じゃあ、現金大好き!

日本人は現金が大好きで、お年寄りどころか、若者ですら現金支払いばかりしています。

紙幣

一万円札レベルの紙幣が流通しているって、割と珍しくて、他先進国では半額くらいの紙幣までしか流通しておらず、それ以上はほとんど見かけません。シンガポールでは50ドル、欧州では50ユーロ、オーストラリアでは50ドル紙幣までしか見ません。

中国、インドだと、汚職防止のために紙幣を廃止しようとしており、あえて高額紙幣を発行しておらず、国策的にマイクロペイメントを進めてきた為、屋台ですらモバイルペイメントが当たり前になってきています。

だから、日本では現金支払いも、さほど苦ではないのはありますね。大きな買い物以外は現金で支払うことができます。スーパー、コンビニで現金支払いの為にモタモタしているのは日本では日常の光景で、いくらでも他の方法があるのに、現金に拘りますね。

借金

日本人が現金にこだわるのは借金嫌いだからなのかもしれません。借金大好きなアメリカ人はクレジットカードが大好きで、ギリギリまで借りまくっています。だから、口座と直結するデビットカード方式のマイクロペイメントはさほど進んでません。

日本人は良くも悪くも、持っているお金以上は使いたくない人は多く、家、車くらいにしか借金はせず、他は現金払いをしますね。そして、借金を本当に深く捉えるので、返さないと自殺する人すらいます。

その辺は大陸の中国、アメリカはカラッとしたもので、借りるだけ借りて返さなきゃ逃げてしまうので、借金に対抗がありません。大きな市場で勝ちたいなら界王拳を使いこなすのは必須です。日本ではビジネスですら有利子負債ゼロ、という会社が少なくないし、ソフトバンクが毛嫌いされるのは気質でしょう。

でも、口座直結なら借金じゃないし、何にも悪いことなんてないですよ。それでも、カードだと使いすぎちゃうから現金を使う、とか言う人がいるんだから、日本人の金銭感覚って、その程度のレベルしかなく、金融リテラシーは皆無に等しいですね。

フィンテック

日本は金融後進国であり、欧米諸国から散々食い物にされてきました。そして、フィンテックが進まないので、中国、インドからすら食い物にされるのかもしれません。マイクロペイメントのトランザクションデータって、宝の山なんですよね。

個人の家計を分析できたら、適切な営業が可能で、無駄撃ちを極力なくせます。事実、アリペイは小規模自営業者の懐事情を見透かして、適切なタイミングで資金需要を掴んで、有利なレートでオファーしてくるようです。店舗がないし、人が最小限しかいないのだから、レートは有利になるに決まってます。

今、ネット専業銀行、店舗型銀行で起こっていることが、すべてのお金の流れで起こってしまい、日本は現金社会だから、最適化が出来なくなってしまいます。そうすると、ガラパゴスシステムが行き詰まり、外資に食い物にされかねません。

幸い、アリペイ、Paytmはソフトバンクグループなので、完全に蹂躙されることはありませんが、ソフトバンクが陥落したら、グーグル、フェイスブック、アップルに陥落してしまった他の産業と同じことになりかねません。

まとめ

日本政府は一万円札を廃止して、マイクロペイメント業者を補助すべきですよ。汚職は減るし、脱税も減るし、細菌だらけの紙幣も減るし、エコだし、支払いで待たされてイライラしないし、クレジットカードみたいに手数料も高くないし、まさに良いことばかりです。

でも、しないのだと思います。そして、孫正義氏は吠えるも、日本人は冷ややかに眺めて、現金を使い続けて、世界から取り残され、どんどん衰退していくのでしょう。まぁ、私はほとんど諦めてますw 一度、底辺まで落ちないと本気になれない国です。

16+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、現金大好き!」への17件のフィードバック

  1. そうですね、クレジットカードも電子マネーも便利なのでもっと普及率上げてほしいです。ただ、利用料として店は3%くらい払わないといけないはずなので、そこがネックですね。コンビニなどの大手ならいいですが、個人商店には厳しいでしょうから心配です。

    0
    1. 格安ホテルでは、クレジットは不可だが、交通系電子マネー等は可の所が増えた気がします。手数料が大きく違うのでしょうか。
      クレジットで電子マネーをチャージすればポイントが貰えますが、地味に手間が増えます。チャージが最大二万円なので、すぐに残高不足に…。

