じゃあ、公務員はもう遅い

公務員に夢を持っている人は結構いるのですが、すでにタイミングを逸しているのは間違いなく、今更公務員になっても旨みを味わうことは出来ません。

給与

公務員は高給取りであるかのようなイメージを持っている人が多いですが、これは平均年収が高いって言うことに過ぎません。日本で最も終身雇用、年功序列を忠実にルール化している組織なので、バブル以前に公務員になった人がまだ大量に残っていて、平均を見れば高給に見えるだけです。

一般企業の場合はある程度の年齢になると片道出向になったり、役職定年でガクッと年収を減らされますが、公務員は片道出向がなく、定年まで役職をとりあげられませんから、給料はほとんど減らないので平均年収は高くなります。今の若手公務員が年を取った頃にはシステムが変わっているでしょう。

昨今の公務員叩きもあり、予算が削られているので、若手公務員は中年公務員の高給を支えるためにほとんど昇給していないのが現状です。さらに採用が絞られているので、若手の絶対数が少なく、大量の雑用を押し付けられていることが多いので、全然割に合いません。リストラにならないことを除けば、割のいい仕事ではありません。

日本の現状である「中高年を支えるために若者が食い物になっている」が如実になっている組織です。だって、古き日本の姿そのまま残る組織なんだから、一般企業よりも若者が食いものなるに決まっているでしょう?私には若者が公務員になぜ積極的になりたがるのかが理解できません

技術

特殊公務員を除けば、何の技術も身につきません。つまり、公務員になると、公務員以外はできなくなるってことです。公務員試験と言う難関を勝ち抜いてきた精鋭だとも言えるのですが、世の人はそう思わず、使えない人たちって言う判断をします。この思い込み、社会的評価が重石になります。実際、お役所ルールはそこでしか通用しないローカルルールみたいなものなので、そんなものにいくら詳しくともほとんど価値がないのです。

その上、若手に関しては仕事は楽ではないです。嘘だと思うなら、一杯飲んでから、市役所を覗きに行ってみてはどうですか?深夜まで明かりが普通についていますよ。毎日、定時で帰るのは出先勤務の公務員くらいで、若手はそんなところに配属されません。後は契約制の公務員なら、毎日、定時帰りでしょうね。まともに調べもせず、イメージで語るのが情弱です。

例外は霞ヶ関の官僚で、高学歴、国一突破、国費留学、の栄冠を勝ち取っているんですから、外資が欲しがります。何と言っても彼らは人脈、ブランドがあるんので、フロントとして外に出すのに向きます。もちろん、官僚の仕事は激務ですよ。後は技官はきちんとした技術があれば、欲しがる会社は多いでしょう。最も要らないのが役所の行政職でしょう。

将来

日本が破綻しない限り、リストラが始まることは無いでしょうが、今後は待遇がかなり低く抑えられるのは間違いないでしょう。一度待遇を上げると下げられず途方にくれることを国が学んでしまったので、ギリギリまで飼い殺しにするでしょう。一般企業もそうでしょう?

出来るだけ若者のを食い物にすることで自分たちの権益を守ろうとするのです。何と言っても決定権がある人間が所属する世代を優遇するのは当然です。これも一般企業もまったく同じ構造をしています。問題の先延ばしをして、今、権力を持っている世代が責任を取らない、ということです。

行政職はIT化によって必要絶対人数が減るでしょうし、単純労働とみなされて、ほとんど予算が与えられないのではないかと思います。バブル世代までは逃げ切ってしまって、その後の悲惨な状況を今の若手が押し付けられるようになるんでしょう。

その悲惨な状態が一巡した頃に景気が良くなってきて、誰でも公務員になれるようになり、待遇が徐々に良くなり、不況になり、公務員がおいしくなるっていうサイクルでしょう。その頃には公務員の業務も変わっているのでしょうが、なんでもタイミング、サイクルがあるものです。

まとめ

安易に公務員賛美している人、公務員批判をしている人は「単純な脳みそをした人だな。」って思います。確かに今の中高年公務員はおいしいけど、バブルの頃は一般企業勤務のほうがおいしかったんです。彼らからすれば、「今はその補償を受け取っている!」とでも言うでしょうよ。実際に彼らは新卒でボーナス100万円なんて時代は無かったんだから。

しかし、今から公務員になっても旨みが堪能できる可能性はほとんどなく、おいしい場所はしゃぶりつくされた状態です。おいしくなるとしたら、今から公務員になる人の子供くらいの世代ではないかと思います。歴史は繰り返されるっていうでしょ?

公務員に限らず、なんでもそうなんです。今は持て囃されている仕事なんてバブルの頃は相手にされていなかったし、20年前のシンガポールなんて単なる発展途上国だと思われていました。今では困難になったオーストラリア、カナダの永住権も誰でも取れましたよ。先行者利得を得るために、賢く生きたければ、人がやらないときに行動を移すことです!

0