じゃあ、本田宗一郎

本田宗一郎さんについて記事をリクエストされただけでなく、いくつかのキーワードを指定して、構成して欲しいとの要望がありました。少しずつハードになっていくので、私の文章力も少しずつ上がっていくでしょう。

ホンダ

ホンダは日本有数の大企業ですが、なんでもするコングロマリットというわけではなく、創業者が残した社是に沿って運営されています。他社と組まず、ホンダらしさがなくなるなら、会社は倒産したほうが良いと考えているので、再編の進む自動車業界で孤立していますし、日本企業にありがちな大きくなって行くにしたがって、官僚的組織になることがなく、あくまでも技術屋を貫いて、今に至っています。

今後、ホンダの独自路線が良い方向に進むのか?、はわかりませんが、良くも悪くも創業者の思想を頑なに守って運営されている会社ですし、「自動車メーカーに入りたいのでなく、ホンダに入りたいのだ!」という意思を持ったエンジニアが集まってくる不思議な大企業です。エンジニアしかトップになれないだけでなく、高卒役員もいますし、高卒デザイナーなんかもいたりして、フワフワしたブランドを追いかけるのが嫌いみたいです。

最大手のトヨタ自動車が「大政奉還」と言って、創業一族の4代目総領息子にトップの座を返還してしまいましたが、ホンダは本田宗一郎氏の息子さんは「無限」という別会社を作って、本業に触らせないようにしていたのは有名な話です。力のある人間が上に立つべきで、単に創業者の息子が世襲すると、会社が傾くと考えていたみたいです。

危ない企業にありがちな本業に興味がなく、社内政治が好きな人がトップに立つと会社が傾いてくる、ということはホンダとは無縁です。ソニー、シャープ、パナソニック、東芝、と文系サラリーマンの天下になったメーカーは徐々に落ちぶれるのが王道ルートになっています。逆に上手くっている例を知りません。

みかん箱

マスコットの「ぬるりん」はみかん箱の上に立って?いますが、本田宗一郎氏もみかん箱に立って、演説したそうです。この手の話は良くあって、ビール瓶のケースを使ったりもします。どぶ板営業、と呼ばれるやり方で、「自分は形にこだわらない」というスタンスを前面に出すやり方です。

最近だと、孫正義氏がこの手のことを強調していますが、一人のリーダーが自分の考え方を社員、顧客に伝えたい時、みかん箱のような実用性一点張りのお立ち台に上って、少し見やすくする程度の位置から語りかけ、その反応を探りながら、対話する意思がある、と見た目で伝えたいのでしょう。

本田宗一郎氏はそういう平社員目線、エンジニア目線を最後まで失わなかったトップであり、どこの工場に視察に行っても、尊大な態度をすることはなく、人間と人間が夢を語り合い、手を携えて、目標に進むのだ、ということが口だけでなく、全身から現れていたカリスマだったそうです。

だから、「ぬるりん」の第一声は「悪いブロガーじゃないよ!」であり、みかん箱の上に立って、ぬるりと生きる、にたまたま通りがかった人、たまに来てくれる人、毎日のように来てくれる人、わけ隔てなく、自分の言葉で思うことを語り、その反応を素直に受け止められる存在でいたいです。まあ、カリスマは目指してませんけどw

いい仕事をするには、女のことが分かってないとダメ

だと本田宗一郎さんは言ったそうですが、ごもっともだと思います。なぜなら、人類の半分弱は女性であり、男性は女性の歓心を買うために何でもやる動物だからです。ほとんどの男性は「女性にもてたい」から頑張るのであって、女性に興味のない男性はゲイ、無気力、病気、のどれかに当たるでしょう。

つまり、車を売りたいなら、女性がどんな車の助手席に乗ってみたいのかな?、と想像できないと、売れないのです。スポーツカーの助手席でぶっ飛ばしてみたい女性がいる、ファミリーカーの助手席で大きな空間でくつろぎたい女性がいる、ゴツイ車の助手席で周りに威圧感を与えたい女性もいるでしょう。

もてないオッサンがデザインした車なんて、ダサイし、コスパが良くないと売れないんですよ。だから、割高な車を売っている欧州車のデザイナーはいかにも、女性にもてそうなチョイワルオヤジなんじゃないでしょうか?テスラもイケイケの欧州人デザイナーを引き抜いているらしいです。

広告業、メディアは若い女性を露骨にターゲットにしますし、イベント成功の鍵は綺麗で若い女性をどれだけ集めるか、にかかっています。女性に好かれることをすれば、女性自身がお金を使わなくても、性に飢えた男性が群がって、お金を落としていくのです。男性は自分が興味なくても、若い女性が興味を持っていれば、興味を示し始めます。

今まで、あまり意識していませんでしたが、ぬるりと生きる、ですら、ほとんど男性だけ(しかも、濃いキャラw)だった読者層に女性が加わり、徐々に女性名物キャラが登場しだす頃から盛り上がりって来ましたし、ギスギスした感じがなくなってきて、おだやかさが出てきました。

こうして考えると、私、温利も若い女性にキャーキャー言われるようにならないと、ぬるりと生きるはメジャーにならないでしょうが、まあ、来ないでしょうねw 若くてかわいい子は自分は無敵だと思っているし、年寄りの苦言みたいなことは聞きたくないものです。何処に行ってもちやほやされるのに、ぬるりに来て、否定されたくないでしょうw

まとめ

やはり偉人って、色々学ぶことがあるのだな、と思います。今の時代に本田宗一郎さんが転生して、同じように大きな仕事が出来るのか?、は怪しいところですが、時代を駆け抜けたヒーローであったことは間違いなく、後世にも語り継がれる伝説を残した人です。

細かなところは別にして、大筋のところで人間の本能が変わっていないのであれば、名言、格言、というのは一定の説得力があり、噛み締め、味わってみると、温故知新というように今の世が見えてくるものだと思います。第2版ではたまに故事を取り上げていましたが、第3版でも続けて行きたいです。