じゃあ、AIの登場

どこでもAIの話題で持ちきりですが、本格採用になると、世の中はどう変化するのでしょうね? あまりにも大きな変化になりそうで、怖い気もします。

流通

自動車は電気機器となり、搭載されたAIにA地点からB地点に移動するように頼むだけで、あとは寝ていても、B地点についているようになるでしょう。そうなると、自動車は電車のような存在になり、Uberなどのプラットフォームで予約をして、乗り合いバスのように途中で人を乗せたり、おろしたりしながら、移動していくことになるのかもしれません。

AmazonなどのEコマースビジネスは自前の流通を築き上げるでしょうし、その研究開発に余念がないです。ドライバーを追い込みながら、運輸会社を買いたたいて、激安で運ばせるより、AIの無人トラックで集配所まで運んだら、ドローンで個人宅を回って、集配ボックスに入れていく世の中になっていくのかもしれません。

そうなると、流通業が店舗を持って、商品を売るビジネスは特殊なものを除いて成立しなくなります。特に家賃の高い都会で店舗を持ち、接客させれば、それだけで固定費が増えるため、オンラインショッピングに太刀打ちできなくなります。

そこまでならないにしろ、すでに進んでいるレジの自動化はほぼ100%になり、品出しもAIが行うようになり、何人かを防犯、サービスのためにおいておけば、それで物を売ることができる時代になっていくでしょう。レジ打ちのパートをする主婦、なんていう存在は時間の問題で消えていくでしょうね。

事務作業

AI弁護士が登場したとニュースを見ましたが、これも一般化するでしょう。過去の判例から、最適解を見つけ出し、提案するのは人間より、AIの方が明らかに優れているからです。そうなると、裁判そのものが少なくなり、特殊なケース以外は示談になっていくのかもしれません。パターン化するなら、裁判はお互い面倒なので、わざわざする意味がないです。

会計なんかはすでにソフトが非常に優れているので、重要な最終判断以外はAIに判断してもらった方が客観的だろうと思います。会計法を超える解釈は出来ないので、決められた範囲内で、分析するなら、余計な感情が入らない方がいいに決まっています。そうなると、経理事務なんかは存在意義がなくなります。

銀行の融資なんかも一次審査はAIに任せてしまうべきだし、採用も書類審査はAIにやらせた方が効率がいいでしょう。窓口業務に至っては人がやるとミスが圧倒的に増えるのだけです。商売の中で事務をする人がいなくなり、経営者、技術者、技能者、しかいなくなるのかもしれません。

製造

すでに多くの製造業がコモデティー化しており、ファブレス企業がその高い利益率から、幅をきかせるようになり、製造を手がける会社はあくまで下請けの立場になりつつあります。デジタル化によって、誰がやっても、ほぼ同じことが出来るため、設備産業になっているからです。具体的にはアップル、グーグルは製造なんかしないし、ソフトバンクが買ったARMも設計しかしません。勢いのある企業は製造なんかしないのが当たり前になりつつあるのです。

例外的にシャープを買ったホンハイが勢いがありますが、凄まじい投資をして、薄利をスケールメリットでカバーしています。まあ、テリーゴーだって、いつまでも下請けやっているつもりはなく、どこかで自社ブランドを抱えるつもりでしょうし、シャープの買収はその流れではないでしょうか?

製造において、AIはこの流れをさらに加速させるでしょうし、製造に関わる直接人員を飛躍的に減らすでしょう。無人工場が当たり前になる頃に先進国に製造が戻ってくるかもしれませんが、あまり雇用は産みませんし、製品の価格競争力を保つために間接人員の営業なんかもほとんどいなくなり、プラットフォームで売るようになるんでしょうから、純粋に製造に集中するのでしょう。

まとめ

あなたはハイテクとどうやって向き合いますか? 一つの解はAI、ロボット、設備なんかのメンテ側に回ることで、今のところ、AIは自分でメンテできないので、そこに回るために「取り立てやりたいことのない凡人は機電行っとけ!」という提案をしました。

そこがあまりにも強調され、反発を買い、反論しているうちにまったく生産性のない学歴論争に巻き込まれることになって、どんどんグダグダになってしまったんですが、本当はその先を議論したいのです。さて、人類は何をして生活をすべきなのか? どんな考え方で、ハイテクと向き合ってよりよい生活を手にしましょうか?

ハイテクにハイテクで対抗するのは非常に難しいので、逆にローテクという意味でいうと、小規模農業、DIYなんかは人間の基礎的な営みである衣食住に直結するので、上手くやれば最低威厳の食い扶持くらいは稼げるのではないでしょうか?

自産自消がテーマとして上がることが多くなりましたが、その土地のものをその土地で消化し、地元を誇りにし、観光客を呼び寄せ、お金を落としてもらう、という流れの中に入れば、中間マージンを排除し、体験にお金を払ってもらうことは可能ではないでしょうか?

Youtubeの普及で、CDが売れなくなっても、みんなライブは行くんですよね。ロックフェスなんて、どんどん増えているし、経験、サービスにはお金を払うんですよ。特に一体感のある空間に人はお金を払います。私自身にもはっきりした正解はないのですが、AIの登場は人類が自分たちの原始的生活の基本を考え直し、技術と向き合い直す時なのかもしれません。