じゃあ、危ないメーカー

読者さんから製造業で、これは危ないな、というシグナルについてコメントがあったので、転載します。製造業に勤めている人は自分の会社が大丈夫なのかを見返してみるといいと思います。

モノつくりの会社で以下の兆候が出るとやばいです。(三つ以上で黄色信号、五つ以上で赤信号)

・設計部、生産技術部、製造部などのフロアでやたらパワーポイントを触っている人が増える。

・~アクションプラン、~リカバリープランという実態がよく分からない抽象的なスローガンが通達される。(伸びてる会社は売り上げを前年比+5%など具体的な数字をスローガンに盛り込める)

・~推進室、~プロジェクトというよく分からない部署やプロジェクトが二~三年おきに出来ては消える

・目的の分からない会議が多いが、会議で発言する参加者は一部に限られ、残りの参加者は終始ノートPCとにらめっこ

・事務系社員が工場のラインの手伝いをやり始める。(技術が無い、営業としてももはや役立たず。本音では辞めさせたい)

・労務時間管理などの名ばかり管理が横行するが、労務時間を削減するための組織改編などは行われる兆候がない。一人一人が工数入力ソフトに工数を入力しなくてはならず、技術部の余計な作業が増える。→技術検討の時間が削られる(幹部層が改革案を考案できず、とりあえず管理と集計でお茶を濁す。)

・製造部が数の論理で設計部を圧倒し、設計からの指示にあれこれ難癖をつけてなるべく仕事を回避しようとする。

・昼休みに机の上に突っ伏して寝込む人が増える

・黒字スレスレ、もしくは赤のリスクがあり、なおかつ短納期の引き合いでも無理して取ろうとする。

・立場の弱い人に難癖をつけていじめる(中堅層が新入社員に報告書の体裁が悪いとケチをつけて何度もやり直しをさせる)

・中堅社員が新人に仕事を教えない。→教えないがために生じたミスをドヤ顔で叱る(会社の将来性のなさを中堅社員は敏感に察知するが、いまさら転職先も見つけられない。→自分を脅かしそうな部下を可能な限りつぶして、自分の立場を守ろうとする)

まとめ

これってどの業界でも言えますが、経営が上手くいかなくなると、具体的目標でなく、精神論、根性論が横行して、些細な利権を守るために上司が部下を切り捨てようとしたり、誰かをスケープゴートにして、自分だけ生き残ろうとしたりして、所属している人間全員が疲弊してくる、ということです。

この手の会社って、外資だとすぐに倒産するんですけど、日本企業だと、社員が責任感、環境を変えるのにビビッて、盲目にその会社を信じ込んで、動かないので、ゾンビ状態でも、生きながらえてしまうことが多いです。そして、末期症状として、スーパーブラック企業になっていく、というパターンだと思います。

あまりにも多く自分の所属企業が当てはまるなら、転職を考えたほうがいいと思います。

0