じゃあ、曖昧な言い方

私は曖昧な言い方が嫌いで、Yes/Noをはっきりすることが好きなんですが、曖昧な言い方を好む人は多いです。

言い方

例えば「半分くらい当たっているかも?」「全部に賛同するわけじゃないけど。」というようなコメントをもらうことがありますが、私はこの言い方が大嫌いなので、かなりガツンと言い返しますので、覚悟して下さい。

私は全面的に賛同なんて求めてないし、人の考え方が多種多様なことは大前提だと思っているので、まったく賛同出来なくとも、それはそれで何の問題もないし、そこにイラっとさせられることはありません。

私がイラっとくるのは賛同しない部分をキチンと伝えないなら、曖昧なことを言うな!ってことなんですよ。思わせぶりに上から目線で、査定されているような気がして、その違和感を伝えられないなら、黙ってろ!っと言いたくなります。

プライド

曖昧な言い方をする人って、山月記で表現される「臆病な自尊心」から、そういう言い方を選択しているんでしょう。ずばり自分の弱さを突かれて、それを認めて、改善していこうとするのでなく、斜に構えて、まっすぐ受け止めないのです。

だから、曖昧な言い方をする人って、プライドは高いいんだけど、自信がなく、素直じゃない人なんだと思うんですよ。私はこういう人が嫌いだし、私自身にこういう面が見え隠れすると自己嫌悪に陥ります。

本当の意味でプライドが高い人は何に対しても、真っ直ぐ受け止めることが出来る、と思います。その上で、自分の中で消化するなり、異論をきちんと伝えられる強さがあると思うんですよ。卑小なプライドを守る為に曖昧なことを言う必要がありません。

ほとんどの場合、曖昧な言い方をするのは当たっているけど、認めたくないからに過ぎず、逃げているのです。その現実から逃げていて、逃げ切れるなら、いいんでしょうけど、多くの場合、ツケはどんどん溜まって、処理が難しくなってから、降りかかります。

スルー

沈黙は金、と言うように黙ってるって言うのも良いんですよ。何かしらの意見に対して、なんか違うな、と感じて、それを言葉にできないなら、黙ってりゃいいんですよ。なんで、具体性もなく、上から目線でコメントするのでしょうか?

正しい、間違っている、は見方によって変わるし、意見を言うことはどんなに馬鹿馬鹿しいことでも意味があるので、言えばいいのです。でも、言うからには言われることは覚悟すべきです。言われたくないなら、黙ってりゃいいんですよ。

言いたいけど、言われたくないから「陰口」を叩くんですよ。オンライン、オフライン問わず、卑怯な人は同じことをします。その人に面と向かって言って、反撃されるのが怖いから、賛同してくれそうな人を探してから喚くのです。

まとめ

人間は何に対しても素直であるべきだし、真っ直ぐ生きることが楽しく生きる正攻法だと思います。シンプルなことだけど、なかなか出来ないものです。何でもそうなんですけど、当たり前のことが当たり前に出来たら、ひとかどの人物になれます。

言いたいことがあるなら、節度を守って言えばいいし、言うからには言い返されることも覚悟すべきで、言い返されたくないなら、黙ってるしかありません。黙っていてストレスが溜まるから、陰口を叩くと、有形無形で自分に返ってきます。

1+