じゃあ、シンガポール留学

あまりメジャーではないですが、シンガポール留学についても記事にします。

レベル

NUS、シンガポール国立大が東大を超えた、とか言いますけど、それは全くの嘘っぱちで、シンガポールが国策的に世界大学ランキングを意識した環境づくりをしているため、ランキングが東大の上に行くだけで、入試難易度、学生の質、論文の引用数、など、総合的な大学の評価ではそれほどたいしたことはなく、私の感覚的には日本で言うと、上位駅弁くらいの質の学校だと思っていいかと思います。

じゃあ、何でポイントを稼いでいるかというと、英語教育を行っているいうこと、外国人学生の多さ、世界的研究者が多く来ていること、トップスクールとの業務提携なんかで、お金にものを言わせてブランド力を高めているわけです。

NUSのシンガポール人学生はそれほど大したことないですが、周辺諸国からフルスカラーシップで来た学生は確かに優秀です。の国立大学のDean List (優秀者表彰)を見ると、恐らくはシンガポール人ではない名前がほとんどを占めます。シンガポール人のエリートは英米のトップスクールに行くからです。

とは言え、教育環境はいいな、と思います。キャンパスは広くて、きちんとお金をかけていますし、きちんと実績にある教授陣が揃っているので、まじめに勉強したければ、いくらでもできる環境です。周りの学生はシングリッシュを話していますが、ほとんどの教授はきちんとした英語を話しますし、きちんと意識をしていれば、正しい英語も身につきます。

難易度

なら、シンガポールの大学に行こうかな?、と思う高校生がいたら、気になるのは難易度だと思います。TOEFL80、SAT、IBを8割は取ってないと、国立大学の合格は厳しいかと思います。私立大学なら、ほとんど無試験で合格しますが、シンガポールで私立大学は全く評価されず、国立大学に入れない落ちこぼれの受け入れ先とみなされるため、就職でも初任給の提示額が違います。

正直なところ、日本育ちの日本人がTOEFLで80とって、SAT,IBで8割以上とれるなら、東大文系ならほぼ確実に合格してしまいますし、理系でも高い確率で合格するでしょう。それでも、シンガポールの国立大に行くの?、という疑問はあります。

SAT、IBは日本でいうところのセンター試験みたいなものなので、基礎レベルの試験を英語で八割取れれば、これで東大のセンター試験足切りを超えて、二次試験までこぎつけ英語で圧勝して他の科目がそんなに悪くなければおそらくは合格するでしょう。

日本人でその後の人生ほとんどを日本で生活するなら、シンガポールの国立大より、東大のほうが圧倒的にブランド力がありますし、その後の立ち回りに有利なので、身もふたもないことを言えば、東大に行くのをお勧めします。

あえて、シンガポールの国立大に行くなら、博士、ポスドクかな、と思います。個人的には東大の低予算で汲々しているなら、シンガポールに来たほうが明らかに良いと思いますが、東大出身者がシンガポールにはあまり来ません。

やはり、ほとんどの学生は世界最強国のアメリカに行きたがります。東大出身でもないのに、東大より世界ランキングが上のNUS大学院で学ぶ、とか偉そうなことを言っている人もいますが、単なる負け惜しみです。

資金力

シンガポールの最大の魅力は資金力で、すごくいい条件で受け入れてくれます。シンガポールの国立大に通う外国人学生でまったくなんの援助も受けていない学生はほぼゼロだといってよく、少なくとも私の知る限りで、完全に自腹を切っている人を知りません。

ともかく、合格さえすれば、何かしらの形で政府からの援助を受けられるので、経済的負担は低いです。最近は外国人学生への優遇批判が高まり、負担増になる傾向がありますが、それでも英米の大学に行くより安く勉強できます。

特に博士課程が顕著で、日本では自腹で博士課程に通っている人がいますが、シンガポールで自腹で通っている人はゼロだといって構いません。日本の学振より簡単に、高額の援助が受けられるので、本当にお勧めです。

プロジェクトに参加することで、給与を得つつ、パートタイムという形で博士課程に進むこともできますし、プログラム自体に奨学金がついていることもあります。条件のいいものになると、日本円で30万円くらいにはなるので、日本で新入社員やっているより、お金になります。

研究職につくなら、資金力がモノを言うので、低予算で頑張っても、報われない可能性が高く、より資金があるプロジェクトに参加して、目に見える結果を求めて、努力していかないと、テニュアはいつまで経ってもとれません。テニュア取らなきゃ、プー太郎を延々も続ける必要があり、ある程度の年齢まで行って、テニュア取れないと、世捨て人みたいになってしまいます。

まとめ

私が知る限り、日本人はシンガポールの大学に対して過大評価、過小評価に偏りやすく、日本のマスコミによるシンガポール推しから、東大超えた、とかいう過大評価もおかしいと思うし、シンガポール在住日本人のNUS卒なんて大したことない、とか言うのは単に日系企業に来るNUS卒は落ちこぼれ、やる気ない人なので、優秀なNUS卒を知らない、関わりがないだけです。少なくとも、私の知っているNUS卒の優秀な人が日系企業に就職したケースを知りません。

シンガポールの国立大はそんなにレベルが変わりません。シンガポールにおいてNUSが日本の東大にあたるものではないし、専攻の方を重視して、南洋工科大、シンガポール経営大にも流れます。専攻で初任給が違うので、選ぶ側も必死です。弁護士資格と直接繋がる法学部を除けば、理系の方が1.3-1.5倍高いです。

日本でくすぶった文系卒の事務系サラリーマンが現実逃避にシンガポールでMBAなどの文系修士を自費で取ろうとするのはたまに見ますが、意味はないので、やめた方がいいと思います。シンガポールでも大したオファーもらえないし、日本に帰っても、同じです。どうせ、ブランド力が欲しいなら、アメリカのトップスクールにしておくべきで、入らないなら、諦めた方がいいですよ。現実逃避にお金と時間を使うと、後の人生設計に狂いが生じます。

一応言っておきますが、シンガポールの私立大学は話にならないので、まったく進学するメリットはありません。