じゃあ、理系修士

理系に進むと、修士までが必須なので、6年必要だ、と、言い切る人がいますが、本当にそうだろうか?、と思います。私はあくまでオプションだと思っており、必要に応じて進学するものであり、最初から6年制の医学部、薬学部などを除けば、必要不可欠ではないのではないかと思います。

一般化

上位大学では8割くらいが修士に進むので、理系は医学部、薬学部だけでなく、実質的に6年制大学になりつつある、と言っていいでしょう。色んな理由があると思うのですが、技術革新により、最低限やらなければならない範囲が広がって、4年では基礎だけしかできず、何かしらの専門を持つところまでやりたければ、もう2年ないとやりきれない、というところだと思います。

例えば、東大は入学時点では大まかな分類しか決まっておらず、3年次の進振りで学科が確定します。そうなると、一年もしないうちに就活が始まってしまい、まともに専門を学ぶ時間が取れないというのもあるでしょう。最初から学科が決まっている学科でも、1,2年は一般教養中心のカリキュラムを組んでいる大学も多いですから、時間が足らない、となります。

また、受け入れ先の企業も修士で専門をある程度絞り込んでから、来てもらったほうが配属先を決めやすいって言うのもあるのかもしれません。また、日本企業も育てる余裕がなくなってきて、まっさらな人材よりも、少しでも専門性が高く、即戦力性が高い人材を欲しがることもあるでしょう。

逆に言うと、修士を持っていることに優位性がなくなっているともいえますので、本当に必要なのか?、をしっかり考えて、このオプションを選択すべきです。一般的に研究、開発部門は修士以上を必須としますが、そういった部署に配属されるのは一定ランク以上の大卒に限られるので、研究、開発を望んでいない場合はとの必要もないかと思います。

学歴ロンダ

理系修士が一般化してくると、学部と違う大学の修士に進むことも検討できます。ちなみにアメリカでは修士で違う大学に行くだけでなく、学部での編入すらさほど珍しくなく、ロンダは努力の証拠であり、見下されるようなものではないのですが、日本では「学歴ロンダw」っと言われます。これは日本の入試システムが学部入学に偏っており、修士で、難関大学に入り込むのも難しくないからでしょう。アメリカでは学部入学もAOシステムなので、変わりません。

実際に東大生ですら「学部入試より簡単な修士入試に落ちるなんてバカ、内部進学は中間テストみたいなもの!」っといいますので、日本でのロンダ組は違う高校の中間テストを受けに行くような感じだと言っていいのでしょう。ちなみに東大は内部進学者が有利ではあるが、ロンダ組みを明らかに差別して選考するわけではないです。だから、しっかり専門の準備をすれば、学部がどこであれ、東大修士を目指すことは可能です。

私は「だったら、ロンダすればいいじゃん?」っと思います。ロンダ組が企業から特定大学への求人に応募出来ないわけでもないし、応募しているなら、履歴書にロンダであることは書いてあるので、ロンダが嫌なら、面接に呼ばないでしょう。ロンダであることを理解して、面接に呼んでくれる企業に行けばいいです。

修士の段階だと、専攻のマッチ、指導教授との関係などは厳しくは問われず、大学名が最初に見られることが大半です。まあ、博士まで行くと、どこまで企業の求める人材と専攻がマッチしているか? 指導教授のその分野での影響力なんかが効いてくるので、安易に大学名だけで選ばないほうがいいでしょう。

専攻ロンダ

理系でも就職しづらい専攻があり、このままでは文系就職せざるを得ない、と言うなら、修士で専攻を変えることも可能です。例えば、学部で選択したバイオ系の就職しづらい専攻を修士で化学系に変えることで、理系ならではの専門性を生かした就職先を見つける助けにもなります。理系なら修士に進むことは何も変ではないので軌道修正がききます。

文系だと学部からやり直さない限りは何の専門性もない文系だという十字架を背負って生きていくことになります。「社会学部は就職に不利だから、経済学部修士に行きました!」っとか傍目から見れば、どちらも何の専門にもならないので、少しでも若い方が有利であり、学部の時点で就職するのが最善、という結論になります。文系は学校で勉強することが社会で一切生きないからです。

ノンエリート理論系学部生は積極的に考えたらどうでしょうか?トップスクール出身のエリートですら、農学部、環境系修士と進んだものの、専攻を生かす道が上手く見つからず、専攻が少し生かせる医療系SEを大手子会社でやっているケースを知っています。これを修士で化学系にしていれば、親会社に入れた可能性が高いです。大手に行くことが絶対だとも思いませんが、大学でやった専攻がほとんど生きない職場はお勧めしませんね。

海外

理系の学生なら「英語圏に行けばいいじゃん?」っと思います。通常、英語圏では修士をすっ飛ばして、博士課程に進み、その際に何かしらのプロジェクトに参加して、奨学金を得て、プロ学生として勉強します。英語圏での修士は専攻の方向性をちょっと変えたい、パートタイム、博士課程で脱落した、とか言うケースが多く、学部と同じ専攻に進むなら、修士をすっ飛ばして博士に行きます。

お金もらえるし、PhDっていう名前に日本人は弱いので、アカポスも得やすいし、英語力も上がる、海外でポスドクしたり、現地で就職したっていいし、永住権のポイント加算にもなる、といいことだらけです。ただ、どマイナーな仕事を見つけづらい専攻を博士でやらず、ある程度汎用性が高いことをしたほうがいいでしょう。

理系こそ海外に行ったほうがいいと思いますよ。損することはほとんどないので、TOEFLだけ規定点に乗せて、きちんと志望動機を書いて、送れば、興味を示すところは結構あるものです。トップスクールに行きたいとなると、色んなテクニックを駆使しないと入れませんが、中堅大学くらいなら、相応の志望動機さえあれば、奨学金を支給してくれます。

まとめ

理系の場合は学部がすべてではないので、積極的にロンダ、海外留学を検討すべきだと思います。きちんとした専門があるなら、就職先は日本企業、日本関連に限らずに存在するので、まさに国際的に活躍することが可能です。もちろん、中国人、インド人のような異常な国内競争を勝ち抜いたエリートたちと渡り合うことになるので、相応の覚悟も要りますがね。

私が理系を勧めるのは選択肢の広さが文系の比ではないからです。文系修士なんて「現実逃避」っと揶揄されますし、海外留学したくても奨学金が下りる可能性はほぼゼロです。また、海外大学を卒業しても、現地就職することは困難です。せいぜい、現地日系企業、日本人担当者、くらいの何の将来性もないデットエンドポジションになります。

学部が駅弁理系、修士が東大、博士がMITとかいう藁しべ長者みたいな人も存在します。大学入試は得意でなくとも、その専門ではずば抜けた実績を出せる人間も存在するのです。だから、自分の力を試したいなら、出身学部の殻に閉じこもらず、東大だろうが、京大だろうがロンダ修士受験してやればいいです。ダメで元々です。

また、やりたいことが決まっていないなら、学部で就職しておくのがいいでしょう。修士、博士は就職してからでも、問題なく戻れるので、一度就職して、環境を変えて、お金を貰う、という観点から、自分の方向性を定めて、それが修士、博士にあると思うなら戻ればいいのです。だから、漠然と進学するのでなく、投資する価値があるのかを慎重に見極めながら、踏み出すべきでしょう。

0