気なく、面白みのない店しかできず、フランチャイズ店になすすべもなく負けてしまうと思います。

    成功しているカフェには経営者の強い思いが入っているとか、地域から愛されているとか、従業員の熱量が高いとか、そういった指標では測れないものが必ずあります。こういったものは冷静な分析の他に、経営者自身が汗をかかないと手に入れることはできません。

    経営が投資と違うのは、経営には経営者本人の総合的な人間力が求められるということではないでしょうか。

    0
    1. カフェって、経営者の想いだけが先行して、投資であることをガン無視していることが少なくなく、Akiさんが例にしている石垣島にカフェとか作って、どういう事業計画だったの?と言いたくなるようなことをする人がザラにいます。で、経営者の個人資産を食いつぶして運営し、従業員にやりがい詐欺で薄給激務で働かせて、高い品質、サービスを顧客に提供しても、顧客は嬉しいでしょうが、労使共に疲弊します。使用者側がアッパーミドル以上の人で、いいよ、いいよ、楽しければ!という感じで、個人資産で労働者に適正な待遇を与えているなら、ある種の税金対策、ノブレスオブリージュなのかもしれませんが、庶民のすることではないと思いますね。

      やはり、良いものに相応の値段をつけて、労使、消費者全員が得をできないと、自己満足の枠から抜けられません。だったら、一人でやってる純投資の方が他人に迷惑をかけない分、いいじゃん?と言えますね。そういう熱量と現実を併せ持つような起業家が素晴らしいと思いますが、滅多にいませんね。

      シン

      1+
      1. 飲食店経営を投資という観点で見た場合、個人店がチェーン店に勝つのは不可能です。資金力もノウハウも段違いで、あらゆる分野の専門家が居ますから。まあ、竹槍で戦車に向かうようなものです。

        個人店が生き残るとしたら料理の腕を磨いて圧倒的に美味しい料理を提供するか、地縁や人脈、政治力を駆使して地域住民や地元企業に使ってもらえるような店にするか、ほとんど儲からなくても最低限食っていければいいと腹をくくるかのいずれかでしょう。どれも投資とは違う観点からのアプローチになります。

        そもそも、外食産業自体が過当競争の分野であり、資金とノウハウを持った大企業以外が参入しても上手くいくものではないです。
        そんな中で生き残るとしたら腕の確かな料理人、営業の鬼、あとは地元有力者と太いパイプを持つような人くらいでしょう。
        利益を考えず趣味として細々と続けるやり方もありますが、これは生き残っていると言えるのかは疑問です。でも、年金生活者で半分趣味のような形でカフェをやっている人は結構いるでしょうね。

        0
        1. 飲食業はレッドオーシャンですからね。山のように新しい店ができては消えて行きます。その中の勝ち組がフランチャイズになり、セントラルキッチンで莫大な投資をして安く、旨い食材を提供するのだから、個人店なんてメチャクチャとんがってないと通用するわけないんですよね。それでもやりたい人だけやることだと思います。

          シン

          0
  6. 私は学生時代にカフェで長くバイトして、今は投資(トレード寄り)の世界にいるのでこの記事はよくわかります。リスクを取って資本を出してリターンを得る、という点では”実業”も投資も変わりありません。一見何もしていないように見える純投資家よりも、形の見える実業をやっている方がわかりやすいゆえ、イメージは良いでしょうが、投資として成り立っていない=利益の出せない事業は存続できないですから、結局は実業経営者も投資家そのものです。

    ただ、実業の場合は自分がコントロールできる領域が大きい、一方で純投資の場合は市場環境条件を受け入れ、投資先に全てを任せるのみという点では受動的だ、という違いはあります。

    しかし、「雇用」という観点はなるほど、と思いました。確かに、投資は一人でもできて直接的には雇用を生みませんね。自分が取引することで金融業者の仕事を生む、稼いでたくさん消費することで間接的に雇用を生み経済を回す、納税して国に貢献する、というところですかね。そういった点でどれだけ国と経済に貢献しても世間的に褒められることはありませんが、これはもう仕方ないですね。

    1+
    1. 「実業」も市況、運に大きく左右され、小規模事業者が能動的にできることはそれほど多くない、とも言えます。それでも、トライアンドエラーは純投資よりもしやすいですね。

      純投資は雇用を生まないし、必要経費として落とせる範囲が狭いので消費も控える傾向にあり、日本ではキャピタルゲインは約2割しか払わないので、法人税よりも納税額は少なくなりがちです。ゼロ、それに近い国も沢山ありますしね。その辺のことはバフェット氏も言及してますが、単に給与としてもらうより、株として持っておく方がさまざまなやり方で節税できるんですよね。報酬代わりのストックオプションも節税が主な理由ですしね。

      そうなってくると、収入が丸見えのサラリーマンからすると、純投資家はいけすかない、脱税野郎ども、というイメージになってしまうのは仕方ない側面があります。

      それでも、サラリーマンしている、というポジションを持っている投資家なんだし、真面目に汗水垂らして、サービス残業しているから、報われるはずだ!っと吠えても、そんなことはないので、きちんとリスク、リターンのバランスを考えてポジション調整すべきだよ、と言いたくなります。

      シン

      1+
  7. シンさんの言われる人生全て投資なんだという言葉は、私にとっては目から鱗でした。
    全くその通りだと思いました。

    参入障壁ということで言えば、カフェでも、人生かけてやるんでしょうが、純投資で言えば、少額なら本当に気軽にできます。
    単に私が、純投資に対する覚悟がないだけなのかもしれませんが、
    大金を投資しても、直ぐに引き上げることができます。
    実業は、そういうわけにはいきません。
    失敗したと思っても、直ぐにやめることはできません。
    ここら辺が違うのかなとは思います。

    0
    1. 小遣い程度の金額、遊び程度の覚悟で純投資をして投資家気取りの人を多大なリスクを取っている実業家と同じにするな!と言うのはその通りだと思います。投資家を気取るなら、最低家が買えるくらいを振り回してからにしてくれ、と言いたくなりますね。小さなカフェするのにも、一千万円くらいの資金はいりますからね。

      前に投資ブログをしてます、という方がコメントをくれたのですが、そのブログを見ると、資金が一千万円にも満たない少額だったので、そんなの投資じゃないよ!と思いました。そんな少額は遊び、趣味程度で、仮に年利2割取れても百万、二百万の端金にしかならないなら、サラリーマンを頑張っている方が明らかにリスク、リターンのバランスが良いです。

      どんな小さな行動も投資ではありますが、他人に公言するほどなら、もっとリスクを取ってからにしてよ、と思いました。だから、投資家気取りの人に反発する気持ちはよくわかります。

      シン

      1+
  8. うまくマネタイズ出来ているカフェって、飲食業と並行してお店で挽いた豆をネット販売していたりして、店舗などの固定費用をネット収入でうまくカバーしている印象を受けましたね。洋食屋さんやカレー屋さんだとお店の特製ソースやスパイスを販売したり・・。
    キャッシュフローの複線化、リスク分散が負けない秘訣だと思います。

    0
    1. 確かにカフェというだけでなく、委託販売を受けたり、オンラインオーダーを受けたり、固定費を払って不動産を確保していることで、ショールームの役割を果たせないと十分に活用しているとは言えませんね。

      シン

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です