じゃあ、カジノ

日本でもカジノが検討され、カジノ法が可決されましたが、シンガポールを参考にしながら考えてみます。

前評判

シンガポールでも、カジノ設立に対して、かなり反対意見があり、治安の悪化、アングラマネーの流入、国民の中毒化などを理由に反対する人が多くいました。実際、香港、マカオで起こっていることを想定したのです。

そこで、シンガポール政府は雇用増大、観光促進、国民、永住者に対しての入場料設定をする、と説明して、押し切って今に至ります。シンガポールでは政府が決めたことは強引にでも突き進むので、頓挫するということはありません。

シンガポールも攻め手に欠いて来ているのは事実で、狭い国土は開発し尽くして来ているし、産業も集約して来て、伸ばす要素がなくなって来て、カジノに手を出した、という一面があります。治安悪化に繋がるものを潰して成長して来た国ですから、大きな決断だったのです。

結果

実際、カジノに観光客が来て、お金が回りましたし、ベイエリアの再開発も進みましたし、雇用も生まれましたので、一定の成功を収めた、と言っていいでしょう。マリーナベイサンズホテルは日本でもかなり話題になりました。屋上の船ホテル、と言えば、わかる人も多いでしょう。

その一方、シンガポール人はホテル業、サービス業は嫌がる傾向にある為、外国人雇用に繋がったものの、シンガポール人が好む仕事の創出に役立ったとは言えないかもしれません。より外国人労働者が増えて、シンガポール人からすると、思っています。

日本

日本には衰えて来たとは言え、二十兆円産業のパチンコがあります。ここは政治と結びついて、治外法権的になっているので、だったら、国営カジノの方がいいんじゃないの?、と思います。そっちの方が統制が効きます。

カジノ法案はパチンコ利権と絡んでいます。パチンコ業界は警察との繋がりはよく知られてますが、国政にもかなり食い込んでいて、鈴木隼人衆議院議員はセガサミーオーナーの娘婿です。パチンコ規制をする一方で、カジノへの参画を認めて、移行させよう、と言うことなのでしょう。

日本のカジノは公営ギャンブルの類になるでしょうから、さほどデメリットがありません。むしろ、外国人にお金を落とさせるメリットが大きいです。パチンコする外国人観光客なんて、ほとんどゼロでしょうけど、カジノができたら、行くでしょう?

まとめ

日本はカジノの何に対して反対するの?って聞きたくなります。ギャンブルの類をほとんど禁止にしているシンガポールが慎重になるのはわかりますが、パチンコがそこら中にある日本で、何を反対するのでしょうか?

少しでも観光資源を作って、どんどん外国人にお金を落としてもらうために必死になって取り組むべきですよ。一昔前みたいに物作りしてれば、外貨がガンガン稼げた時代ではないです。サービスに力を入れるべきです。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、カジノ” への 2 件のフィードバック

  1. 日本国営カジノがやっと可決にたどり着いたようで、一つの難関突破ですね!
    本当にパチンコでかの国へお金をどっぷり貢ぐよりは、国営カジノで日本という国に
    ちゃんと還元されたほうがはるかに良いです。
    まったくもって、パチンコがOKで なんで国営カジノはダメなの?と私も首をかしげていたところです。

    本当に国営カジノが営業開始して、それが少しでも日本が潤うことになれば良いですねっ!

    1. 日本は国益に繋がることはすぐにでもやるべきです。ウダウダしているような余裕はないと思うんですけど、相変わらず鈍いです。

      シン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です