じゃあ、私大のメリット

私大のメリットはないと記事にしましたが、いや、あるよ!っという抗議のメールをもらったので、メリットを書きたいと思います。

立地

立地のいい旧帝大に入れる人には関係ないですが、駅弁、私大を比べると私大の方が立地が良いことが多く、若い頃、最低四年を過ごすなら、便利な場所で暮らしたいのが人情だろうと思います。特に首都圏出身者が駅弁に行くのはよほど田舎好きでないと、苦しむでしょう。

駅弁で下宿、私大で通学なら、そんなに費用は変わらないので、首都圏出身者はわざわざ地方に行かなくても良いのではないか?、と思います。医学部のように学費がまったく違うなら、その限りでもありませんが、私大理系って、そんなに高くもないです。

文系なんて、大学で勉強するよりも、コンパ、ナンパに明け暮れている方がいいので、都会にいた方がいいでしょう。遊びまくっているうちに徐々に洗練されてくるし、世慣れて来ます。具体的なスキルでなく、形のないことでお金をもらいたいなら、都会でコミュ力勝負です。

入試

関係ない科目をするのが嫌な人には私大がいいです。駅弁にこだわると、入ってから関係ない科目もやることになり、無駄が嫌いで、アクの強いタイプには耐えられないでしょう。機電なら、数学、物理、英語が出来れば、困ることはありません。

日本の入試は学部が一番キツイので、ここをクリアすることを主眼にして取り組むのもありだと思います。特に強い希望もないのに、駅弁に拘って大学浪人しなくてもいいんじゃないでしょうか?たかが入試の為に一年費やすなんてもったいないと思いますよ。受かるところに行って、専門始めてから、考えてもいいです。

専門

意外なんですけど、私立工科大って、プロパー教授が珍しくないんです。入試は苦手でも、自分の専門においてはしっかりした実績がある人も珍しくないので、専門を頑張りたいなら、プロパー教授の指導で十分に頑張れます。

そこから、ロンダも出来ますから、予備校気分で通うのもいいでしょう。東京理科大は東大、東工大予備校みたいに進学者が多いです。希望の進学先が近くにある方が何かと便利ですし、入試の為に上京する必要もなく、生活を一新しなくても、継続的に学業に取り組めます。

一方、私立文系は東大、京大出身者の植民地になっているので、露骨に見下してくる酷い教授も珍しくありません。地方大学だと、都会に帰りたいばっかりのやる気のない指導教官に溢れていると聞きますので、このメリットはありません。元々、文系は専門を頑張っても意味ないですけど。

まとめ

そりゃ、誰もが旧帝大に入れるならいいですけど、そういうわけではないので、状況に合わせて、私大も検討するといいと思います。東京の私大工科大って、その分野では優秀な人が多いですし、私はいいイメージを持っています。

田舎は国立絶対視する傾向がありますが、イメージだけの決めつけで、闇雲に国立狙うのでなく、やりたいこと、与えられた状況、将来性を考えて、その進路が本人にとって、選択肢を広げられるように、しっかり考えるべきでしょう。