じゃあ、太平天国の乱

リクエスト記事で太平天国の乱について書きたいと思います。

洪秀全

太平天国の教祖は洪秀全、と言ってローアーミドルに生まれて、科挙に合格して官僚になることを夢見て勉強してきた人です。田舎の秀才、というところで、図抜けた存在ではないが、ある程度の学力を持っていたので、家族の支援で受験勉強を続けられたのでしょう。

古今東西、同じパターンになりますが、この手の人が目的の試験に合格できないと、気が狂ってきます。洪秀全は三度目の失敗で精魂尽きて寝込んでしまいます。日本の大学入試でも二浪が限界で、それ以上は単なる消耗戦になる、と言いますが、人間の気力が続くのは三年までなのでしょう。

そこで、洪秀全は寝込んで熱にうなされる中、神の啓示を受けた、と幻覚を見ます。現実に耐えられなくなり、精神世界に入り込んでしまった、と考えるのが一般的な見方だと思います。しかし、洪秀全は科挙に固執して、さらに6年後にも受験して失敗します。医学部浪人みたいになってますねw

キリスト教

洪秀全がハマったのは西洋からもたらされたキリスト教です。科挙とは中国の古典思想、文学の丸暗記なので、コンプを完全にこじらせて、激しい嫌悪になったのだろうと思います。キリスト教は神のもとに全ての人は平等である、と考えるため、序列主義になりがちな、孔子の儒教思想へのアンチテーゼとして丁度良かったのでしょう。

他の新興宗教、運動も同じですが、完全に新しい教義、思想を構築するのはかなりの手間暇がかかり、並の人間に出来ることではありません。マルクスも気が狂うほど取り組んで資本論を書き上げてますし、チュチェ思想も一線級の思想学者が生涯の仕事として取り組んだ作り上げたそうです。そうなると、他からプラットホームをパクって来ることを選択するわけです。

某新興宗教は古今東西、生存中の人物すら憑依させて有難いお言葉を発するらしいですし、オウム真理教も仏教界のカリスマ、ダライ・ラマ氏も利用しようとして近づいてます。シールズも団塊世代が作り上げた左翼の一派ですしかありません。多かれ少なかれ有名であったり、権威を持っている何かを乗っ取ってしまうことが楽なんでしょう。

興廃

清朝末期って、完全に混乱期で名君亡き後に入り込んで来た西洋勢に中国は食い物にされ、誰もが不安を感じているため、その心の隙間に徐々に入り込んで大きな運動になっていきます。その為、活動地域は南部の広州などの西洋化が進んで来た地域であり、西洋への興味、反発が入り混じった感情に突き刺さったのでしょう。

首都を南京に定めたのも偶然ではなく、西洋諸国が拠点とする上海、香港までは迫らないし、清の本拠地である北京と対になる場所が好ましいからです。その後の日本軍が支援したのも南京政府ですし、中国において南京という立地は中央、西洋のちょうど空白地帯になるのでしょう。

陳勝、呉広の乱もそうですが、何かしらの着地点を持って起こった反乱ではなく、学歴コンプのおっさんが世の中への怒りをぶつけただけの反乱ですから、内部崩壊したところに、清が危機に対して復活の兆しを見せ、西洋勢の支援を受けると、見る影もなく萎んで行きます。

まとめ

コンプ、怒り、というエネルギーは大きいのですが、それだけで突っ走っても、その先は見えています。だから、どんな運動を起こすにしても、理念を体系的にしっかりと用意して、着地点を見据えた上で動くべきなのだな、と思いました。そうでないと、プラットホームの乗っ取りから、カルト集団になりかねません。

政治運動にしても、大阪維新が一定の成果を上げられたのは理念が明文化され、着地点が定まっていたからです。瓦解したのは国への圧力を加える為に大阪が定まる前に国政に手を広げてしまったこと、最終決戦の住民投票で負けてしまったことです。本当に理念を共有できる仲間だけで、初志貫徹できたら、結果は違ったのかもしれません。

政治家になることを検討している温利としても、運動とは前段階の理念の明文化、着地点をあらかじめ設定しておくことが大事なのだ、と言うことを改めて思いました。現状への不満をぶちまけて、怒りをぶつけて大きくなっても、内部崩壊するんですよね。

3+