じゃあ、無駄の大切さ

普段のブログで実用的なことばかりを書いていて、私、シンは無駄嫌いであり、遊ぶことが大嫌いだ、と勘違いしている人もいるでしょうが、まったくそうではなく、遊ばなければ、人間は成長しないと思っています。そして、無駄なことほど人生の潤いになることもありません。

出来の悪い私は母親に「遊ぶのはいいが、宿題をやってから!」っと言われたものですが、それは間違いなく正しいです。「遊ぶのは最低限を確保してから!」っと言うことです。人によっては最低限が生まれたときから用意されているだろうし、逆に生まれた時点で人生ウルトラハードモードスタートもいるでしょう。

ギャップイヤー

欧州ではギャップイヤーという習慣があり、大学の入学許可が出た後とか、兵役が終わった後に長い休暇としてバックパッカーしたり、海外でボランティアしたりして遊びます。こういう遊びって、何にも悪くないと思います。若いうえ、大学の入学許可も出ているんだから、1年くらい遊びほうけていても何にも悪くないです。

はっきり言って、ワーホリなんて全く意味ないし、何にも身につきませんが、別にいいんじゃないですか?当初の目的だった、英語すらろくに身についていないのは当然で、実になる経験もできていなくて、日本人同士でつるんで何にもならない時間を過ごしているものです。でも、いいじゃないですか?

若いうちの1年くらいのバカな時間って、オッサン、オバサンになってもずっと鮮明に覚えているもので、そういうバカな経験って自分、他人に寛容になれる重要な要素だと思います。馬鹿なことを知っているからこそ、バカな自分、バカな他人を許容できるものだし、バカを許容できない人間ってどこかで壊れてしまうことも多いです。

これは大学生っていうモラトリアムが許される期間だからこその無駄なんです。これが何にも成し遂げていない現実逃避している三十路間近のギリホリなら、惨めを通り越して、痛々しさしか感じません。逆に言うと、バカが許されるときに馬鹿をしていなかったせいで、バカが致命的になりかねない時期にバカをするのかもしれません。

女遊び

女遊びは若いうちにこなしておくことをお勧めします。若いうちに十分に遊んでおかないと、オッサンになってから、女性に狂ってしまう可能性があるからです。一人の女性に惚れこんでいるっていうのもいいですが、そこまで惚れ込んでいる女性と結婚できる男性はごく稀であり、多くの男性は結婚適齢期に付き合っていた女性と流れで結婚するものです。

単に流れで結婚するのもいいですが、結婚したからには責任があり、パートナーシップを維持するために異性関係を身ぎれいにすべきです。せいぜい、プロの女性ときれいに遊ぶくらいならまだいいですが、素人女性、特に社内の女性に手を出せば、失業しかねませんので、そんなリスクを取る価値がないのです。

コンパ、ナンパくらいは経験しておくべきです。コンパの初対面の相手にひるまない、上手く乗せて、持ち帰るくらいのトーク術は重要だし、ナンパをして、知らない人にガンガン声をかけるのが平気になるくらいの度胸っていると思いますよ。本当に恥ずかしいのは声をかけることもできない自分だと思います。断られても、どうということはありませんよ。

女遊びが性に合わないっていっても、大学生のうちに女性と付き合うくらいはしたほうがいいと思います。世の中の約半分が女性であり、女性を知らないと、理想化したり、蔑視したりするからです。女を知るのに一番いいのは関係することであり、女性はキレイゴト、建前を言いたがりますが、関係する、となると、本性が出るからです。要するに女を知らず、女性のことを一ミリもわかっていない坊やですよ。

「女に恋焦がれる!」「失恋して、飯ものどに通らない!」「間男に寝取られる!」「間男になる!」っとか、男女の妙を一通りでいいので、若いうちに経験しておけば、いいおっさんになったときに狂わずにすみます。女性と関係しなくても、女性が理解できるのは「オネエ系」位だと思いますね。

趣味

一円の得にもならない趣味を持つべきだと思います。若いころに持った趣味って一生ものだし、それが仕事を一切関係ない趣味は仕事を持った時にいい息抜きになります。下らなければ、下らないほど、人間ってリラックスできるものです。だっていうでしょう? 馬鹿笑いほどストレス発散になるものってないです。

本業に悪影響を出したり、生活が壊れてしまうような趣味は勧めません。例えば、ギャンブル、深酒、ソシャゲ課金、など、経済的、身体的健康を損なう可能性があり、中毒性の高いものは趣味ではなく、悪癖みたいなものです。AKBのライブに行ったり、CD集めているくらいは別にいいんじゃないかと思います。(まあ、女性にはもてないでしょうがね。)

デスクワークをする人は体を動かす趣味を持つべきだし、逆もまたしかりです。出来るだけ仕事から遠いことをプライベートですると、心身のバランスがとりやすいものです。こういった趣味は中年になると、ハードルが高くなるので、暇のある大学生の頃にするといいでしょう。

まとめ

大学生は実学をやりながら、無駄を楽しんでください。その無駄を楽しんだ経験が多い人ほど、人間として魅力的であり、数字として表れない味わいがあるものです。その味が人間としての年輪みたいなもので、生きてきた証みたいなものだと思います。

海外を引き合いに出すと、白人は無駄の楽しみ方がうまく、アジア系は変にまじめで下手糞です。ちなみにシンガポール人なんかはクソつまらないので、一緒に飲みに行きたくないです。特に若い奴は遊んでないので、話題も少なく、話も盛り上がりません。でも、コテコテの華僑親父なんかと飲むと面白いですよ。彼らもバカやってきたんです。

アングロサクソン系ってブラックジョーク、ウィットに富んだ冗談なんかがうまく、場を和ませるのがうまいです。それは彼らが培ってきたリア充力なんでしょう。プライベートに真面目腐った話題なんて持ち込まれたくないし、下らない馬鹿話をしているほうが楽しいですから。

締めとして言いたいのは設計上の遊び(適切な公差)って本当に大事です。広すぎれば、製品として機能しないし、狭すぎると不良が出すぎたりして、原価が跳ね上がりすぎます。そして、小さな製品が組み合わさって、大きな製品になり、その適切な遊びが丁度いいバランスを保つものです。人間も同じだと思いますよ。

1+