じゃあ、信長と尾張

織田信長人気は凄まじいものがあり、ドラマ、漫画、ゲームと日本のサブカルチャーの一翼を担う存在になっています。海外輸出すらしていて、アジア圏ではそこそこ知られた存在になりつつあります。今回の記事では信長が尾張という生国から、どんな影響を受けたのか?を考察したいと思います。

農業

戦国時代の農業技術だと、農地にできる土地は限定的で、米作ができる土地はプレミアと言っても構いませんでした。尾張でも、知多半島は不毛の土地として知られ、漁業でしか生計を立てられんでしたし、隣の三河も広いけど、農地に適してはいませんので、メインは濃尾平野です。

日本は山国なので、平野は貴重です。尾張には濃尾平野があり、きわめて豊かな土地でした。今では名古屋が工業都市になってしまったので、農業のイメージはありませんが、戦国時代では尾張は農作物が多く、面積の割に石高は多く、上国に分類されていたのです。

当時は現代のような灌漑技術がないので、自然を利用した水の引き込みをしていて、尾張では木曽三川からの支流、その又支流なんかを利用して、水田を作り、そこで米を作っていたのだろうと思います。だから、米、という作物を日本人は特別視するのかもしれません。

商業

尾張は商業も盛んで、海運で栄えていました。戦国時代は今の尾張地方よりも内側にえぐれていて、熱田、津島は神宮であると共に海運都市でもあり、各地の名産品が運び込まれ、参拝客が買っていったのです。

人と物が流れれば、そのにお金が落ち、そのお金で人は動く、という経済の基本を信長は幼い頃から理解していたのでしょう。父親の信秀が財力にもの言わせ、朝廷、幕府に献金して、政治利用してますからね。信長の経済力を使った政治力の行使は父親の影響もかなり大きいと思います。

信長は上洛して、まずは商業地の占拠、支配体制の確立から始めてます。堺なんかが典型的ですが、これは彼の故郷がそういう風土だからであり、現代社会では当然ですけど、彼の時代としてはかなり新しい考えです。

中世型の君主だと、まずは土地の占拠、その土地を部下に分け与えることから始めて、商業地に価値をさほど見出さず、お金より、土地にこだわります。信長はお金、次に茶器を褒賞として見出し、土地がなくとも、手柄に報いる方法を編み出しています。経済感覚がその当時としてはずば抜けて優れた人だったのです。

軍事

尾張侍は商人のようだ、と言われていたようで、中世の御恩と奉公的な考えはなく、メリットの多い方に着く、という考え方で徹底していたそうなので、信長は早くからプロ軍人、傭兵化を勧めています。

中世のスタイルだと、国人がいて、その盟主がいて、各人が土地を持ち、その土地の住民が農地を耕し、戦争になれば、武器を取り、戦地に出かける、というものでした。武田家なんかは典型的です。

その為、長期遠征すると、本国の農地は荒れるし、里心がついて士気が下がります。その代わり、国人への個人的感情があり、土地への愛着から真剣に戦うわけです。戦況が悪いので、逃げる、と言うことはできません。

武田信玄が長期遠征出来ず、小競り合いを繰り返していたのに対し、織田信長が長期遠征を繰り返し、とどめを刺すまで戦ったのはこの事情にあり、傭兵は給金で働いているので、特別手当のつく長期遠征はむしろ有り難いのです。

まとめ

信長が育った風土を少し考察しましたが、当時としてはかなり先進的な土地で育ち、父親も先進的で、彼が独創的な人間であったのもありますが、育ちの影響は大きいと思います。後を継いで天下統一した豊臣秀吉も商業的ですし、尾張という土地柄でしょう。

それに対して、徳川家康は農耕的で、日本の経済を米単位にしてしまった為、江戸時代の経済は米を中心に回っています。信長もしくは秀吉のやり方が日本に馴染んでいたら、現代の日本人の気質も変わっていたでしょう。

三英傑は全員が本拠地である愛知県を捨てていますけど、その影響は色ごく受けており、信長、秀吉は尾張的ですし、家康は三河的です。三河的家康には中央である近畿から本拠地を離したほうがメリットがあると思ったので、関東平野を持つ江戸に幕府を設定したのでしょう。