じゃあ、氷河期世代

次は氷河期世代に行きましょう。通称、ロストジェネレーション、ロスジェネ、とも呼ばれ、池井戸潤さんのロスジェネの逆襲でも、話題になった世代です。

誕生

氷河期世代が生まれた頃、日本はすでに人口オーナスに突入し、団塊ジュニアと比べると激しい競争に晒されたわけではなく、それほど他人を気にしなくなり、学校教育も人権重視になりつつあり、強制丸刈り、体罰、荒れ果てた学校が変わっていきました。

思春期にバブルが崩壊、幸いにも自分の家は良くとも、嫌なニュースばかりを目にしたり、友達のお父さんの勤める会社が倒産した、合併した、リストラ食らったとか、先行きに不安を感じながら、成長しているので、コスパ主義で、無駄を嫌います。

大学受験もそんなに大変ではなく、バブル期に新設した大学は定員割れを起こしてして、Fランク大学が続々と登場したため、誰もが望めば、大学に行けるし、中堅大学の文系でよければ、ほんの少しの努力でほとんど誰でも入れるようになりました。

大学に入って、先輩が就活で精神をボロボロにされる様子を見てビビり、かなり早い段階から、自己分析、面接対策をして、今では定番化した就活ツールが始まった頃の人たちです。上の世代ほど受験は厳しくありませんでしたが、就活は困難を極めました。

この世代は上の世代ほど学歴、学歴、と二言目には言いません。オンラインでは一部の学歴中毒が喚いても、オフラインでいきなり名前の前にA大学出身の、、、と紹介する人はほとんどいません。

仕事

文系だと手当たり次第に何十社も受けて、一社でも内定が出れば、御の字だというくらい本当に仕事がなく、特に2000年前後はどうしても仕事が見つからず、非正規、ブラックにやむなく就職する人が後を絶ちませんでした。

池井戸潤さんのロスジェネの逆襲では上の世代なら、親会社の都銀には入れたであろう人材が子会社にようやく潜り込むのが精一杯で、やることはやるが、冷めていて腐っている様子が描かれます。

この辺りから終身雇用の概念が崩れ始め、入りたい会社から内定が取れず、やむなく入った会社をすぐに辞める人も珍しくなくなり、第二新卒という言葉も一般化してきます。しがみついていても、報われないのが頭に染み付いている世代です。

バブル世代、団塊ジュニアの上の世代が多すぎ、企業が雇用調整をしているため、同じ世代が少ないだけでなく、下の世代もあまり入ってこないため、いつまで経っても若手扱いの人も多く、割りに合わない思いをしている人が多いです。

この世代は後輩が少なく、ずっと何でもやってきたので、優秀な人が多いですが、下の扱いにあまり慣れてないし、可愛がったりもあまりしません。聞かれれば、答えますが、聞かれない限りは放置します。

仕事がこんな調子なので、結婚にも前向きでない人も多く、結婚するなら、共働きが前提だとも考えるようです。専業主婦を叩くのもこの世代からで、団塊ジュニア世代までは専業主婦を受け入れているような気がします。

思考

美味しい思いをしたことがないので、ネガティヴ思考の人が多く、二言目にはコスパと言うし、出世も望んでない人が多いです。上の世代をみて、旨味を感じないからでしょう。中途半端に課長くらいになって、板挟みで苦しい思いするなら、一生ヒラでいい、と公言する人も珍しいありません。

この世代には非正規を淡々としてきた人もいて、その人たちは何もかもを氷河期のせいにして、自分の不遇の言い訳にして、負のオーラが体に染み付いています。若い頃に就職できず、非正規をして時間が流れ、小泉政権時のプチバブル期には年齢制限で正社員になれませんでした。

IT革命を思春期で経験しているデジタルネイティブと言っていい世代なので、アナログを嫌い、新しく技術に抵抗がありません。仕事上でファックス大好きなのはこの世代以下にはおらず、パソコンの簡単な設定くらいはほとんど誰でも出来ます。

自分は好き勝手やるけど、他人が好き勝手やるのも気にならない世代なので、趣味に生きている人も多く、人目を気にせず、仕事が終われば、内にこもっている人も多いです。ノミニケーションを嫌がる人も多いです。おきまりの「コスパが悪い」と思うわけです。

まとめ

下のゆとり世代、さとり世代に続く流れは氷河期世代が原型になっていて、これから下はほとんど反発をしあいません。氷河期世代は下に奢りもしないけど、偉そうにもしないので、無理に誘わないので、お互いやりやすいみたいです。彼らはわからないものを理解しようともしません。

氷河期世代が社会の根幹を担うようになると、サービス残業、パワハラ、根性論はかなり下火になっているだろうと思います。また、仕事の効率化が進んでからでしょう。彼は紙媒体でないと、受け付けない人たちではないし、コスパにうるさいので、時間の無駄も嫌いです。

負のオーラが身についている人はともかく、やれといればやるし、調子のいいこと、適当なことは言わない、押し付けもしないので、扱いやすい人たちだと思います。日本を復活させるなら、この世代だし、この世代がダメなら、もうダメだと思います。

0