じゃあ、通訳、翻訳

一昔前は通訳、翻訳ってある種の専門技術をもつ職人的存在でしたが、今では完全にコモディティー化しており、それだけで食っていくのはかなり困難になりました。何かしらのベースがあって、通訳、翻訳でないと、自立はできないでしょう。

一昔前

ニクソンショックの前は円はドルに対して360円に固定されており、海外に行くって言うのは出張に行くだけでもエリートだったんです。留学ともなれば、官費留学はバリバリのエリート専用、私費留学は富裕層の特権的行為だったのです。当然、帰国子女なんていうのも珍しくて、生の英語に触れることが難しく、触れたことがある人は特別だったのです。

単に英語ネイティブと生で話すだけでも都会に住んでいないと困難でしたし、練習に使う音源もカセットとか使っていたくらいですし、米軍向けラジオを聴きながら、訓練するくらいの血のにじむような努力の末に英語を習得していたのです。だからこそ、英語が話せるって言うのは技術だったんです。

今では英語を学ぶのも本当に手軽になり、Youtubeなどでそれなりにいい教材がタダで転がっていますし、Skypeでコーヒー一杯飲むくらいの感覚でフィリピン人と英会話レッスンできるようになりました。やる気さえあれば、誰でも出来るんですね。そのやる気がない人が淘汰されていくだけです。

帰国子女だ、英語圏留学経験者だ、なんて腐るほどいるし、彼らもピンきりに過ぎないって言うことがばれてしまって、特権的立場をすでに失いつつあります。帰国子女入試も徐々にハードルが高くなり、企業も単なる英語自慢なんて欲しくなくなってきたのです。古い体質の会社くらいしか、帰国子女に加点しなくなりつつあります。

当事者

さて、通訳、翻訳はあくまで第三者を介しており、正確に伝えることが非常に難しいです。どこまで行っても、当事者同士でやり取りしたほうが圧倒的に伝わるのです。例えば、同じ専門を持つ人間なら、片言の英語でも言いたいことがわかるだろうし、普段からブロークンでいいので、コレポンのやり取りをしていれば、仕事に関連することならわかるものです。

したがって、当事者でない通訳、翻訳って限られた場面以外で要らなくなっているんです。簡単なやり取りなら、通訳なんか使わずに英語で当事者がやりとりしますし、翻訳するのはよほど重要なものだけで、そうでなければ、英語のままでやり取りを残しておけばいいからです。当事者が辞めても、後任者も英語がわかるので、それを英語で読めばいいだけです。

私はまったく知識のない分野の話は日本語でされても、さっぱりわかりませんので、通訳して欲しい、と言われても、「それは無理です!」っと言うしかないです。英語力以前にまったく知らないことは通訳しようがないのです。通訳が特定の分野に特化しているならともかく、何でも知っている人なんて存在しませんので、専門的であれば、あるほど、上手く伝わない、と言うことになります。

要するに簡単なことは当事者同士でやり取りをするし、難しいことは通訳がその専門を理解していないと通訳しきれないので、的を絞らないと仕事が取れず、的を絞りすぎると、それだけで食っていけない、という「帯に短し襷に長し」というなんとも言えない状態になりがちです。

特殊分野

会議通訳、国際会談通訳、などの特殊分野の需要はなくならないのでしょうが、あくまでニッチであり、需要は限られているのに、やりたい人間が多すぎて供給過多だと言っていいでしょう。英語を含めて、語学が好きな人は沢山いますが、彼らを必要とする舞台がほとんどないのです。

「じゃあ、マイナー言語の通訳はどうだ!」っという話ですが、需要がないほとんどない上、特殊なバックグラウンドでもない限り使えるレベルになりません。例えば、アラビア語通訳になりたいとしても、アラブ人の多くが英語を扱えますし、英語と違って、アラビア語の教材がほとんどないので、片親がアラビア語の母語話者で幼い頃から指導を受けている人でもない限り、普通の人がまともに通訳できるレベルにはなりません。

警官の友達にポルトガル語通訳なら、結構仕事があるって聞いたことがあります。理由は日本には出稼ぎブラジル人がいて、貧窮して、犯罪に手を染めて、警察の厄介になるが、まともに日本語も話せないし、当然英語も話せません。母語のポルトガル語で話してあげないと、調書も取れないからだそうです。ただし、正採用は少ないし、リスクも高いので、お勧めはしないって言っていましたね。

何と言っても、犯罪者なので、言っている事が二転三転するし、感情的になっているので、何を言っているのかも良くわからない状況で、責任持って通訳やるのは困難でしょう。「犯罪者なんぞ、適当な通訳で、豚箱にぶち込めばいいんだよ! 冤罪?、疑わしきは罰しろだ!」っという鬼畜精神を持った人にはいいかもしれません。

まとめ

映画翻訳の大御所として知られる某先生、英国魔法使いの話を翻訳する某先生の英語力はかなり怪しいと言われています。長期英語圏で過ごしたこともなく、英語圏の学位を持ってもいないだけでなく、意訳を完璧に通り越した誤訳を頻繁に目にするからです。戦後の混乱期に見よう見真似で始めた仕事で大御所にまで上り詰めただけで、きちんとした基礎がないのでしょう。この分野に限らず、こういう人はおじいさん、おばあさんでは珍しくありません。

英語の勉強はすべきですが、入れ込んでも、それ自体を職業とすることは困難なので、あくまで自分の専門を生かすためのツールだということをしっかり意識して、やるべきだと思います。どうしてもと言うなら、通訳業務の公務員になることをお勧めします。仕事が減ってもクビになりません。フリーランスだと完全に干上がります。私が知る限りで、フリーランスの通訳、翻訳はワーキングプア覚悟か、副業としてやるものです。

一介の通訳から世界的サッカー監督になったモウニーニョさんっていう人がいますが、彼の強みは英語ではなく、元々は選手で、サッカー業界のことを理解しているっていう専門性があった上で、英語が出来たので、通訳として裏方に入り込み、徐々に政治力を発揮、結果を出すことで、のし上がることに成功しました。

彼は通訳上がりなので、インタビューも英語で受けますが、お世辞にも上手いとは言えず、よくいるラテン系の英語話者くらいで、大したレベルではないです。私が知る限りでも、シンガポールであったラテン系英語話者の平均レベルって所だと思います。あのくらいの英語力のポルトガル語母語話者でいいなら、腐るほどいるでしょうが、サッカー業界経験者っていう条件を入れると、母数ががくっと減るのです。

つまり、通訳、翻訳業界で生きて生きたいなら、モウニーニョさんのように何かしらの専門性、アクセントを加えないと、単純通訳では競争が激しすぎるため、とても生活していくこともできないし、まして、そこからのし上がっていくことなんて無理ゲーすぎますよ。英語を売りにして何かをしよう、ということ自体が時代遅れだと思います。

0