じゃあ、清

さて、リクエストにより始まった中国史も最後に近くなり、清が終われば、現政権である中華人民共和国に突入します。欧州勢の侵略が進んでいく末期はよく知られているので前半を書いていきたいと思います。

女真族

清を語るときに漢民族王朝ではない、ということは極めて重要であり、清の支配者である女真族はモンゴル系狩猟民族であり、漢民族とは文化、習慣が違います。そのため、清という国も漢民族的なものではなく、狩猟民族的です。文化としては金と同系統のものであり、中国語で金、清の発音は似ています。

前時代の明ではモンゴル系諸民族は上手く飼いならされて分断統治がされ、お互いにいがみ合うように仕向けられていました。彼らは狩猟民族ですから、その収穫の売り先が必要です。その貿易権を一括させないようにしていたわけです。そうすれば、利益が集中しないし各部族が利害関係の為にいがみ合います。

その中でヌルハチという人が頭角を現してきて、李成梁という朝鮮系の出自を持ち明の派遣で遼東(朝鮮半島に近いあたり)の鎮撫に当たっていた武官の下で大きく成長をしていきます。李成梁は徐々に地方軍閥のようになっていき、明中央への対抗から女真族の統一をしようと考え、その旗頭にヌルハチを選びます。

明は豊臣秀吉の朝鮮出兵に気を取られており、ヌルハチの台頭を放置していた為、ヌルハチはどんどん大勢力に成長し、女真族の統一、モンゴル系諸族を統一すると、後金を打ち立てて中央へ進出します。ちなみに清の政権を確立したのは三代目の順治帝になります。明も腐敗していたものの、そんなに簡単に崩れない体制ではあったんですよね。

三世の春

現代でも漢民族が身内に甘く、可能な限り甘やかす文化を持っていますが、清はモンゴル系で皇帝とは一族の長であり、最も優れた人間が後を継ぐ習慣を持っています。この辺はアラブ諸国の王様みたいなもので、放牧民はそういう文化を持っているのだと思います。リーダーがバカだと全滅してしまうのは自然相手のビジネスの方が顕著です。

そのため、清の後継者争いも激しいですが、一族間の競争を経て後継者となった人間が明らかに無能であることはほとんどなく、三世の春、と呼ばれる清の黄金時代を迎えます。歴史的にも三代続けて有能な人間がトップに立つことは極めて珍しく、第4代康熙帝・第5代雍正帝・第6代乾隆帝と名君が続いて百年以上繁栄したのはすごいことです。

康熙帝は質実剛健で知られ、時間の問題で反乱を起こすことが見えていた漢民族系外様大名の制圧開始し、三藩の乱で押し込まれるものの粘り強く対処して、勝利を収めると、モンゴル文化の保護をして、武力が衰えないように気風を引き締めました。

その後を継いだ雍正帝は後継者争いでずっと混乱しました。ようやく、皇帝権力を手中に収めたのは四十過ぎてからであり、治世が短かったため前後と比べると、それほど大きな功績を残しているとはいえませんが、勤勉な勉強家として知られています。チベット、外モンゴルまで勢力圏を広げてロシアとの対峙まで持っていったのはこの人です。

乾隆帝は幼い頃から後継者として目され、若くして皇帝の座につき、次々と遠征して勢力圏を一気に拡大していきます。東南アジアまで遠征して、ネパール、ミャンマーまで進出しています。清の勢力圏が最も拡大した時代です。ただ、それ以降はイギリスが中国進出してきて次世代への火種を作り出し、本人も耄碌して派手三昧を繰り返して清の衰退が始まっていきます。

その後

イギリスから始まった産業革命は欧州、アジアの実力差を決定的にしました。武力、技術、制度、経済など、白人からすれば、アジア人など赤子の手をひねるくらい楽勝な相手になっていたんです。富を奪いながら、東へ進んで、貿易で富を奪い、麻薬漬けにして清は半植民地にされてしまうわけです。

イギリスに触発された他の欧州諸国、イギリスの植民地だったアメリカの台頭が続いて、現代に続く白人王者、アングロサクソン支配体制が確立されていき、日本は清が白人達の食い物にされるを見て危機感を持ったことが一因で、明治維新が決行され富国強兵への道に進んでいきます。

現代、中華人民共和国がチベット、ウイグルを勢力下において、それを正当化しているのは清の勢力圏だったからで、今と同じように一定の自治権は認めるものの中国中央の支配が及んでいたのだから、一国とみなす、ということらしいです。

清も女真族という少数民族でありながら、多数民族の漢民族を支配下において、文化、言語の全然違う民族を支配下に置くことは苦労していましたが、明を直接的に滅ぼしたのは李自成であり、えげつない形で簒奪したわけでなく、大義名分があったうえ、明の遺産も生かしたのでそこまで反発されなかったのがあるでしょう。

現代中国が反日を止めないのは中国共産党が日本帝国を中国から追い出して政権の座についた、という大義名分が強権発動させるために必要なので、国民の一致団結を叫ぶ時、あわせて反日も叫ばれるのは当然といえば当然でしょう。単に日本を含めた帝国主義強国が去った後、中国は空白地になり、内乱の末に共産党が勝って、国民党は負けた台湾へ去った、ということではダメなんですよね。

まとめ

リクエストを受けたのが西晋からスタートだったので、そこから1500年くらい後の中国の話ですが、ここまでくると現代中国に大きな影響があり、欧州勢のアジア進出まで話が進みました。ここから先の歴史は欧州勢の侵略とそれに対抗する日本との戦いになって行き、中国はひたすら食い物にされる弱者へと落ちぶれます。

改めて思うのが、中国は戦乱の歴史、内乱の繰り返しであり、他民族国家であり、今は他民族を虐殺されている漢民族も、逆に下についている時代もあったわけですね。(満州族に関しては同化されているので、独立、政権奪取を目指して蜂起することはないでしょうがね。)

こうしてみると、中国の復活は当たり前であり、一時期であっても、小国である日本が中国を圧倒して満州を割譲させた、というのは歴史的例外だと言っていいでしょうね。我々の先祖が白人達に食い物にされない為に必死に喰らいついていくうちに結果としてそうなっただけで、中国を圧倒することなどは本来、無理なんだと思います。

6+