じゃあ、部下のタイプ

上司のタイプを記事にしたので、部下のタイプも記事にしたいと思います。

有能型

簡単な指示を出しておけば、何が必要なのかを理解して、どんどん数字を出してくれる最高に使いやすい部下です。非常に有能なので、仕事を与えれば、与えるほど結果を出します。このタイプは二種類あり、秀吉は仲間作りがうまく有能な身内が何でもこなしてしまいますし、光秀は本人が何でもそつなく出来ます。

彼らの取り扱い注意はたった一点であり、有能なので、自分が正当に評価されていないと思ったり、きちんと機会を与えられていないと思うと、すぐにいなくなってしまうことです。また、権限を与えすぎると、反乱を起こす恐れがあり、十分に気を払っておかないと何をするかわかりません。

有能なサラリーマンはうまく自分の能力を隠すべきで、黒田孝高はあまりにも謀略が得意すぎてうまく評価されなかったといわれ、功績の割りにあまりにも惨めな待遇に甘んじました。主君の秀吉が腹のうちを見透して嫌な気分にさせるような鋭さがあったのではないかと思います。博多の黒田家は息子の長政の家康への政治活動できちんとした知行を手にしたわけです。

忠誠型

さほど有能ではないが、 明確な指示を出せば、きちんとこなしてくれる忠臣であり、これはこれで非常に意味があります。なぜなら、有能すぎる部下は何考えているかわからない部分があり、気を許せない部分があるのに対して、忠誠型はシンプルにオーナーの言っている事が絶対だと思っているので、気安い関係なのです。

私が凡人は出来るだけ長く同じ会社に勤めたほうがいいよ!っと言うのはこれが理由であり、トップと言うのは孤独であり、優秀でないものの、忠実に仕事をして、自分に忠誠を尽くしてくれる部下って言うのはかけがえのない存在だからです。余計なことをしないっているのは大事なんです。

織田家では池田恒興、前田利家なんかがこのタイプにあたり、信長が子供の頃からの仲であり、ずば抜けて優秀ではないものの、言われたことはきちんとするので、相応の評価を受けます。面白いことに信長の死後もうまく立ち回って、両家ともに家を存続させています。大して有能でもないのに謀略を練っているより、シンプルに権力者に忠誠を尽くしているほうが生き残れる率が上がるでしょう。

無能型

無能な人間の多くは自分を無能だとは思っておらず、そのギャップがオーナー、周りに迷惑になります。オーナーが明確な指示を与えても、無能な人間は勝手に自分流の解釈をして状況判断するうえ、結果として失敗するので、どこをどうとって評価できないのです。

この手の無能な人間はプロパーであり、何かしらの利権を握っているので、リストラしづらいので生き残っています。中途採用でこの手のタイプが入社しても、あっという間に居場所を失って、いなくなるので、害はないのですが、プロパーはそれでも生き残ってしまうので迷惑です。

かの信長ですら、林、佐久間をリストラしたのはかなり後であり、組織の中で利権を一回握ってしまった人間を叩き出すのは結構大変であり、慎重にリストラしないと、組織は混乱し、敵に漬け込まれる事態になりかねません。

逆に言うと、自分が無能だと思っている人(無能だと知っていれば、完全に無能ではないですがw)は新卒で大企業、役所に入って、そのまましがみついているのが正解です。有能でもないし、空気も読めない、言われたこともこなせない人間が転職してプロパーとしての立場を失えば、地獄一直線です。

まとめ

多くの人はオーナーではないし、有能でもないので、忠誠をみせて、信頼型を目指して、サラリーマンしていればいいのです。有能すぎるの人は隙があれば、乗っ取ったり、独立を目指すべきで、あまりに長居しても、有能すぎる人間は厄介なのでどこかでたたき出されるものです。そうでなくとも、割に合わない程度の待遇しか貰えないことが多いです。

身の程を知ることって本当に大事で、バカな人間ほど、勝手なことをして、評価を得られず、いられなくて、職を点々とするものです。そして、待遇はどんどん落ちていって、気がつけば、一番最初に入った会社が最も待遇がよかったっていう惨めな状況に追い込まれます。

1+