じゃあ、お金持ちになる

お金持ちになる方法って、怪しい情報商材のリアルさのないネタでありふれてますけど、ぬるりでは徹底的にリアルに行きたいと思います。

起業

お金持ちになりたいなら起業するしかありません。その商材、やり方は関係なく、違法行為をしていないなら自由です。勝てば官軍、負ければ賊軍、なので、その巨大なリスクを受け止めて突き進むしかありません。

サラリーマン投資家で、ファッキューマネーを作った人なんてほとんどおらず、種銭を作るためにほんの少しサラリーマンをしていたことはあっても、長らくサラリーマンやっていて勝ち続けた人は本当に少ないです。淡々とサラリーマンするような人は勝てないんでしょうね。

BNF氏はサラリーマン未経験、cis氏はほんの短期間、五月氏はフリーター同然の立場で、一度、負けたものの、ひふみに拾われて短期間サラリーマンをして、すぐに独立してますね。サラリーマンすると熱量、英気を奪われるのかもしれません。

例外として、そーせいで知られるGさんがいますが、この人は医者みたいで、やり甲斐のために医者を辞めないようです。医者って、特別なんだなぁ、と思います。邱永漢師も大金持ちになっても、作家を辞めませんでしたし、損得度外視してやりたいことがあるのは素晴らしいです。

サラリーマン

サラリーマンで出世してお金持ちになるのは極めて難しいです。巨大企業の役員クラスになることでしか、ありません。まぁ、大企業勤務、という程度だと、最初からファッキューマネーを作ってお金持ちになれることはありません。

ソニー、平井会長の年収20億円レベルですら、メインはストックオプションであり、そう簡単には処理できず、退任したら徐々に消化するしかありませんからキャッシュとしては2億円程度しかなく、半分近くが税金で持って行かれます。

役員クラスにも億出している企業を狙って、役員目指してひたすら邁進して、生涯賃金10億円、税金、生活費を抜いてネットで3億円ようやく作れます。エリート気取りの官僚様も社長に当たる事務次官まで行って、天下りを繰り返してようやく、グロス10億円ってところですから知れてます。

ソフトバンク、佐護さんの時代みたいに外銀バブルの頃はともかく、リーマンショック後は歩合制の仕事をして成果報酬が青天井にもらえて、勝ちまくって行けば、中間管理職のVP程度でも年収7億円なんてことはありません。億をもらったら頑張った方ですし、そう簡単に到達もしません。

ストックオプション

サラリーマンやっていても、ストックオプションをもらっていれば、ファッキューマネーを作ることは可能です。その魅力でサラリーマンエリートがスタートアップに入るわけで、バリバリの東大卒、巨大企業勤めの人が惹きつけられます。

例えば、DeNA、守安さんとか、ウォンテッドリー、川崎さんみたいに、吹けば飛ぶような怪しいスタートアップに入る人は少なくないです。彼らはファッキューマネーを作れたから良いですけど、作れずにスタートアップ渡り鳥をする人も珍しくありませんね。

創業者が金に汚い人だとストックオプションを極力出しませんし、その辺の見極めはしっかりして勝負するべきだと思います。ウォンテッドリーでファッキューマネーを作ったのは創業者の仲さん、少し遅れて入ってきた川崎さんだけで、他の人はIPOしても、ほとんど美味しい思いを出来ませんでした。

グーグルにいたマリッサメイヤーさんみたいにファッキューマネーを作ってから、その実績と華やかさを評価されて競合の雇われ社長をすることだって出来ますし、スタートアップに入るって言うのは夢を見るってことなんでしょう。

汚職

マレーシア、元首相、ナジブ氏の途方も無い汚職が取り沙汰されてますが、汚職ってヤバイくらい儲かるんですよね。だって、インサイダーだから負けることもなく、闇のお金だから税金も払いません。でも、負けた時にすべてのツケを払います。

元山口組系組長さんがメディアに登場して色々と面白いことを言ってますが、何かしらの暴力を持てば、嵌め込みは出来るし、ちゃぶ台返しも出来ます。でも、もっと強大な暴力を持つお上には逆らえません。

アメリカにみかじめ料を払わないと問答無用で奪われるし、日本でも持ちつ持たれつでやらないと、軍隊、警察という暴力でぶっ潰されます。今、ヤクザなんて生活権を奪われて、銀行口座も開かない、携帯電話も解約できない、他人名義で契約するとそれを理由に逮捕されます。

因みにウケ組長は逃亡中のタイで銀行口座を自分のパスポートで開設しようとして、パスポートを忘れ、親切な銀行員に大使館に届けられた為に捕まったらしいですw こんな間抜けしておいて、ダークヒーロー気取りはないっしょ?w、と思います。

話が逸れましたが、ルールを捻じ曲げてしまえるならお金持ちになれるんですよ。例えば、IPO直前まで漕ぎ着けている創業者社長の弱みを握って、暴力によって株を奪ったり、情報提供させられるなら負けるわけありません。だから、お金を持つと、プロから半グレまで色んな人に狙われるんですね。

まとめ

リスクない所に勝ちはないので、リスクを嫌う人が勝つことはほとんどありません。何かしらの信念を持ってリスクを許容できない人がお金持ちになんてなれるんけないでしょう?サラリーマンやっていてファッキューマネーを作ろうとするなんて、宝くじ買って、お金持ちになろうとするのと同じくらい期待値が低いですよ。

お金持ちにならなくてもいい、と言うなら、損得度外視してもやりたいことで食えるようにするのが理想だし、そうでないなら、サラリーマンの立場を割り切って、ほどほどの距離感で仕事をして、プライベートを充実させるのもいいでしょうね。

何事も中途半端なことをしては後悔しますよ。やるならやるだし、やらないならやらない、仕方なくやるなら、余計な期待もしないことですね。

11+