じゃあ、投票改革

コメント欄で投票改革について話題になったのですが、なんか何もかもが手作業で面倒だな、と思います。変えればいいのに、と思うけれど、変えている国もないので変えられないのかもしれません。

投票

なんで、わざわざ投票所に行かなければならないのか?という疑問があります。今の時代、オンライン投票でいいだろう?と思う人は多いと思います。不正防止というなら、投票権を持っていって生年月日を確認するだけなら、オンラインの方がより厳しく出来ませんか?

でも、たいていのことがオンラインで出来るシンガポールでも投票だけは投票所にいく必要があります。他国でもオンライン投票が可能になった、という例を聞いたことがないです。それはIT大国のアメリカでもそうだし、小国リトアニアでも同じでしょう。だから、何か理由があるのかもしれません。

シンガポールは野党に投票すると、政府にマークされるという噂がありますが、現政権に批判的な人をマークしたいなら、むしろ、オンラインの方が証拠が残しやすいのでいいでしょうし、あえて手書きにする意味もありません。

手作業大国の日本ですら、住民票、印鑑証明はセブンイレブンで発行できると思いますが、それと同じようにセブンイレブンで投票ではダメなんでしょうか?今回のように台風が来て、日本中で雨が降っていると、投票所はパンク状態でしょうし、誰も得しません。

集計

未だに投票を手で書いているのだから、手作業で集計するしかないわけですが、これって本当に無駄ですね。深夜まで人の手で集計して、深夜残業手当とか払って必死になって数えているなんてアホみたいです。オンラインなら定刻が過ぎた次の瞬間に当落選がわかるはずです。

オンラインの在宅投票はダメだというなら、せめてマークシートにしろよ!という意見もありますが、間違い、誤字脱字の判読を考えるなら、マークシートの方が明らかに楽ですし、かなりのコスト削減になるでしょう。

紙の無駄、エコでない、というならタッチパネルの方がいいのでは?タブレット端末なんて数万円ですし、他の役所業務でも使えばいいので何も損にならないと思いますね。もういい加減手書き書類は止めましょうよ。何のメリットもないことに拘る意味は何ですか?

反対

施政者にとっては投票率は低いほうがいい、という意見があります。世襲議員のように組織票を持っている人は気まぐれな浮動票ができるだけ入らないほうが自分の当選確率が上がるわけで、総選挙って夏休み最初の日曜日みたいな、選挙に行く気をなくす日が設定されることが多いです。

現政権は自民党で、昔から自民党って支持基盤を田舎の中高年なんですよね。田舎ほど自民大国です。だから、オンラインだとか、タッチパネル投票だとかを嫌がる層が支持層だともいえますし、その人たちが手書きでなくなることを理由に無投票になると損害です。

ちなみに自民党が若者に支持されだしたのは最近のことです。民主党が悲惨な運営をしたことで野党に期待をしなくなったんです。昔は若者たるものリベラル志向、若干左寄りであるべきだ、という考え方が支配的でした。それが都会的で教養のある人間の嗜みだとされたんですね。

でも、左翼って中高年にしか支持されなくなりつつあり、シールズを懸命に応援したのは同世代の若者ではなく、安保闘争で敗れた中高年、その残骸みたいな人たちであることは知られています。だから、オンライン投票にすると、軽い自民党支持者の若者が入れるかもしれません。

まとめ

何かと動きの遅い日本に期待しても無駄なので、まずはリトアニアあたりでネット投票を始めてもらいたいですね。シンガポールは政治に関わることはかなり繊細なので、なかなか進まないと思います。あまり大きな声で言えないような選挙の仕方をしています。

当たり前の話ですが、政治家が投票をしない層に厳しい政策を採るのは当たり前ですし、それ以上に自分自身の政治スタンスを考える機会を放棄してもいいの?と思います。でも、せっかくの日曜日に選挙に行きたくない。街に出てナンパしたい、と言う気持ちもあるので、投票はネットでもいいのではないでしょうか?

11+