じゃあ、奨学金の嘘

奨学金って、日本で呼ばれるものって、正確には学資ローンで、単なる借金なんですけど、それをしっかり認識せず、借りて「返せない!」と騒ぐのは情弱丸出しだろう?、と思います。

奨学金

奨学金をスカラーシップと英訳するなら、返済不要の援助であり、場合によっては生活費も援助してもらえるものを指します。当然、それだけの能力が必要で、学力なり、それ以外の能力で社会、学校に貢献できると判断された子供が受けることができる特別待遇だといっていいです。

不平等社会のアメリカですが、ずば抜けて能力が高ければ、お金をもらって学ぶことができるので、才能があるのに、経済的理由で諦めなければならないことはあまり多くありません。多少なりとも、可能性があれば、チャンスを与えられます。これは制限付きであるものの外国人にも適応されるのが、アメリカの懐が深いところです。

その意味で日本では援助を与えるに値する子供に与えず、与えるに値しない子供に与えている感はあります。例えば、理系博士課程の学生はアメリカに限らず、多くの国で学費全額免除、生活費も得られますが、日本では学振、と呼ばれる日本学術振興会の特別研究員枠は限られていて、取れても、生活するのにギリギリです。

日本学生支援機構

旧日本育英会は日本学生支援機構、と名前が変わったのですが、やっていることは変わらず、ほとんど無審査で希望する子供に学費、生活費を貸し与える機関で、当然ですが、回収率が低く、運営が厳しくなっています。Fラン文系進学者に貸し与えて、回収できるわけないですよね?

「貸す」という概念であるなら、その「信用調査」をする必要があり、その貸金を回収してビジネスとして成立します。金貸しなんて、貸すだけなら、どんな馬鹿でもできますけど、回収するのは簡単でありません。(詳しくはウシジマくんを読んでください!w)そして、担保を取っていないなら、学生に貸すのでなく、親に貸すつもりで融資を行うべきです。そういう概念なく運営しています。

例えば、大学進学のために500万円を借りたとして、それが無利子であっても、年50万円返して、10年もかかるのです。それができるのは優良企業に就職できる一部の学生だけで、グレー企業、ブラック企業にしか就職できない学生は返せないし、まして、文系は正社員就職できない人がどの大学でも2割はいるので、その人たちが借りているなら、回収できないのは当たり前でしょう?

学生

左翼の息がかかった学生がデモとかしていますけど、恥ずかしくないのだろうか?、と思います。自分の意志でお金を借りて、返せない、と騒いでいるなんて、社会をなめているのだろうか?、と思います。無理やり貸したわけでも、契約上の嘘をついたわけでもなく、民間企業ならあり得ない無利子、僅かな利子で借りたんですよ。それすら返したくないっておかしいでしょう?

そして、そういう文句言っている人って、中堅未満の私立文系なんですけど、そういう大学って就職できなくても、親が何とかしてくれる人のためのレジャーランドであって、国がタダで用意してくれるモラトリアムではないですよ。自分の意志でまともな企業に就職できるかかなり不透明な大学に進んだのなら、その責任は自分にあります。大学のホームページで就職状況がみれるでしょう?

大学は就職養成所ではない、とか言う人がいますけど、そういうことを言っていいのは就職しなくてもいいボンボン、お嬢だけで、就職できないと、干上がってしまう人が言うべきことではないです。むしろ、就職を有利にする以外の目的で、大学に行く意味はありません。だから、大学、その学部が何を自分に与えてくれるのか?をシビアに見て、進学の判断をすべきでしょう。

まとめ

日本学生支援機構なんて、潰したらいいんですよ。税金つぎ込んで、大学に行く価値もない子供を無理やり大卒にしなくていいです。そんな予算があるなら、現実に即した職業訓練学校をもっと増やせばいいのです。文系にしか進めないレベルの子供なら、手に職をつけることを考えてやるべきです。行政書士すら取れないレベルの子供が法学部に行っても意味ないし、高校レベルの数学も理解できない子供が統計を学びに経済学部に行く意味なんてないでしょう?

0