じゃあ、契約社会

どんなにキレイゴトを言っても、誠意とは金です。それ以外の手段で誠意を見せるなら、命をかける必要があります。

契約

あるプロ野球選手が誠意とは言葉でなく、金額、と言い切って契約更新交渉をしていましたが、まったくその通りで、彼はフリーランスなので、自分の技術に対する評価は金額なのは当たり前です。言葉でいくら感謝の意を伝えられても、来年、自分のパフォーマンスが落ちたら、手のひら返され、何を言っても、年俸を下げられるでしょうから、上げられる時にあげるべきです。

日本人は契約意識が極めて薄く、口約束、慣習という不透明なもので、なあなあにしてはっきりとした契約書もなく、仕事を始めて、後になって揉めることが本当に多いです。アメリカ人は本当に些細な見積もり依頼でも、秘密保持契約のサインなしに情報公開をしません。サインしてから、知らん!っと言っても、無駄で、裁判起こされて、契約通りにむしり取られます。

弁護士の数が足らないから、日本企業は契約に弱いんだ!、と言うのまったくの的外れで、契約とはプロでなく、素人の契約意識の問題ですから、弁護士が増えても、何の解決にもなりません。実際、ロースクールの乱立だ弁護士が急増しましたが、単にインフレしただけで、需要は増えませんでした。

口約束

口約束って、人によって、国、地域によって、解釈が違い、「行けたら行く。」は人によっては「行くつもりはない。」と言う意味の断りで、はっきりと「ノー」と言って、相手を傷つけたくないから、若干の含みを持たせているわけです。私は曖昧な言い方をしませんが、他人からそう言われたら、来ないものだと判断します。

ボブディランさんがノーベル賞授賞式に「行けたら行く」Absolutely, If it’s at all possible、と言って、行かないそうですが、私は最初から来ないだろうと思っていました。アングロサクソンは契約社会の住人なので、口約束だろうが、公的な場で言い切ったことは履行を求められるので、適当にかわしただけです。

彼は反体制、反戦運動なんかを売りにしていた人なので、権威の象徴であるノーベル賞なんか嬉々して受け取るわけにいかないし、かと言って、欲しいことは欲しいし、最大限に注目を集めるまで、姿を現さず、ノーベル賞委員会が痺れを切らすギリギリまで、待ってから現れて、受賞はして、式には出ないんでしょう。反体制気取っている人って、歳をとると権威の亡者になるものです。

私は日本人同士でも、余程信用できる人以外との口約束なんて信用しません。特に東南アジア人たちは「行く」と断言したって、来ないことがざらなので、時間通りに来ない、ドタキャン、連絡も取れない、なんていうのは当たり前なので、プランBを用意して、時間を潰せるアイテムを用意したり、来ない場合に何をするかを決めています。

信用

それが紙に書いた契約であれ、口約束であれ、一度、約を交わしたことを不履行にすると信用が失われますので、注意すべきです。何回か、不履行を繰り返すと、誰からも信用されなくなるのは狼少年の逸話が有名ですが、最後は自分に返ってきます。

また、不履行にされる、と言うのは自分を重要だと思っていないからです。そういう人と付き合ってきても、いいことなどまったくないので、縁を切った方がいいでしょう。もし、本当に緊急で用事が入り、ドタキャンするなら、誠意のある人なら、何かしらの形で埋め合わせをする努力をするでしょう。

埋め合わせの方法はお金がほとんどで、契約は違約金の設定がされていることがほとんどで、違約金の設定もされていない契約はどうでもいい契約です。個人レベルなら、次に飯を奢るよ!っと約束して、次の約束を早い段階で決めるのが金銭による契約不履行の違約金でしょうか?

お金が出せない場合は身体で払う、ということになります。血判状、なんかは命を懸けて約束を履行する、ということを直接に血の誓い、としているわけです。もっと直接的になると、男性はマグロ漁船に売られるとか、女性は怖いお兄さんに売られるとか、身体をお金に変えさせられます。命かけてもらっても、お金にならなきゃ、取り立てて意味ないので、換金して初めて意味を持ちます。

まとめ

人間社会は多かれ少なかれ契約で成り立っており、その契約は信用になり、その価値はお金によってしか計れない、ということになります。このことを意識しているのと、していないのでは自分の行動に違いが出て来るだろうと思います。私自身もよく考えずに口約束をして、履行できず、信用を失ってしまったことが何度となくあり、気をつけなければならないな、と思います。