じゃあ、会社の本質

多くの人がサラリーマンですが、会社ってなんでしょうか?

オーナー

アングロサクソンは「会社はすべてのステークホルダーの為に。」とか言いたがるんですけど、そんなきれいごとは嘘っぱちで、資本主義では会社は株主のものであって、社員、近隣住民のものではありません。アングロサクソンはきれいごとで着飾った肉食動物であり、どんな手を使っても、勝ちにこだわります。

オーナーはどんな手を使っても、資金調達、投資、回収、利益を出すことが求めら得ていて、本格的に資本主義がスタートした産業革命ではオーナーはやりたい放題にして、労働力を搾取しました。そして、その反動で労働組合、労働法が生まれたので、このルールには従わなければなりません。

つまり、オーナーにとっては会社とはお金の成る木であり、その木を枯らさないためにルールにのっとって、あれこれ考えるのがオーナーの仕事です。木が枯れてしまえば、お金は成らなくなりますし、お金がなくなれば、資本家の立場を失います。

経営者

オーナーが経営をしたくない、という場合は代理人として経営者が雇われます。日本の場合、上場企業経営者はサラリーマンで、この人たちはオーナー(株主)が決めた指針に従って、経営をして、利益を出して、オーナーに還元することが求められます。大株主がいない会社だと、なあなあに成りがちです。

サラリーマン社長がそれほど強権的でないのはオーナーでないので、あまりにも激しいことは出来ないし、責任も取れないので、適当なところで妥協するからです。妥当と思われるレベルを選択して、滞りなく経営できて、その報酬を受け取るのがサラリーマンの仕事です。

オーナー、経営者が同じ場合は中世の殿、下僕の関係になりやすく、殿が決めたことは白いものも黒い、ということになります。その殿が有能だと、凄まじい勢いで成長しますが、無能だと、ずるずると落ちていきます。多くの無能殿様は二世、三世なので、有形無形の内部留保を食いつぶしながら、少しずつ死んでいきます。

従業員

会社はオーナーのもので、経営者のようにオーナーから経営を託されているわけでもない従業員ごときはいくらでも入れ替えることが出来る駒であり、割に合えば、そこで時間を売って、生計を立てればいい、それだけのことなので、深く考える必要なんてないんです。

何度も言っていますが、鬼軍曹はオーナーでも、(実質)経営者でもないのだから、何の為に同じ奴隷を叩いて、悦に浸っているか?を考えなおしたほうが良いですよ。部下、同僚を叱責したり、顧客にこびたり、仕入先に高圧的に接して、買い叩いて、その見返りはどのくらい得られるのかを考えたほうが良いです。

もっと楽に生きることを考えたほうが良いんじゃないですか?日本の労働法では滅多なことでは解雇できません。(その代わり、雇用の流動性がないのです。)だったら、仕事そのものが楽しいのでないなら、適当にやりながら、給料だけもらっていればいいのです。それが世界標準なんだと思います。

まとめ

ブラック企業に勤める人はもっと肩の力を抜いて、やることだけやって、適当にしていればいいのです。ブラックの証拠をちゃんと集めて、反撃できるようにしておくべきです。そして、未払い残業なんかはきっちりもらって辞めればいいし、ネットで叩きまくってやればいいんですよ。ちょっとした世直しです。

日本以外ではサラリーマンなんて、頑張らないのが基本です。旨みが保てるラインを考えて、線を引いて、それ以上は踏み込みません。会社に滅私奉公しても、オーナーでないなら、得られるものはたいしたものではありませんし、特に日本企業は役員報酬で年に1億円ももらえない会社がほとんどです。命削って、資本家に尽くす人生ってどうなんでしょうね?

1+