じゃあ、ゲイツの助言

ヤフージャパンをダラダラと見ていたら、あのビルゲイツが若者に向けて、アドバイスをしたそうなので、ぬるり読者の若い人たちに向けて、ぬるり流の解釈を加えながら、記事にしたいと思います。

I would explain that smartness is not single dimensional and not quite as important as I thought it was back then. I would say you might explore the developing world before you get into your forties. I wasn’t very good socially back then, but I am not sure there is advice that would fix that — maybe I had to be awkward and just grow up…

ぬるり訳

多少の意訳はしますので、異議のある人はコメントください。

今振り返ると、僕が思っていたほど、賢いってことは重要でもなければ、一元的なものでもないって言いたい。40代に入る前にもっと発展途上国を見て回ったら良いんじゃないか、と思う。僕はそんなに社交的でもなかったけどね。でも、若いころの自分自身にそう言ったとしても、戸惑って、変わることなく、そのまま成長したんじゃないかな?

このブログにもくる序列主義者、特に偏差値病、学歴中毒の人って、言い換えると若いってことであり、ハーバード大の学生である自分は人より賢いだとか、エリートだとかって、ゲイツ氏ほどの卓越した人でも、若い頃に思っていたことをさらっと告白しているのではないかと思います。若気の至り、というか、誰でも通るステージなのでしょうし、私、温利にも覚えがあります。

そこをさっさと乗り越えて、「賢さ」というものはいろんな種類があり、学力が高いということが「賢い」ということではないし、それぞれが自分の得意な分野で「賢さ」を追求すべきだ、ということではないでしょうか?それが私の言う「ニッチを狙え!」ということで、局地でいいので、勝てるステージを見つけて、そこで生き残る努力をするのが本当の努力だと思います。

翻訳:梅本了平氏

「“賢さ”の定義は1つだけではないし、当時の自分が思うほど重要ではないと言うだろう。40代になる前に発展途上国をもっと旅して回るべきだと言うかもしれない。当時のわたしはそこまで社交的ではなかったし、それを克服できるようなアドバイスも思い当たらないな。もしかしたら、変わり者としてそのまま育っていけばよかったのかもしれない…… 」

正直に言うと、梅本さん訳はかなり変だと思いました。

違い

当たり前ですけど、ゲイツ氏はアメリカ人なので、英語で答えていて、その発言を日本語訳にすると、翻訳者の捉え方で解釈が変わってきます。梅本さんという人を知らないのですが、私との解釈の違いは「Awkward」という単語の訳し方です。「変わり者」と訳した梅本さんにたいして、私は「戸惑い」と訳しています。

私は「Awkward」を「変わり者」と訳すのはかなり強引で、通常、そんな意味ありません。そうではなく、年長者に老婆心で何かを言われたときに若者が感じるのは「戸惑い」であり、誰かに何かを言われたから、といって、そんなに簡単に変わらない、とゲイツ氏は言いたいのだと思います。

ゲイツ氏の意図にどちらが近いのかを争うつもりはなく、どうでもいいのですが、ここで言いたいのは原語で読めないと、翻訳を鵜呑みにすることになり、自分なりの解釈も出来ません。世界で一番通用度の高い英語ですら、満足に扱えないと、常に二次情報に接する必要があり、精度が高い情報に触れづらくなりますので、英語はどんな仕事する人も多かれ少なかれ取り組むべきだと助言します。

まとめ

成功者って、上から目線で説教くさいことをいうものですけど、ゲイツ氏が率直に語るので、真の成功者はすごいな、と思って記事にしました。誰にでも若気の至りはあり、老婆心で年長者からアドバイスをもらっても、それを生かすことも難しい。だから、いろんなことを経験して、いろんな人にあって、自分の中で消化して、成長していくしかないんだよ、と言っているのでしょう。

私もまったく同じことを思っていて、この記事を読んでも、若い人に響かないことのほうが多いでしょうが、何かしらの疑問を持っていて、答えをほしがっている状態になっている若い人がたまたまこの記事を読んだら、響くかもしれませんから、書きました。最終的には自分が変わろう、としていない人に何を言っても無駄だと思います。素直じゃない人、意固地な人は損をするし、成長しない、ということです。