じゃあ、羨ましいこと

ぬるり的に羨ましいことを書きたいと思います。

経済

生活の為に働く必要のない貴族にはいいですよ。働くのが嫌なのではなく、働かないと生活できないっていうプレッシャーが大変です。特に家族を養う人は我慢をして働いて行く必要があり、新入社員が懲役40年とかいうのでしょう。

自分はエリートだ、とか言って、生活の為に働いているんじゃ、高度に飼いならされた社畜は自分の鎖の重さを自慢しだす、と言いますけど、上司、取引先、売上、納期に追われて、必死に生きている人がエリートだとか、鼻で笑ってしまいますよ。

やはり、Fuck you moneyを手にして、働く、働かないは自分が決めることで、あまりにも理不尽なことは誰に対しても、Fuck youと言えるくらいの自由があって始めて、エリートなんだと思いますよ。身請け金払って、自由を買った、と言うことです。

精神

自分のことをよく理解して、自分の声をできるだけ正直に聞いて、そこに合わせて、自然体で生きている人に憧れます。特にIT社会では凄まじい量の情報が溢れて、自分自身のことよりも、他人のことが気になったりするものです。

あるがままを受け入れて、軸があり、ぶれない自分を手にしている人はかっこいいし、憧れます。私がよく言う絶対価値の確立、というやつで、他人と比較してしか、自分を評価できない相対価値にハマると、どんなに恵まれていても、満足しません。

どこかで、偉い人だとか、ご立派な人が言っていた、それっぽいことをあたかも自分が考え抜いたように発言して、悦に浸っている人が真逆の存在で、意識高い系wということになるのでしょう。他人に振り回され、他人の評価で自分の行動を決める人生は最悪です。

熱中

自分の好きなことに熱中して、その作品の完成度を上げるような人生に憧れます。イチローさん、三浦知良さんが未だに現役にこだわるように、自分の哲学を全うする為に生きている人は羨ましくて仕方ありません。

無名の人であっても、芸術に耽溺しきって、日々を過ごしている人は評価される、されない、という次元を越えて、とにかく食うことさえできれば、幸せでいられるくらい好きなことがあるのは素晴らしいことです。

例えば、私は書くことが好きだし、手段が変わったとしても、ずっと書いていきたいです。多分、ほとんどの人がそう言う趣味を持っているんでしょうけど、日々の生活、世間体が気になって封印しているのではないか?、と思います。

まとめ

羨ましい、という感情が生まれているのは私がやりたいことを完遂できていないからであって、色んなシガラミで、妥協しているからです。おそらく、私が憧れる人たちも多かれ少なかれシガラミがあるんでしょうけどね。

ぬるりと生きたい、と思いながら、様々な状況があって、なかなか理想通りにはなりませんが、日々、こうして思ったことを書き、読者の皆さんと共有することで、汚水が徐々に浄化されていくような気がします。

1+