じゃあ、議論SNS

ぬるりと生きるの行きつく先は「議論SNS」だな、と思っています。私以外も記事を上げ、議論テーマを上げ、世の中、人生について色んなことを議論できるサイトにしようと思います。それができたら、私は本当の意味で単なる管理人になります。

その前に私のメモとして、運営に必要なことを書いていきたいと思います。

登録

第2版時代はコメントするのにメールアドレス入力を必須としていなかったのですが、罵詈雑言、独り言、根拠も出さない言い切り、短文、意味不明なコメントがひっきりなしについて、迷惑していたのですが、メールアドレスを入力する、という手間を設けるだけでかなりコメントの質が上がって良かったです。

現在ですら、捨てアドですらない、明らかに嘘のメールアドレスを入れている人はレベルの低いコメントをしてきますし、普段使いのメールアドレスを入れている人は責任持ったコメントをしてきます。議論SNSを運営するなら登録認証をしないと議論の質は確保できないかな?と思います。

ハードルを上げ過ぎることでコメントが減る、という懸念もありますが、議論、ということが元々ハードルが高く、かなり頭を使うので、多くの人にとって心地よいことではなく、根拠もなく言い切ったり、感情を吐き出すだけのコメント、ポストをするほうが楽です。だから、フェイスブック、ツイッターが流行っているわけです。

あえて、逆張り、コメントハードルを上げることで、覚悟して議論に参加してもらえると、お互いに勉強になるような展開になることが多いだろうと思います。世間一般に流通することはないでしょうが、議論をしたい人、という少数派にとって心地よい空間を作りたいです。

マネタイズ

何かしらの形でマネタイズしないとコミュニティーの運営はできないので、会費を取ろうかな?と思っています。一日、5PVまではタダで、それ以上は月500円払ってもらうとかですが、それだと高いな、と思いますし、年会費1000円くらいがちょうどいいかもしれません。

広告も鬱陶しくない程度に張ろうかな、と思いますが、どうせならぬるり読者さんでマイクロビジネスを持つ人から請け負うと面白い気がしますね。ベタベタと広告を張るとかなり鬱陶しくなるので、バランスが難しいのでよく考える必要があります。

継続して私のお勧めだとか、小説も売っていきたいと思います。小説は完全に停滞していますが、止めるつもりはないのです。有料記事リクエスト、相談もそこに需要があるなら止めるべきではないと思っています。喜んでくれた人も少なからずいますので、なくすることはないです。

分類

記事を上げるのはほとんど私になると思います。まとまった量の文章を順序だてて書くことは能力、時間的に誰にでもできるわけではないので、読者さんからの寄稿は多くありませんでした。ただ、きちんとシステムができると、文章を書くことが好きな人が来るかもしれません。フォーマットを作って、ぬるり式に合わせてもらえると見やすいですね。

議論テーマを上げて、何かについて討論をするコーナーも作ろうかな、と思います。自分が日頃思っているが、なかなか議論する機会のないことってあると思うのですが、それを議論好きの仲間で徹底的にやろうではないか?と思います。ブログ、という範疇をここで越えたいな、と思います。

後はアンケートなんかはいいと思います。時事ネタなんかを他の読者さんがどう思っているのか賛成、反対、中立、それに対して一言を付け加えていくようなぬるり調査みたいなのも面白いです。無責任な意見でなく、きちんと登録した読者さんからの投票は面白いですね。

まとめ

三年千記事達成、という個人目標に向けて取り組むとともに、私の個人ブログからの脱皮に取り組んでいきたいです。前にクラウドファンディングを検討しましたが、計画倒れに終わっており、それは自分自身で何がしたいのか、わかっていなかったことがあります。単に検索しづらいので、ブログを弄りたいが、自分でやるのは面倒で、よくできる自信もない。だったら、みんなで変えようかな?と思ったんですが、主催者の私がたたき台が出し切れませんでしたね。

定期的にアイディアが浮かんで来たら、メモ書きにしていき、十分にアイディアが集まったらココナラでやってくれる人を探そうと思います。皆さんのアイディアを募集しますので、お待ちしております!

15+