      0
      1. アリペイの手数料は無料です。消費者金融、小口自営業者向けの融資で飯を食ってます。日本人はポイント大好きで、バカみたいにポイントカードを持って、財布をパンパンにしてますから利便性に重きを置いてないですね。

        シン

        1+
  2. フィンテックをウォッチしてる私にとってホットなニュースです。ラインペイ、メルペイ、色んなサービスが勃興してますが、個人的に推したいのはメルペイですね。マイクロペイの巨人、アリペイを模範し、展開しようとしてます。

    アリペイの凄さの1つは、胡麻クレジット(信用の可視化)にありますが、購買データのトランザクションをもってるメルペイは強いです。

    今後は、アリペイみたいに、信用情報がオープン化され、取引実績が優でないと、メルチャリを予約できない、とか、メルカリで今後出るであろうソーシャルレンディングも利用不可となるケースが想像されます。

    メルカリの仮想通貨、メルコインで日用品を買えば、税金もかからないし、利用者には嬉しいです。

    もっといえば、メルカリのアカウントさえもっていれば、どこでも決済することができます。まだまだ先になりますが、給与の振込先の選択口座にメルカリが登場して、全部メルコインに変換して、スマホ1つで何でもこなしてゆきたいですね。

    0
    1. うーん、メルカリがそこまでの存在になるでしょうか?アリババと比べると支配しているマーケットが小さすぎると思います。あくまでオークションサイトでしかなく、B2B B2C C2Cまで抑えているアリババとはスケールが違いすぎると思います。オークションだけでも、ヤフーオークションとシェアを分けているわけで、ソフトバンクグループのビックデータを使えるYahoo! JAPANのほうが期待できそうです。ラインは日本市場のメッセンジャー機能としてほぼ独擅場になったので、やはり有利だと思います。ラインは緩くソフトバンクと提携してますね。そのうち、連合になるのかもしれません。

      ただ、メルカリが山田氏が目標とするアメリカ市場を占拠したら話は別です。アメリカ人は不動産、車以外は中古品をさほど買わず、すでにebayがあるので、どう言う形でアメリカ市場を占拠するのか?が見えてこないです。

      シン

      0
      1. 大変勉強になる意見をありがとうございます。

        ぬるりブログでも散々言われているように、銀行業はコモディティ化となり、IT化が進みます。マイクロペイが進めば、次は銀行業務のパイに食い込めます。
        ここにいち早く切り込んで、社会の最適化を進めるのか、銀行と提携して、与信情報にアクセスして、ビジネスの最適化を進めるのか、見ものです。

        0
        1. 今までの銀行はなくなり、ほとんどの業務をハイテク企業に奪われるでしょう。与信なんて、人がやるよりAIがした方が明らかに良いし、普段からの財布みて判断する方がよほど正確にレーティング出来ます。面白い流れですね。

          シン

          0
  3. 現金はなるべくなくすのは賛成ですが、全て電子マネーにするのは怖いです。
    理由は、電子マネーのセキュリティの原理が理解できていないからです。
    的はずれな質問かもしれませんが、
    ・例えば、誰かの1円に対して番号が割り当てられているというイメージなのでしょうか?
    ・また、結局は半導体の回路パターンなので、そのまま真似できないことはないんじゃないでしょうか?(紙でも同じかもしれませんが)
    どなたか、ご回答頂ければ、助かります。よろしくお願いいたします。

    0
  4. 記事を読んで私自身マネーリテラシーの欠如を痛感しました。財布はパンパンでクレジットだと不要品を買ってしまう程のレベル。財布と相談無しで自由に買い物が出来るレベルになれば少しは意識改革が出来る様になるのかと思います。

    0
    1. 松本さん

      私も昔、クレジットカードでばんばん買い物して、後悔したことがありました。
      その時は、クレジットカード全てハサミで切って、捨てました。

      今は質素な生活を心がけています。
      質素な中にも、楽しみや幸せを見つけられるようになりました。

      日本は確かに、現金商売のところが多くて、困りますね。
      アメリカでは、普通に1000円程度の買い物でも、デビットカードで済ませている感覚なので、日本で現金を持ち歩くのに非常に違和感を感じます。
      通帳の几帳とか、なんでそんなのが必要なのか意味がわかりません。

