じゃあ、橋下行政

リクエストをもらい、ずっとテーマにしているのですが、地方自治とは何なのか?を橋下行政から学びたいと思います。橋下行政とは「大阪都構想」であり、それは何なのか?ということが全てでしょう。

中央集権

言うまでもなく、日本は中央集権国家のであり、東京の政策に地方が付いていくし、地方に独自財源が少なく、国の顔色を伺いながら地方自治体は運営してます。実際、地方自治体首長も中央官庁出身者が多く、選挙で選ばれているとは言え、東京の植民地になっています。

中央集権は国の発展に有利な制度で、中央が決めたことに地方がそのまま従うため、国が一つの方向を目指して突き進んでいきます。それが明治維新以降の日本の基本体制です。藩主が東京に来て、政府が地方に役人を送って統治し、それが公選になっても本質的なことはあまり変わってません。

更に日本は一党独裁状態です。戦前は薩長門閥政権、軍事政権、戦後はずっと自民党政権です。つまり、政府首脳で決まったことが議会でしっかりと議論されることもなく、そのまま通り、そのまま地方に連絡されて、そのまま施行されていく、という「お上の通達」だったわけです。

これが悪いわけではなく、日本の明治以降の発展は素晴らしく、たった数十年で食い物にされる弱小国から列強にのし上がっており、明治維新のモデルケースは中国、朝鮮を中心に見習うべきやり方として評価されています。

今でも中国がインドをリードするのは中央集権の差が大きいだろうと思います。同じ大国、多民族国家ですが、中国は共通語を決め、共通ルールを決め、地方は中央から派遣された官僚がそれに従うだけなので、一度決まったことは徹底されます。

一方、インドは共通語は徹底されず、各地は各地のやり方に任せており、インド人同士ですら、英語でないと会話できない、その英語もほとんどできないインド人はザラにいます。中央で決まったことも、地方に行く頃には形骸化し、地方独自ルールに変わってしまいます。

地方自治

さて、日本の発展を支えて来た中央集権を変えなくてもいいじゃないか!っもいう意見もわからなくもないですが、これは開発余地が大きく残された発展途上国に適したやり方であり、発展が一定まで進んだバブルで終わりのやり方なんだ、と言うのが大前研一氏の平成維新の骨格的考えです。

大前氏はアメリカの大学を出て、アメリカ人の妻を持ち、米系企業で力を持った人なので、アメリカかぶれと言われることも多いですが、地方自治の考え方についてはやはりアメリカの州をモデルとして考えています。アメリカのあり方を日本にどこまで持ってこれるのか?は別にして面白いアイデアです。

中央政府は国としての基本的なことにしか介入せず、各地が独自のルール、財源を持つことで、特色を出していき、競争をして行くことが個性、質の高い生活に繋がっていく、と言うことでしょう。それを望んでない人が億出して、東京のウサギ小屋に住まなくても、日本はそんなに狭くもないのでは?、といいたいのだと解釈しました。

アメリカはDCが形式的な存在で都市としてはニューヨーク市の方が大きいし、経済規模はカリフォルニア州がぶっちぎってます。多かれ少なかれ各地に特徴ある産業があり、競い合ってます。日本でもそれが実現できるなら理想的です。

EUはある種の地方自治、分権であり、緩やかな統治によって各国が個性を持って、競っていきましょう、と言うものですが、勝ち組、負け組と別れてしまい、負担の多かったイギリスが出て行くことになりました。地方分権が必ず成功するようなものでないにしろ、先進国が進んでいく道なのでしょう。

大阪都構想

さて、橋下徹氏がしようとしたのは日本の第二都市圏である大阪を広域化して東京都と同じように一元化しようとしたわけです。それによって大阪がかつての勢いを取り戻し、東京に出来ないことを出来る都市として再生することを目論んだわけです。

実際、過去において大阪は商業の中心であり、堂島の先物市場などの先進的なやり方が生まれた土地でもあるため、東京にはない味があり、活気に溢れた街でした。それが、中央集権、東京一極集中が進むにつれて、何の特徴もない地方都市になってしまいました。

現状の問題点として、大阪府、大阪市が別々に行なっていた行政により、無駄、中途半端なことが累積し、借金まみれの行政運営を放置してきました。特にひどいのが大阪の公務員の堕落であり、中央官僚、市役所OBがトップに立つため、利権に触ることもできず、有耶無耶にしてきました。

市営バスの運転手が民間の倍報酬を受け取るとか、業務と関連の薄いものを業務用として無料で配る、とか身内に甘々の運営をしてきたわけです。自治体首長としては支持層が公務員、その関連に連なるであるなら、そこに切り込むわけがなく、借金を増やすことを何とも思わなくなったわけです。

橋下徹氏の上手いところはここを前面に押し出したことです。はっきり言って大阪都構想は難しいです。その内容を把握するにはかなりの知識と努力が必要です。だから、ほとんどの人は理解できないし、しようともしません。でも、公務員の無駄遣いをやめせる!というのはわかりやすいので、橋下支持に回るわけです。

大前研一氏の平成維新はもっと難しく、あまりにも理論的すぎる為、政治家、官僚には有意義な提案かもしれませんが、一般人にはちんぷんかんぷんであり、だから、都知事選でわかりやすい青島氏に惨敗したのだと思います。深いことを考えたくない人の方が世の中には多いです。

さて、話を戻すと、橋下氏の構想としては大阪府、大阪市、堺市を一元化して、監督官の役割に制限して、各区の権限を大幅に与えることで、競争し、独自性を持たせ、その枠を広げて広域都市として大阪府を変えていく、というものであり、これが成功すれば、各地に広がる可能性があり、日本が変わる可能性を見出したわけです。

橋下氏は最終決戦に敗れるわけですが、敗因は中途半端に国政に手を広げたり、素養、経験のない人間を身内に入れてしまったことで、不祥事、足並みが揃わなくなり、「漠然とした不信感」を有権者に与えてしまったことだろうと思います。元々、大きな変化は怖いものであり、勢いが必要ですが、その勢いが政策と関係ないことで削がれたわけです。

まとめ

よく考えてみると、極めて面白いことをしており、成功すれば、まさに維新になっただけの大事業になったでしょう。私個人としても、中央集権は十分なので、もっと個性ある地方を作っていくことを望んでいます。東京のミニチュアが地方にあっても、何の魅力も感じません。

日本の新しいモデルケースとして大阪が地方分権をやってみたら、面白かったと思いますが、橋下徹氏は政治家を辞めてしまいましたし、残っているのは小粒な政治家だけですので、頓挫してしまった、という形です。何か継続できる方法がないのか?と思います。

14+