じゃあ、つまらないブログ

超絶つまらないブログってありますけど、案外評価が高いのに驚きます。

ランキング

ぬるりと生きる、はブログ村に参加しているのですが、これはファンなのか、アンチなのかは知りませんが、読者さんの一人が勝手に登録したので、参加しています。まぁ、特に損することもないので、どうでもいいです。

そのランキング見ると、超絶つまらないブログが並んでいるんですよ。1-10位くらいまで、開いた瞬間、数秒で閉じるくらいつまらないのに、それなりにヒット数稼いでいることに驚きます。

もしかしたら、私の感性が他の人とかけ離れていて、ぬるりと生きるが超絶つまらないブログなのかもしれませんが、なんでつまらないと感じるのかをまとめないと、単なる罵倒になるので、つまらない理由を整理したいと思います。

日常

芸能人でもないそこらの一般人がどこに行ったとか、何を食べたとか、誰が興味を持つのでしょうか?自分自身ですら、数日もすれば忘れてしまうような日常を書き留めても、それが何になるのかわかりません。

それが若い女の子っていうなら、まだ、わかるんですよ。ニコ生とかで、若い女の子のつまらない話にバカ野郎どもが群がって、気を引こうと投げ銭したり、お世辞言ったりするのは男性の本能ですから、それがオンラインというだけで、特に不思議はありません。

でも、海外ブログだと、そう若くもない現地採用、駐在妻のオバサンの日常生活ブログが上位にズラーッと並んでいるんですよ。その秘密を探ろうと読んだんですけど、単に苦痛でした。面白さが理解できて、それを説明できる読者さんがいたら、教えてください。

上位にいる男性ブロガーもよくいるサラリーマンのオッサンで、面白いこと言うわけでもなく、居酒屋とかでクダ巻いているのと変わらないレベルのつまらない話なんですけど、身近な同僚ならともかく、赤の他人のつまらない話を聞くのって時間の無駄じゃないでしょうか?

自慢話

自慢話が人を惹きつけるってのは理解できます。だから、裏も取らないセレブ自慢、大勝ち話などの怪しい話に食いつく人っているわけです。そして、しゃぶられる人が少なからずいて、怪しい詐欺話はなくなりません。

お金って大きな魅力で、人間的にどんなにつまらない人でも、お金さえ持っていれば、人は寄ってくるのは古今東西同じで、杜子春に描かれるように、お金がなくなれば、人は一斉に去って行きます。

だから、自慢話ブログは人気になると思います。海外ブログだと、英語圏出身の白人の資産家と結婚して、ゴージャスライフを書いていれば、嫉妬、羨望などが混じって、シンデレラを見るように女性向け集客力が出るでしょう。

男性はシンデレラストーリーは興味を持ちませんけど、男性バージョンは冴えない男性のやりまくりブログでしょうか?あまり見たことありませんけど。多くの男性は趣味性の強いブログを書くし、読むのを好むので、女性ほどつまらない日常ブログは書きません。つまらない自己満足ブログを書きます。facebook、Twitterでも、延々と日常を上げるのは女性です。

まとめ

ぬるりと生きる、もつまらない、と言われれば、否定はしませんが、自分が考えたことを文章として表現するなら、評価されるがは別にして、意味はあると思います。私自身が他人のブログを読んでいて、何かを表現したい、意見を言いたいと伝わってくるブログはつまらなくとも、価値はあると感じます。

そのレベルですらないブログが多過ぎますよ。読んでも、何にも感じることがありませんし、読んだ記憶すら、数分後にはなくなります。毒にも薬にもならない、とはよく言ったもので、好きの反対は無関心、というのは本当だと思います。