      0
  5. 現金が大好き、とかいう積極的な理由じゃなくて、現状で特段不便が無いから現金でいいじゃん、という感じだと思います。
    口座自動引き落としとか高速道路のETCなどはキャッシュレスの範囲に入るのでしょうか?
    個人的にも大金持ち歩くわけでもないし現金決済で特段不便に思う場面が見当たりません。
    そもそも日常で現金を支払う割合って少ないと思います。
    大半は口座引き落としか振込みです。
    ファストフードやコンビニなんて高級店w滅多に使わないですし、そんなことのために10万もするスマホを所有したいと思いませんw
    デビットカードは全く普及しなかったですし、クレカはデフレの日本では手数料の高さが物価上昇率を遥かに凌駕してて事業者の負担がでかいです。
    政府日銀が音頭を取って、日銀券を廃止し通貨を全て電子化して、決済端末を国民全員に配布すれば普及するでしょうけどねw
    現状だと各プラットホームがポイントを餌に少ないパイを奪い合ってるだけにしか見えません。

    ネット記事で見たのですが、アメリカだとキャッシュレスといいつつチップ文化があるので現金を全く所持しない訳にはいかないらしいですね。
    キャッシュレス化ってのは穿った見方をすれば貧乏人を含めた全ての人々にスマホを売りつけたい商法なんじゃないか?と思えてきました。
    スマホなんて金持ちがSNS的な事をして遊ぶ高価な携帯玩具でしょうに。

    3+
    1. >キャッシュレス化ってのは穿った見方をすれば貧乏人を含めた全ての人々にスマホを売りつけたい商法なんじゃないか?と思えてきました。

      スマホが嫌いならカードでも良いと思いますよ。カード払いが出来るのに現金払いにこだわって、支払いでモタモタして行列作ってるのが日本だと思います。払ってる本人は現金払いで不便がなくても、その為に待たされる人が不便なんですよ。

      シン

      0
    2. くろねこさん
      >スマホなんて金持ちがSNS的な事をして遊ぶ高価な携帯玩具でしょうに。

      →以前は高価でしたが、中国製スマホなら新品でも一万円で買えますし、通信料もMVNOなら月千円以下です。
      キャッシュレス化は、ペーパーレス化と似ている気がします。

      1人なら対して手間は変わりませんが、100人になればコストが変わってきます。また、年配者が目に見える物に拘る所、電子媒体が必要な所も同じです。

      スマホが無くても生きていけますが、パソコンが無いのと同じくらい不便な時代になりつつあるのではないでしょうか。

      0
  6. 現金を使うことによるコストアップが問題になっていますよね。ATMの保守点検費用だけで年間2兆円にもなるとか。それに現金の照合、保管、運送などの費用も大変な金額になるでしょう。これらがすべて利用者へ転嫁され、ATM利用料とか送金手数料とか為替レートの悪さとか、シンガポールとは比較にならないコストを支払っているのです。キャッシュレス化でこれらの仕事がなくなると一部には都合の悪い人達がいるのでしょうか。

    シンガポールで現金を使うのはごく限られた飲食・雑貨店などで(数年内にこれらのほとんどもキャッシュレスに対応するようですが)、普段はクレジットカードが圧倒的に多く、近くの公園でのウォーキングやジョッギングの帰りにスーパーでバナナや豆腐などの数100円相当のものを買う時でもApple Payで数秒で支払いできますので、財布もクレジットカードも持ち歩く必要がありません。日本もキャッシュレス化をどんどん進めてほしいものです。

    0
    1. 割と若くて先進的な人が多いぬるりでも現金大好き!現金の何が悪い!何の不便もない!っというコメントがつくように、日本はシンガポールみたいにはならないと思います。手がつけられなくなるくらいに世界から取り残されて、ようやく重い腰を上げるのでしょう。

      シン

      0
  7. 金銭感覚ということばの通り感覚なんだと思います

    私は紙の本と同じで紙幣がすきですし クレカも持ってますがあまり使いたくないです
    あと30年はこのままかと思います

    0
  8. https://www.google.co.jp/amp/s/a.excite.co.jp/News/smadan/a/E1536213271743/

    先日の北海道震災では、停電によりキャッシュレスで物を買えない人がいたそうです。

    自分はキャッシュレス派で、
    このブログで紹介されていたマネーフォワードとデビットカードを紐付けて家計簿をつけることで、現金を使っていた時より無駄な支出は減りました。
    大変便利です。

    リンクの記事では、電気に頼る分災害による停電が多い日本に電子マネーは合わないという意見もありますが、むしろ災害による現金の損失のほうがデメリットは大きいと思います。電子化しておけば損失は防げます。

    どちらにせよ、非常時には現金が役に立つかは微妙で、現金よりは水と食料のほうが災害対策になります。

    1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です