じゃあ、意識が高い系

何かとバカにされる「意識が高い系」ですが、何でここまでバカにされるのでしょうか? 意識が高いことは悪いことでは全然ないのですが、自分に酔っているだけで、社会が自分に求めている努力ではない、自分がしたい努力を繰り返しているので、バカにされるのです。

人脈

人脈って言いたがる人って一杯いますが、自分が何かしらの武器を持っていないと、きちんとした人脈は築くことができません。例えば、東大生であれば、同級生と積極的に交流することが人脈作りですが、Fラン文系が同級生といくら交流したって、何の人脈にもなりません。

そして、質の高い人脈を維持したければ、自分も努力をし続けるしかなく、大学の頃に一緒につるんでバカやっていたツレが財務官僚として上り詰めていて、自分は都銀のエリート街道を突っ走ってきた、というケースなら、お互いの力が作用して、より大きなことができるのですが、片方が高学歴ニートに落ちぶれていたら、久しぶりに会いに行っても昔話をする以外に何も出来ません。

つまり、何のブランド、専門もない人が「人脈、人脈!」っと喚いて、似たようなレベルの履いて捨てるほどいる人同士で交流しても、何の人脈にもなりません。それをまったく理解せず、フェイスブックで友達作りまくって、くだらないサークル立ち上げて悦に浸っている人が馬鹿にされるのは当然だと思います。特に何になるわけでもありませんから。

投資

単なる呑み会に「将来への投資だから!」っとか言っているアホは救いようがなく、「女の子としたいから、軽い子を集めたい!」っとはっきり言える、集めてくるだけのネットワークのある愛すべきバカのほうが何とかなるものです。愛すべきバカは大それたことを言わないので可愛いのです。

私立文系に進学した時点で、費用対効果の面で最悪であり、そんな人が「投資」なんて口にするのは矛盾しており、時間、金が有限であると理解しているなら、そんなことするわけないからです。「人生なんて死ぬまでの暇つぶし」って言うスタンスだから、私大文系に進んだんだっていうくらいの割りきりがあるほうが可愛げがあります。

バカはバカで可愛いのですが、バカなくせに妙に賢そうなことを口にする人間が最も可愛くないんですよね。かっこいいことはエリートがするからかっこいいのであって、ノンエリートのエリート意識はウザイ以外に何者でもないです。そこを意識していないから「自称意識が高い系」っとか見下されるわけです。

結果

何の結果も出せないクソサークルを立ち上げて、「折鶴を災害地に送りつける」みたいな自己満足ボランティアの一種をする人って何がしたいんですか?ネットウヨの集会も出会い系の場として活用したいんでしょうか?「ボランティアだ、国士気取りはいいが、まずは働いて税金払え!!」って言うことですよ。それが誰にでもできる小さな社会貢献です。

上っ面だけかっこいいことに何の意味もないので、何が何でも結果が出るように取り組んだらいいのに?って思いますよ。ボランティアがしたいなら、きちんと何をすればいいのか?、何が求められているのか?、を把握して、その上で行動すべきなんです。もっと言えば、自分の立場すら危うい人間がボランティアなんておこがましいです。

これって、仕事で同じで、顧客、上司の望んでいることを出来るだけかなえるための努力に意味があるだけで、自分がやりたい努力をしました、認めて下さいっていう、自己満足は嫌がられるのみです。どんなことでも結果さえ出れば回りは黙ります。結果が出てもいないのに大騒ぎするので、「自称意識が高い系」っとか言われてしまうんです。

まとめ

「自称意識が高い系」がバカにされるのは何の裏づけもなく、やたらご大層であり、具体的にどういう努力をすれば、結果に結びつくっていうところまで持っていけていないからです。そして、口にしたこと、取り組んだことで満足していて、そこから進んでおらず、完璧に自己満足になってしまっています。

私が思うに、最近の若者って恵まれすぎているんですよ。子供の頃から悪平等教育を受けてきて、「誰にでも無限の可能性がある!」っという嘘っぱちのキレイゴトに使っているので、自分の身の丈を知らないし、具体的、地道な努力を嫌がって、上っ面だけかっこいいことばかりしたがりすぎます。

これはどこの国でも同じで、少し豊かになってくると、地味な堅実な生き方でなく、華やかでかっこつけた生き方を望んで、何の実績もあげたことないくせに、無名MBAを取りたがって、コンサルだ、経営だ、アドバイザリーだ、とキレイな仕事ばかりをしたがるものです。

実際はIT革命によって仕事総数が劇的に減ってきており、手に職のない事務系はどんどん駆逐されているのですが、そんなことを高校生、大学生は考えてもいないものです。親が金持ちでもないのに、「東京でミッション系私大文系に行くんだ!」っと具体的な進路も思い描かずに楽な道に進むものです。そういった人は下流につきおとされるのだと思います。

1+