じゃあ、リベラルアーツカレッジ

アメリカのリベラルアールカレッジについて考える機会があったので、私なりの分析結果を記事にしたいと思います。ほとんどの日本人にとっては「何それ?」って言う感じでしょう。

教養大学

日本語にすると教養大学、ということになるそうです。日本ではICU、国際教養がアメリカのリベラルアーツカレッジに近いようです。少人数を郊外に集めて、集中的に教育することで効果を上げようとするわけです。全寮制であることも多いです。

今でも東大は入った時点では教養学部所属で学部は大まかに決まっているだけですが、これは旧制高校の流れを残しているのでしょう。その旧制高校はアメリカだとリベラルアーツカレッジに近い存在だったと思われます。イギリスだとジュニアカレッジでしょう。

学部で専門をほとんどしないので、卒業後は大学院に進むことを前提とするのがリベラルアーツカレッジの特徴です。ヒラリー・クリントン女史は女子リベラルアーツカレッジ出身で、エール大のロースクールを出た後、弁護士をしていました。イメージ的には津田塾みたいなものでしょうか? 古くは創設者の津田梅子女史も女子リベラルアーツカレッジ出身です。

津田塾に限らず、日本の女子大もほとんど実学をやらないので、リベラルアーツカレッジに近いといえば、近いのかもしれません。元々はアッパーミドル出身のお嬢さん向けの学校だったところも、リベラルアーツカレッジに近いです。違いは日本の女子大行った後に大学院に進む人はほとんどいないし、ほとんどメリットもないところでしょう。

レベル

リトル・スリー、リトル・アイビー、と呼ばれる名門校も存在して、リベラルアーツカレッジは一概にショボイって言うことではありません。中にはユニバーシティートップ10に匹敵する入学難易度、同窓生をもつカレッジも存在します。しかし、ヒラリー女史の時代では女性がユニバーシティーに行くなんてっていう考えがまだまだ残っていた時代でしょうし、今の子供は優秀なら、あえてリベラルアーツカレッジに行く子供はほとんどいないと思います。

実際に私が知る限りでもクリントン夫妻の娘もハーバードを出ていたはずですし、自分の子供をトップスクールにねじ込めるくらいの力を持った人があえてリベラルアーツカレッジに放り込むなんてことはありえないでしょう。時代遅れの過去の遺産みたいなもので、積極的に選択するようなものじゃないでしょう。

フルスカラーシップがもらえるとかでもなければ、トップユニバーシティーを蹴って、トップリベラルアーツカレッジに進む人はいないでしょう。特にアメリカ人以外にとっては名門リベラルアールカレッジでも国外では全然知られていないので損ですから。理解すべきは学費はトップユニバーシティー並みに高いことです。少人数であるため、何もかもが割高になるので、年間4万ドルっていうのが平均的な学費になります。コスパは相当悪いです。

旨み

少なくとも日本人が行く意味はありません。リトルアイビーくらいでもアメリカ人でもなければ、知っている人がいないので、日本に帰ったら、「どこのFランをでたの?」っという反応をされるでしょう。リトルアイビーにも引っかからないレベルなら、事実上は学費の鬼高いFランです。

ちなみにジョブズはリードカレッジというリベラルアーツカレッジを中退しています。リベラルアーツカレッジとしても名門という評価ではなく、ジョブズに関係なければ、現地のアメリカ人でも知らないほとんどFランに近いような学校だと思われます。

しかも、ジョブズはスカラーシップも受けていなかったようなので、養父母の貯金を食いつぶす自分に耐え切れずにやめたと言っています。学歴なんて凡人を測る指標に過ぎず、彼のような天才を測ることは馬鹿げていますが、学力はたいしたことがなかったのだと思われます。

親が裕福だったりして学費問題に目処が立ち、大学院進学を目的とするなら、少人数制のリベラルアーツカレッジは質の高い教育が受けられるのでいいのかもしれませんが、文系の場合は大学院でトップスクールに入学しない限り、評価されないのでハードルが一気に上がりますし、理系の場合はリベラルアーツカレッジで基礎しかやっていないのに、すでに特定の専門でそれなりの卒論を出している学生と競うのはかなりきついです。

学部が存在しないロースクール、メディカルスクールなら、さほどの差が付けられていることも無いでしょうが、例えば、数学、物理を教養レベルでやっていただけの人がコンピューターサイエンスで博士課程にいきなり進むのはまず無理で、まずは修士に行く必要があるでしょう。ユニバーシティーでやっていた人は最初から博士にフルスカラーシップ付き進学するのが基本なので不利を否めません。

まとめ

要するに色んな制限があるので、日本人があえて進学するような大学でないのは間違いないです。デメリットは一杯あるけど、メリットはほとんどないです。第二次世界大戦前はアッパーミドル出身の子供が進学して基礎を固め、その後に専門を受けるという、あくまでゆったりと教育を受けていける余裕のある人向けだったのが、時代にそぐわなくなってきて、徐々に役割を終えている状態なのでしょう。

リベラルアーツカレッジに限らず、アメリカの大学はとにかく学費が高いので、親が裕福なのか、フルスカラーシップが取れない限り、理系であっても、あえて進学することは無いのではないかと思います。幸いなことに我々は先進国の日本出身なので、駅弁国立で十分に専門を身につけられます。更にアメリカと言うもっと大きな舞台で戦いたいなら、お金をもらって勉強すればいいと思います。借金して進学するなら、理想はトップ10くらい、最低でも20くらいでないととても割に合わないなぁ、と思います。もっと有意義なお金の使い方はいくらでもあるでしょう。