じゃあ、ぬるりと音楽

温利さー、お前の文芸の趣味はわかったから、音楽の趣味なり、画像の趣味でも語れや、というリクエストを貰いましたので、私の音楽についての趣味を記事にします。

クラッシック

実は私、育ちが良いので子供の頃にピアノをやっていたんですが、余り上達せずやめてしまいました。そもそも、そんなにクラッシック音楽が良いと思わなかったし、音楽自体がそんなに好きじゃなかったです。長じるに至り、ピアノを弾けることでモテるかな?と思いましたが、そういうこともなく面倒になりました。

それでも、定番のピアニストは良いなぁ、と思いますよ。ショパン弾きなら、ブーニン、アルゲリッチなんかは上手だなぁ、と聞き惚れてしまいますし、同じ楽器を弾いてここまでガツンと違いを出すとは天才だと思います。細かいところはわかりませんけどね。

クラッシックでも徐々に現代に来ると、まったくわかりません。ワーグナー、マーラーとか良さがわかりません。増して、武満とかサッパリ良さがわかりません。なんか難しいじゃないですか?私にとってクラシック音楽は伝統芸能みたいなもので、価値はあるんだろうけど、ピンときません。

コンサートも眠くなるだけです。何回か、付き合いであったコンサートで爆睡しました。でも、かの小澤征爾さんもコンサート会場で寝るのはサイコー!っと言っていたので良いから寝るのかもしれません。クラッシック好きな人によると良い音楽、ダメな音楽が眠くなるそうです。

癒し

私は他の芸術で女性作品をほとんどいいと思うことがないんですが、ポップミュージックに関しては女性アーティストの方が好きですね。まず、声が男性よりも美しいじゃないですか?癒されるし、脳に直接刺激をくれます。持って生まれた才能だと思います。

前に言いましたが、椎名林檎さんは好きですね。わけわからないくらい自分の世界を持っていて、それで突き抜けているので、若くしてスターダムにのし上がるのは当然だと思います。美空ひばりさん、松任谷由実さん、吉田美和さんと言った歌うために生まれた天才たちの系譜だと思います。

鬼束ちひろさんなんて、昔は美少女だったのに、今では頭がおかしい人みたいにになってしまいましたw でも、独特の雰囲気があり、自分のやりたいことに徹している感があって天才とまでは思いませんが、好きですね。

音楽を癒し、と捉えるなら、受容的な女性の声が男性に勝るのは当然だと思います。人間の声域、声質は生まれ持ったものであり、努力によって多少の幅は広がっても、大幅に広がることはなく、その音質は変わることがないです。そうなると、声というのは生まれ持ったものなんでしょう。

理屈では説明が難しいですが、私は女性の割れるような甲高いキーキー声とか、男性の軽薄な高い声には嫌悪感があります。女性の安定感のある高音、男性の低音には温かみを感じます。そういう人間の脳の感じ方ってまだまだ良くわからないですね。

表現

音楽を表現とした場合、日本人がロックだとか、ラップだとかで表現するのは極めて困難だと思います。私は日本人歌手がサビの部分だけ英語で歌うのが大嫌いで、それだけで萎えてしまいます。英語の持つ語感の良さを借りたいのは日本人だけではないですが、それをしたらまがい物になると思います。

最近では日本人でも全部英語で歌う人が増えましたが、いいことだと思います。最初から英語でやるなら、その土俵で戦えます。ただし、圧倒的にハンデを背負って戦うことに成るので、よほど特殊なことをしないと、劣化コピーになってしまいますね。

日本人としては面白くても、Ellegarden はWeezerのコピーでしょ?といわれたら、返すこともないので、何言っているかわからないくらい英語の発音はおかしいですが、単に音として表現を捉えるならHi-Standard の方がいいと思います。北欧だとか、ゲルマン語圏ではノンネイティブ英語話者による英語表現も活発になっていますし、若い人はロックを英語でやってもらいたいです。

ラップも英語にしか乗らないので、日本語ラップはきついですね。日本語で何重に韻を踏んでいくと駄洒落、落語みたいになっていくので、コメディーに聞こえてきます。日本語で歌うメリットって韻を踏まなくてもいいことだ、と前述、Weezerのクオモなんかは言ってますし、無理に踏むと良さが消えてしまうんだと思いますね。

本当に日本人が表現をしたいなら、三味線もって民謡なり、演歌でも歌ったほうがいいと思います。Biginはやりようによっては世界に通用すると思いますよ。本人達がそんなに海外に興味がなさそうですが、オリジナリティーがあるものは最初はとっつきにくくても徐々にはまってきます。

まとめ

というわけで、ぬるりの音楽趣味について記事にしました。文芸と比べるとそこまで好きではないですが、好きなものは脳に訴えかけるような歌声だったり、オリジナリティーのある表現であって、それっぽい音をつなげたようなアイドル音楽には興味がないです。(それはそれで需要があるのでしょうけど。)

どんなことも芸というなら、表現なので何かしらの自分らしさ、新しさを売ってもらいたいものです。不特定多数が好みそうなメロディーをパクって繋げて量産するのは商売としては儲かるんでしょうけど、あまり興味をそそられませんね。

10+